【伊豆半島観光モデルコース】2泊3日一周ドライブで巡る12の名所

中部地方

伊豆半島は、海岸線に美しい砂浜と断崖絶壁が続き、いたるところで温泉が湧き出る温泉リゾート地です。

周囲を豊かな自然に囲まれ、新鮮な海の幸・山の幸も豊富。関東各地からのアクセスも抜群で、行楽地として多くの観光客が訪れます。

今回はそんな伊豆半島を2泊3日で巡る一周モデルコースについて解説していきます。

この記事を読むと、伊豆半島で行くべき観光スポットと見どころ、旅行計画の立て方が理解できるので是非最後までご覧ください。

伊豆半島観光モデルコース

ではまず、伊豆半島を巡る観光モデルコースを解説していきます。

伊豆半島観光モデルコースは以下の通りです。

✅伊豆半島観光モデルコース

伊豆半島の観光モデルコースは、熱海駅から出発して、伊東温泉や伊豆高原、桜で有名な河津町と巡りながら南端に位置する下田市内へと向かいます。

そのあとは、伊豆半島の中央部を北上し、河津七滝や天城峠、浄蓮の滝などを観光していきます。下田市から西伊豆方面を巡っても良いですが、見どころは中央部に多いので、上記ルートがおすすめです。

また、移動は伊東駅から下田駅を結ぶ「伊豆急行線」や公共バスが利用できますが、2泊3日で伊豆を巡るなら車・レンタカーが便利です。レンタカーは熱海駅などで借りられます。

じゃらんレンタカーでは、14日間限定で最大10,000円のクーポンを配布しています。枚数限定なのでクーポンだけでも取得しておきましょう。

CHECK!14日間限定の旅行セール「じゃらんスペシャルWEEK」実施中!
宿泊半額プラン、宿泊最大10,000円引、宿クーポン最大60,000円引、じゃらんパック最大50,000円引、レンタカー最大6,300円引、遊び体験6,000円引など限定クーポンを配布しています!

さらに、事前カード決済で+10%還元のお得なキャンペーンも実施中!※7月5日(火)まで

伊豆半島の観光の見どころ

伊豆半島の主要観光スポットは以下の通りです。

伊豆半島の主要観光スポット

  • 熱海温泉
  • 伊東温泉
  • 大室山
  • 城ヶ崎海岸
  • ペリーロード
  • 浄蓮の滝
  • 韮山反射炉

伊豆半島の観光の見どころは、熱海、伊東、下田などの温泉地のほか、熱海にある「來宮神社」や「起雲閣」、伊豆高原にある「大室山」や「城ヶ崎海岸」、下田の開国の歴史に関連するスポットなどがあります。

そのほか、伊豆中央部には「河津七滝」や、”天城越え”で有名な「浄蓮の滝」などの大自然があり、世界遺産に登録された「韮山反射炉」も見学できます。

宿泊は熱海・伊東・下田にある温泉宿がおすすめです。オーシャンビューと海の幸バイキングが楽しめる宿が人気があります。おすすめのホテルは以下の記事で解説しています。

また、伊豆半島近郊にある箱根や富士山の観光名所・モデルコースは以下の記事で解説しています。

伊豆半島への行き方

伊豆半島の玄関口である熱海駅までは、東京からは東海道新幹線を利用して35分~50分ほど、JR特急「踊り子号」で1時間20分ほどで行くことができます。車なら1時間30分ほどです。

名古屋からは新幹線を利用して、1時間半~2時間ほど。車なら3時間30分ほどかかります。

新幹線や飛行機のチケットは、「ホテル・旅館」と組み合わせたダイナミックパッケージでお得に購入できます。以下の旅行会社で取り扱いがあるので、チェックしてみてください。
【飛行機+ホテル】
【JTB】◀国内旅行で使える割引クーポン配布中
【HIS】
【じゃらん】◀最大30000円分クーポン配布中!
【近畿日本ツーリスト】
【楽天トラベル】
【国内旅行】

【新幹線+ホテル】
【JTB】
【HIS】
【じゃらん】◀最大30000円分クーポン配布中!
【近畿日本ツーリスト】
【楽天トラベル】

【国内旅行】

伊豆半島観光モデルコース(東側)

では、ここからは伊豆半島を東側と西側に分けて、それぞれの観光名所とモデルコースを解説していきます。まずは伊豆半島東側の観光モデルコースです。

伊豆半島観光モデルコース(東側)

伊豆半島東側の主要観光スポット

  • 熱海温泉
  • 伊東温泉
  • 大室山
  • 城ヶ崎海岸
  • 河津町
  • 伊古奈比咩命神社(白濱神社)

伊豆半島東側の観光の見どころは、徳川家康の愛した熱海温泉と熱海のパワースポット「來宮神社」、静岡県内一の湧出量を誇る「伊東温泉」、伊豆半島のランドマーク「大室山」などです。

海岸沿いには透明度が高い伊豆の海が続き、夏場は海水浴客でにぎわいます。宿泊は温泉と伊豆の料理が楽しめる南国リゾートホテルで旅の疲れが癒せます。

ではここからは、上記モデルコースで行ける伊豆半島東側の観光名所をそれぞれ解説していきます。

熱海温泉

伊豆半島の玄関口に位置する熱海市は、日本の三大温泉の一つ、熱海温泉で有名な地域です。古くから湯治の地として知られ、徳川家は、熱海の湯を江戸城まで運ばせていたといわれています。

日帰りで楽しめる温泉施設も充実しており、商店街での食べ歩きや海水浴、文豪に愛された旅館「起雲閣」、古くから信仰されている「來宮神社」での観光が楽しめます。

観光モデルコースは以下の記事で詳しく解説しています。

また、熱海温泉での宿泊はニューとみよしが人気があります。

全22室のオーシャンビューのホテルで、24時間掛け流しの4種類の展望貸切露天風呂を完備。料理は獲れたての磯料理全10品以上で、全てのプランにお舟盛りが付きます。

最安料金は17,600円(税込)から。楽天トラベルブロンズアワード2020、日本の宿アワード2020をW受賞しています。

そのほか、大江戸温泉物語 熱海温泉 あたみは、 和洋中約70種類のバイキングが自慢の宿で地元水揚げの新鮮な地魚が楽しめます。最安料金は6,025円(税込)からです。

熱海の宿詳細は以下の記事でも詳しく解説しています。

伊東温泉

伊東温泉は、その豊富な湧出量と750本を超える源泉数で、静岡県でも一番の総湯量を誇る温泉地です。

温泉街中の至るところから50℃前後の湯が沸き出ており、規模の大きいホテル・旅館でも源泉掛け流しの温泉を堪能できます。

観光では、伊豆の魅力が詰まった「道の駅 伊東マリンタウン」や、昭和初期の建築様式を残す「東海館」、「湯の花通り商店街」での食べ歩きが楽しめます。

さらに南側の伊豆高原エリアには、 伊豆半島のシンボル「大室山」や「城ケ崎海岸」、「伊豆シャボテン動物公園」や「伊豆ぐらんぱる公園」などの観光スポットが点在しています。

伊東の観光モデルコースは以下の記事で詳しく解説しています。

また、伊東温泉で人気の宿泊施設は、伊東駅周辺に点在しています。

人気があるのがホテル ラヴィエ川良。湯舟から溢れる天然100%の温泉と、海の幸が網焼きできる60種類のバイキングを堪能できる宿です。最安料金は4,480円(税込)から。

大江戸温泉物語 伊東ホテルニュー岡部は、伊東温泉で伊豆を代表する金目鯛や地魚のお刺身が食べ放題の宿です。最安料金は6,018円(税込)から宿泊できます。

伊東温泉の宿詳細は以下の記事でも詳しく解説しています。

大室山

大室山(おおむろやま)は、約4000年前の噴火でできた直径250~300mほどのすり鉢状の噴火口を持つ火山です。

伊豆東部火山群の中でも最大のスコリア丘(きゅう)であり、古くからおこなわれてきた「山焼き」の伝統行事によって、椀を伏せたような山体・地形が見事に保たれています。

山頂へは爽快な空中散歩が楽しめるリフトで向かい、およそ1kmの噴火口を散策するお鉢めぐりでは富士山、伊豆七島、相模灘や、大室山の溶岩が作り出した城ヶ崎海岸の景観を楽しむことができます。

※山体全体が国天然記念物の指定を受け、山体の保護のため現在は徒歩での登山は禁止されています。

大室山
所在地/ 静岡県伊東市池672ー2
TEL/0557-51-0258
営業時間
10月1日~3月5日 9:00~16:15
3月6日〜3月15日 9:00~16:45
3月16日~9月30日 9:00~17:15
料金/登山リフト(往復)
大人(中学生以上)700円、小人(4才以上)350円
公式ホームページ

城ヶ崎海岸

城ヶ崎海岸は、大室山が約4,000年前に噴火したとき溶岩が海に流れ出し、海の侵食作用で削られてできた、約9kmにわたる雄大な出入りの激しい溶岩岩石海岸です。

全長約9kmのピクニカルコースと自然研究路があり、サスペンスドラマのロケ地としても有名

全長48m×高さ約23mの「門脇つり橋」はスリル満点の絶景スポットで、360度のパノラマ風景が楽しめる「門脇埼灯台」の展望台からは伊豆七島や天城連山を望むことができます。

城ヶ崎海岸
所在地/伊東市富戸842-242(門脇駐車場)
TEL/0557-37-6105
交通アクセス/電車で伊豆急行線 城ヶ崎海岸駅下車、徒歩35分
公式ホームページ

熱川温泉

熱川温泉は温泉櫓が各地に立つ日本でも有数の温泉地です。源泉温度はほぼ100℃であることから、源泉井の上部からは湯気が多く出ており、湯煙に包まれた温泉街の光景を形成しています。

19軒の旅館ホテルが存在し、観光では温泉熱を利用した熱川バナナワニ園が有名。駅前には無料の足湯があり、源泉ゆで玉子づくりを体験できるほか、熱川温泉街のすぐ前の海では夏場は海水浴客でにぎわいます。

観光モデルコースは以下の記事で詳しく解説しています。

河津町

河津町は、カワヅザクラ(河津桜)の発祥地として知られる町です。河津桜は、2月上旬から開花しはじめる早咲きの桜で、1972年にこの河津町で発見されました

河津川に沿って約3kmに及ぶ「河津桜並木が続いていて、毎年開催される「河津桜まつり」では大勢の観光客でにぎわいます。

伊古奈比咩命神社(白濱神社)

伊古奈比咩命神社は、約2,400年ほどの歴史を持つ伊豆で最古の神社です。鎮座地の地名に由来して「白浜神社」とも呼ばれます。

主祭神の伊古奈比咩命(いこなひめのみこと)は、三嶋神の后神です。縁結び・子授け・子育てにご利益があるといわれています。

また、海岸にある大明神岩と朱い鳥居は注目のパワースポットです。綺麗な白浜の青い海が広がり、奥には伊豆七島を拝むことができます。

伊古奈比咩命神社(白濱神社)
所在地/静岡県下田市白浜2740
TEL/0558-22-1183
交通アクセス/下田駅からバスで約10分
公式ホームページ

また、白浜神社に隣接する「白浜海岸」は、透明度の高い海と白砂が美しい伊豆最大のビーチで、周辺にはオーシャンビューのホテルが立ち並ぶ一大リゾート地となっています。

そんな白浜海岸での宿泊は下田プリンスホテル(最安2,953円から)」が人気があります。

ビーチが目の前に広がるホテルで、全客室・大浴場からオーシャンビュー。太平洋からの朝日を望む展望温泉浴場も完備しています。

そのほか、ホテル伊豆急は、伊豆最大級のビーチが眼前に拡がる雄大なロケーションで、伊豆最大級の2種類の源泉を持つ露天風呂を堪能できます。最安料金は4,400円(税込)からです。

伊豆半島観光モデルコース(西側)

では続いて、伊豆半島西側の観光名所とモデルコースについて解説していきます。

伊豆半島観光モデルコース(西側)

伊豆半島西側の主要観光スポット

  • 下田・ペリーロード
  • 河津七滝
  • 浄蓮の滝
  • 旧天城トンネル
  • 韮山反射炉
  • 三嶋大社

伊豆半島西部の観光の見どころは、下田での日本の開国史にまつわる歴史名所巡りと、天城峠から流れ下る河津川に流れる7つの滝「河津七滝」、天城越えで有名な「浄蓮の滝」、世界遺産の「韮山反射炉」などがあります。

このルートでの宿泊は下田エリアがおすすめ。宿泊施設が豊富に揃っており、下田温泉に浸かって旅の疲れが癒せます。

ではここからは、上記モデルコースで行ける伊豆半島西部の観光名所をそれぞれ解説していきます。

下田・ペリーロード

伊豆半島の南部に位置する「下田市」は、日本で最初に開港された”下田港が有名で温暖な気候と豊かな自然に恵まれた港町です。

ペリー艦隊は約70日の間、この下田に滞在しており、町中には「ペリーロード」や「了仙寺」など日本の開国史にまつわる歴史名所が数多く残っています。

さらに、ビーチにはエメラルドグリーンの海と白い砂浜が広がり、日本一の水揚げ量を誇る金目鯛など、下田自慢の海の幸も堪能できます。

下田の観光スポットとモデルコースは以下の記事で詳しく解説しています。

また、下田での宿泊は黒船ホテル下田温泉で一番人気の宿です。創業56年で金目・伊勢海老の料理自慢。全室オーシャンビューで海とつながっているかと錯覚するような温泉露天風呂が楽しめます。

最安料金は5,830円(税込)から。楽天トラベルゴールドアワード2020を受賞しています。

そのほかには下田温泉と全室オーシャンビューの湯宿「下田大和館が評価の高いです。

目の前の多々戸浜へ徒歩1分で、料理は海産物などを炭火で炙る炭火会席と伝統の磯会席を堪能できます。最安料金は7,700円(税込)からです。

下田温泉の宿詳細は以下の記事でも詳しく解説しています。

河津七滝

河津七滝は天城峠から流れ下る河津川にかかる滝で、上流から釜滝、エビ滝、蛇滝、初景滝、カニ滝、出合滝、大滝の7つを総称して七滝といいます。

全長850mの遊歩道が整備され、片道約1時間ほどのハイキングが楽しめます。

初景滝には文豪、川端康成の代表作『伊豆の踊子』のブロンズ像、落差22mの釜滝(かまだる)には滝のしぶきが当たるほど近い展望デッキがあります。

河津七滝
所在地/賀茂郡河津町浜159-1
TEL/0558-32-0290 (河津町観光協会)
見学散策自由・駐車場無料
公式ホームページ

旧天城トンネル

1905年に完成した「天城山隧道(通称:旧天城トンネル)」は、すべて切り石で建造された日本初の、そして現存する最長(全長445.5m)の石造道路トンネルです。

この上部が「天城越え」の舞台「天城峠」で、川端康成の小説『伊豆の踊子』や、松本清張の小説『天城越え』、映画のロケ地として何度も登場しています。

旧天城トンネルまでの旧道は未舗装(砂利道)なので車高の低いクルマは注意が必要です。また、冬場は降雪のため通行が禁止となります。

旧天城トンネル
所在地/静岡県伊豆市湯ケ島
TEL/0558-85-1056

浄蓮の滝

伊豆市の湯ヶ島に位置する「浄蓮の滝」は、日本の滝100選にも選出された伊豆最大級の名瀑です。

石川さゆりさんの代表曲「天城越え」にも登場することでも知られ、滝の手前には『天城越え』の歌碑が設置されています。

「浄蓮の滝」は、鉢窪山の噴火によって噴出した玄武岩によって形成。落差25m、幅7mにわたって流れ落ちる滝の姿は迫力満点。お土産には天城の名産の「わさび」が人気です。

浄蓮の滝
所在地/静岡県伊豆市湯ケ島892-14
TEL/0558-85-1125
見学散策自由・駐車場無料
公式ホームページ

韮山反射炉

「韮山反射炉」は、江戸時代末期、欧米諸国の植民地化や開国要請に対抗して日本(江戸)を守るため、時の韮山代官・江川太郎左衛門英龍が幕府に進言して築いた大砲鋳造炉です。

反射炉とは、金属を溶かし大砲などを鋳造するための溶解炉のこと。韮山反射炉は実際に稼働した反射炉として最も保存状態が良く、国内で唯一現存する大変貴重なものです。

安政元年(1854)に建設開始し、安政4年(1857)に完成。元治元年(1864)の使用中止まで、品川沖に作られたお台場(砲台)のものを含む大小の大砲数百門を鋳造しました。

1922年に国の史跡に指定され、2007年に近代化産業遺産に認定。さらに、2015年には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界遺産に正式登録されました。

韮山反射炉
所在地/静岡県伊豆の国市中字鳴滝入268-1
TEL/055-949-3450
営業時間
3~9月:9:00~17:00
10~2月:9:00~16:30
料金/大人500円、小・中学生50円
定休日/毎月第3水曜日
公式ホームページ

三嶋大社

三島のシンボルである三嶋大社は、奈良・平安時代の古書にも記録が残る由緒ある神社です。

伊豆国一宮・伊豆国総社で、御祭神は大山祇命、積羽八重事代主神。この御二柱の神を総じて三嶋大明神と称しています。

かつての伊豆国の中心部、国府のあった地に鎮座しており、大鳥居前を東西に旧東海道、南に旧下田街道が走っています。

近世以降は、三島が東海道の宿場町として発展したことに伴い、東海道を往来する庶民からも篤く信仰されました。

三嶋大社
所在地/静岡県三島市大宮町2-1-5
TEL/055-975-0172
参拝時間/8時30分~17時(宝物館は9時~16時)
交通アクセス/JR三島駅から徒歩15分
公式ホームページ

三島・沼津エリアにはこのほかにも見どころがたくさんあります。モデルコースは以下の記事で詳しく解説しているので合わせてご覧ください。

伊豆の観光ガイドブック

伊豆については旅行情報誌まっぷる 伊豆’23” や”るるぶ静岡 清水・伊豆’22でも紹介されています。

Kindle Unlimited会員なら、このタイトルを¥0で読み放題です。新規登録者は初月無料トライアルを利用できます。
現在、Amazonはプライム会員向けに3ヶ月99円キャンペーンを実施しています。7月13日(水)23:59まで。詳細は以下リンクをチェックしてみてください。

【伊豆半島2泊3日一周モデルコース】まとめ

今回は、伊豆半島2泊3日一周モデルコースについて解説してきました。

伊豆半島は、新幹線や特急電車、車でもアクセスしやすい観光地で行き先を限定すれば1泊2日でも充分楽しめます。

このほかに伊豆近郊には、箱根や富士山などの人気観光地があるので、合わせて巡ってみてください。

今回は以上です。伊豆旅行の参考になれば幸いです。

【関連記事】観光モデルコース

コメント

14日間限定の旅行セール「じゃらんスペシャルWEEK」実施中!7月5日(火)まで!
半額プランや最大10,000円分のお得なクーポンをGET!
14日間限定の旅行セール「じゃらんスペシャルWEEK」実施中!7月5日(火)まで!
半額プランや最大10,000円分のお得なクーポンをGET!
タイトルとURLをコピーしました