【伊豆半島観光モデルコース】2泊3日一周ドライブで巡る19の名所

中部地方

伊豆半島は静岡県の東端から南へ60km突き出した半島で、海岸線には美しい砂浜と断崖絶壁が続き、海のレジャーや大自然、温泉が楽しめるリゾート地です。

新鮮な海の幸・山の幸も豊富で、東京からのアクセスも抜群。今回は、そんな伊豆半島を2泊3日で巡る観光モデルコースと見どころ、伊豆半島で行くべき観光スポットについて解説していきます。

CHECK!全国旅行支援の期間延長について【最新情報】
楽天トラベルでは一部の県について、期間延長分の予約を開始しています。
【全国旅行支援特集ページ一覧】
じゃらん楽天トラベルYahoo! JTBるるぶANAJALHIS日本旅行

伊豆半島観光モデルコース

ではまず、伊豆半島を巡る観光モデルコースを解説していきます。

伊豆半島観光モデルコースは以下の通りです。

✅伊豆半島観光モデルコース

伊豆半島の観光モデルコースは、熱海駅から出発して、伊東温泉や伊豆高原、桜で有名な河津町と巡りながら南端に位置する下田市内へと向かいます。

そのあとは、伊豆半島の中央部を北上し、河津七滝や天城峠、浄蓮の滝などを観光していきます。下田市から西伊豆方面を巡っても良いですが、見どころは中央部に多いので、上記ルートがおすすめです。

また、移動は伊東駅から下田駅を結ぶ「伊豆急行線」や公共バスが利用できますが、2泊3日で伊豆を巡るなら車・レンタカーが便利です。レンタカーは熱海駅などで借りられます。

楽天トラベルなら、宿と合わせてレンタカーを借りる割引になるので活用してみてください。今なら楽天スーパーSALEお得な限定クーポンを配布しています。

\割引クーポンでさらにお得!/

CHECK!楽天トラベルスーパーSALE開催中!12/15(木)23:59まで!
半額以下の商品やタイムSALE、割引クーポンなど、お得な企画が満載!12月27日までの旅行は全国旅行支援との併用が可能です。

伊豆半島の観光の見どころ

伊豆半島の主要観光スポットは以下の通りです。

伊豆半島の主要観光スポット

  • 熱海温泉
  • 伊東温泉
  • 大室山
  • 城ヶ崎海岸
  • ペリーロード
  • 浄蓮の滝
  • 韮山反射炉

伊豆半島の観光の見どころは、熱海、伊東、下田などの温泉地のほか、熱海にある「來宮神社」や「起雲閣」、伊豆高原にある「大室山」や「城ヶ崎海岸」、下田の開国の歴史に関連するスポットなどがあります。

そのほか、伊豆中央部には「河津七滝」や、”天城越え”で有名な「浄蓮の滝」などの大自然があり、世界遺産に登録された「韮山反射炉」も見学できます。

宿泊は熱海・伊東・下田にある温泉宿がおすすめです。オーシャンビューと海の幸バイキングが楽しめる宿が人気があります。

また、伊豆半島近郊にある箱根や富士山の観光名所・モデルコースは以下の記事で解説しています。

伊豆半島への行き方

伊豆半島の玄関口である熱海駅までは、東京からは東海道新幹線を利用して35分~50分ほど、JR特急「踊り子号」で1時間20分ほどで行くことができます。車なら1時間30分ほどです。

名古屋からは新幹線を利用して、1時間半~2時間ほど。車なら3時間30分ほどかかります。

新幹線や飛行機のチケットは、「ホテル・旅館」と組み合わせたダイナミックパッケージでお得に購入できます。
さらに全国旅行支援を利用すれば、最大40%相当の補助と地域クーポンが付きます。
以下の旅行会社で取り扱いがあるので、チェックしてみてください。

【飛行機+ホテル】
【JTB】全国旅行支援と割引クーポンを併用可
【HIS】
【じゃらん】
【近畿日本ツーリスト】
【楽天トラベル】クーポン利用で最大60%お得
【国内旅行】

【新幹線+ホテル】
【JTB】
【HIS】
【じゃらん】
【近畿日本ツーリスト】
【楽天トラベル】

【国内旅行】

伊豆半島観光モデルコース(東側)

では、ここからは伊豆半島を東側と中央部に分けて、それぞれの観光名所とモデルコースを解説していきます。まずは伊豆半島東側の観光モデルコースです。

伊豆半島観光モデルコース(東側)

伊豆半島東側の主要観光スポット

  • 來宮神社
  • 熱海駅前商店街
  • 道の駅 伊東マリンタウン
  • 大室山
  • 伊豆シャボテン動物公園
  • 城ヶ崎海岸
  • 熱川バナナワニ園
  • 峰温泉大噴湯公園
  • 伊古奈比咩命神社(白濱神社)

伊豆半島東側の観光の見どころは、熱海のパワースポット「來宮神社」や、伊豆高原のランドマーク「大室山」、スリル満点の大吊り橋がある「城ヶ崎海岸」、2400年の歴史を持つ伊豆最古の宮「伊古奈比咩命神社」などです。

さらに透明度が高い伊豆の海は、夏場は海水浴客でにぎわい、オーシャンビューが楽しめるリゾートホテルに宿泊して温泉と伊豆の新鮮な海の幸を堪能することもできます。

ではここからは、上記モデルコースで行ける伊豆半島東側の観光名所をそれぞれ解説していきます。

來宮神社

來宮神社は古くから来宮大明神と呼ばれ、熱海の地の神であり、来福・縁起の神として古くから信仰されている神社です。

本殿横にある御神木は、樹齢二千百年、幹の太さ24mの大楠で国の天然記念物。1周すると1年間長生きするといわれ、この木の生命力にあやかろうと長寿・病気平癒・健康祈願の参拝者が多く訪れます。

最近では、山の気と水の気の両方を持つ日本屈折のパワースポットとして、メディアでも度々取り上げられています。

参集殿の中にはカフェ、お休み処も併設されており、来宮神社の神様の好物の麦こがしを使った来福スイーツやソフトクリームなどが人気です。

來宮神社
所在地/熱海市西山町43-1
TEL/0557-82-2241
交通アクセス/JR来宮駅より徒歩3分
公式ホームページ

熱海駅前商店街

熱海駅前商店街は、仲見世商店街と平和通り商店街の2つからなるノスタルジックな雰囲気が漂う商店街です。

温泉まんじゅうやかまぼこ、ひもののお店での食べ歩きのほか、寿司、そば、ラーメン、釜めし、パン屋、古民家カフェなどが立ち並び、熱海の食材を使った名物グルメを楽しめます。

起雲閣

起雲閣は非公開の岩崎邸、現存しない住友邸と並び、「熱海の三大別荘」といわれた名邸です。日本家屋の母屋と離れは大正後期、洋館と広大な庭園は昭和初期に造られたもの。

戦後は熱海を代表する旅館として賑わい、山本有三、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、舟橋聖一、武田泰淳など、日本を代表する文豪たちにも愛されてきました。

現在は熱海市の所有となり一般公開。熱海市有形文化財に指定されています。

起雲閣
所在地/熱海市昭和町4-2
TEL/0557-86-3101
営業時間/9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日/毎週水曜日(祝日の場合は開館)・年末
料 金/大人610円・中高生360円・小学生以下無料
交通アクセス/JR熱海駅より起雲閣循環バスにて約10分
公式ホームページ

熱海温泉

熱海温泉は、1日の総湧出量約24,000トンの実力を誇り、泉質は肌に優しい弱アルカリ性。塩分が皮膚を覆い保温効果にすぐれているので、神経痛をはじめ、冷え性、慢性婦人病、慢性皮膚病に適応している”美人の湯”です。

古くから湯治の地として知られ、徳川家は熱海の湯を江戸城まで運ばせていたともいわれています。日本の三大温泉の一つ。市内には日帰りで楽しめる温泉施設も充実しています。

熱海温泉での宿泊は熱海シーサイドスパ&リゾート(6,500円~)」が人気があります。海水浴場が目の前のリゾートホテルで、全室オーシャンビューと源泉かけ流しの本格天然温泉、食事は種類豊富なビュッフェを楽しめます。

和洋中約70種類の豪華バイキングと約20種類のアルコール・ソフトドリンクが飲み放題の「熱海ニューフジヤホテル(5,698円~)」や、24時間掛け流しの3種の貸切露天風呂が楽しめる「ニューとみよし(22,000円~)」、「熱海後楽園ホテル(11,550円~)」も評価が高いです。

熱海には星野リゾートが運営する界 熱海(改築休業中)」リゾナーレ熱海もあります。

そのほかは以下リンクをチェックしてみてください。

道の駅 伊東マリンタウン

伊東温泉の入口に位置する道の駅「伊東マリンタウン」は、おみやげ、レストランなど21店舗が立ち並ぶ、伊豆旅行での休憩に最適な複合施設です。

施設内には、地魚や地ビールが楽しめるレストランや、伊豆のお土産が豊富に揃うショップ、自家源泉の立ち寄り温泉、最大入浴人数は70名の関東最大級の屋外足湯などがあります。

併設されているマリーナにはボートやヨットが係留され、まるで外国に来たような雰囲気です。半潜水式海中展望船も運航しており、爽やかな海風を感じながら海上散歩が楽しめます。

道の駅伊東マリンタウン
所在地/伊東市湯川571-19
TEL/0557-38-3811
営業時間/ショップ 9:00~18:00
レストラン 11:00~19:30(L.O.)
※店舗により閉店時間が異なります
交通アクセス/JR伊東駅から徒歩13分
公式ホームページ

伊東温泉

伊東温泉は、その豊富な湧出量と750本を超える源泉数で、静岡県でも一番の総湯量を誇る温泉地です。

温泉街中の至るところから50℃前後の湯が沸き出ており、規模の大きいホテル・旅館でも源泉掛け流しの温泉を堪能できます。

伊東温泉での宿泊はホテル ラヴィエ川良(4,480円~)」が人気です。伊東駅より徒歩7分、湯舟から溢れる天然100%の温泉と、海の幸が網焼きできる60種類のバイキングを堪能できます。

大江戸温泉物語 伊東ホテルニュー岡部(6,018円~)」は、伊東温泉で伊豆を代表する金目鯛や地魚のお刺身が食べ放題の宿です。

伊東温泉には星野リゾートが運営する界 伊東」と「界 アンジンもあります。

そのほかは以下リンクをチェックしてみてください。

大室山

大室山(おおむろやま)は、約4000年前の噴火でできた直径250~300mほどのすり鉢状の噴火口を持つ火山です。

伊豆東部火山群の中でも最大のスコリア丘(きゅう)であり、古くからおこなわれてきた「山焼き」の伝統行事によって、椀を伏せたような山体・地形が見事に保たれています。

山頂へは爽快な空中散歩が楽しめるリフトで向かい、およそ1kmの噴火口を散策するお鉢めぐりでは富士山、伊豆七島、相模灘や、大室山の溶岩が作り出した城ヶ崎海岸の景観を楽しむことができます。

※山体全体が国天然記念物の指定を受け、山体の保護のため現在は徒歩での登山は禁止されています。

大室山
所在地/伊東市池672-2
TEL/0557-51-0258
営業時間
10月1日~3月5日 9:00~16:15
3月6日〜3月15日 9:00~16:45
3月16日~9月30日 9:00~17:15
料金/登山リフト(往復)
大人(中学生以上)700円、小人(4才以上)350円
公式ホームページ

伊豆シャボテン動物公園

伊豆シャボテン公園は、1500種類のサボテンやカピバラをはじめ、140種類の動物たちとふれあえる動植物園です。

園内にはクジャクやリスザルが放し飼いにされていて、各所でエサやり体験ができるほか、カピバラをはじめカンガルーなど多くの動物たちとごく間近で見たり接したりすることができます。

また、今や全国的に有名になった「元祖カピバラの露天風呂」は、ここが発祥の地。寒い時期になるとカピバラが気持ち良さそうに入浴している姿が見られます。

伊豆シャボテン動物公園
所在地/伊東市富戸1317-13
TEL/0557-51-1111
営業時間/9:00~17:00
入園料/大人(中学生以上)2,400円
小学生1,200円、幼児(4歳以上)400円
交通アクセス/伊豆高原駅よりバスで約15分
公式ホームページ

城ヶ崎海岸

城ヶ崎海岸は、大室山が約4,000年前に噴火したとき溶岩が海に流れ出し、海の侵食作用で削られてできた、約9kmにわたる雄大な出入りの激しい溶岩岩石海岸です。

全長約9kmのピクニカルコースと自然研究路があり、サスペンスドラマのロケ地としても有名です。全長48m×高さ約23mの「門脇つり橋」はスリル満点。門脇埼灯台の展望台からは伊豆七島や天城連山を望めます。

城ヶ崎海岸
所在地/伊東市富戸842-242(門脇駐車場)
TEL/0557-37-6105
公式ホームページ

熱川バナナワニ園

熱川バナナワニ園は、熱川の温泉熱を利用した熱帯動植物園で、ワニの種類では世界一の展示数。絶滅の危機にある15種類のワニ約140頭を飼育しています。

ニシレッサーパンダは日本で唯一の展示でその頭数は世界一。マナティーは現在日本で10頭展示しているうちの1頭で、アマゾンマナティーは世界で4頭しか展示していないうちの1頭です。

園内のいたるところに約9000種類の熱帯花木、果樹が展示されており、胡蝶蘭、カトレア、ハイビスカスは色鮮やかに咲き誇ります。熱帯性スイレンは1年を通して鑑賞することができます。

また、とれたてのバナナやパパイヤは併設のフルーツパーラーで味わうことができます。

熱川バナナワニ園
所在地/賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
TEL/0557-23-1105
営業時間/9:00~17:00(最終入園16:30)
定休日/無休
入園料/大人1800円、小人(4才~小学生)900円
公式ホームページ

峰温泉大噴湯公園

峰温泉大噴湯公園は、毎分600リットル100度の温泉が高さ30mまで噴き上がる自噴水です。

「東洋一を誇る峰温泉の大噴湯」は大正15年11月22日正午、爆音と共に地上約50mの上空を突き刺して誕生。以来90年以上ひとときも絶えることなく噴き上げ続けています。

噴き上げ時間は9:30~15:30までの1時間ごとに1日計7回、1回の噴き上げは約1分ほどです。園内では自分で温泉卵を作って食べることができるほか、足湯処や、源泉かけ流しで温かいホットベンチ、囲炉裏風保温卓などがあります。

峰温泉大噴湯公園
所在地/賀茂郡河津町峰446-1
TEL/0558-34-0311
開園時間/9:00~16:00
大噴湯噴き上げ時間/9:30から一時間おき
※1回の噴き上げ時間は約1分ほど
定休日/毎週火曜日・金曜日
料金/入園無料
名物大噴湯たまご/150円
公式ホームページ

伊古奈比咩命神社(白濱神社)

伊古奈比咩命神社は、約2,400年ほどの歴史を持つ伊豆で最古の神社です。鎮座地の地名に由来して「白浜神社」とも呼ばれます。

主祭神の伊古奈比咩命(いこなひめのみこと)は、三嶋神の后神で、縁結び・子授け・子育てにご利益があるといわれています。

海岸にある大明神岩と朱い鳥居からは、綺麗な白浜の青い海が広がり、奥には伊豆七島を拝むことができます。

伊古奈比咩命神社(白濱神社)
所在地/下田市白浜2740
TEL/0558-22-1183
交通アクセス/下田駅からバスで約10分
公式ホームページ

また、白浜神社に隣接する「白浜海岸」は、透明度の高い海と白砂が美しい伊豆最大のビーチで、周辺にはオーシャンビューのホテルが立ち並ぶ一大リゾート地となっています。

宿泊は下田プリンスホテル(最安2,953円から)」が人気で、全客室からのオーシャンビューと、太平洋からの朝日を望む展望温泉浴場を完備しています。

そのほか、ホテル伊豆急(5,280円~)」は、伊豆最大級のビーチが眼前に拡がる雄大なロケーションで、伊豆最大級の2種類の源泉を持つ露天風呂を堪能できます。

伊豆半島観光モデルコース(中央部)

では続いて、伊豆半島中央部の観光名所とモデルコースについて解説していきます。

伊豆半島観光モデルコース(中央部)

伊豆半島中央部の主要観光スポット

  • ペリーロード
  • 了仙寺
  • 玉泉寺
  • 龍宮窟
  • 河津七滝
  • 浄蓮の滝
  • 韮山反射炉

下田市内の観光の見どころは、日米下田条約が締結された「了仙寺」や、風情ある街並みが残る「ペリーロード」、日本初の米国総領事館として使われた「玉泉寺」などです。

中央部では、天城峠から流れ下る河津川に流れる7つの滝「河津七滝」や、天城越えで有名な「浄蓮の滝」で伊豆半島の大自然が楽しめるほか、世界遺産の「韮山反射炉」を見学できます。

ではここからは、上記モデルコースで行ける下田市内と、伊豆半島中央部の観光名所をそれぞれ解説していきます。

ペリーロード

ペリーロードは、ペリー艦隊が下田に上陸し、300人の部下を引き連れ了仙寺まで行進した約400mの小径です。

平滑川沿いを石畳の道が続き、伊豆石やなまこ壁の家並み、柳並木が独特の風情を醸し出しています。カフェやおしゃれなお店も点在しています。

了仙寺

了仙寺は、寛永12年(1635年)に第2代下田奉行・今村伝四郎正長によって創建された日蓮宗のお寺です。日米和親条約の付属条約、下田条約が締結された場所として有名です。

「ジャスミンの寺」としても知られており、境内から参道にかけて数百株のアメリカジャスミンが植えこまれ、満開となる5月中旬から下旬には周囲が甘い香りに包まれます。

また、敷地内には黒船ミュージアム(Mobs)があり、黒船来航や幕末の異文化交流に関する膨大な資料が所蔵されています。

了仙寺
所在地
/下田市七軒町3-12-12
TEL/0558-22-0657
営業時間/8時30分~17時00分
交通アクセス/下田駅より徒歩約10分
公式ホームページ

玉泉寺

瑞龍山 玉泉寺は、440年の歴史を有する古刹です。幕末期には、日本最初のアメリカの総領事館として使用され、幕末開国史の中心舞台となりました。

日露和親条約の交渉の場にもなり、開国の歴史を彩る貴重な寺歴があります。

また敷地内にある、ハリス記念館には愛用の遺品や関連資料、古文書等が多数展示され、近代日本の開国の歴史を学ぶことができます。

ハリス記念館
所在地/下田市柿崎31-6
TEL/0558-22-1287
営業時間/8:00~5:00
入場料/大人400円・子供(小学生)200円
公式ホームページ

また、下田での宿泊は下田温泉 黒船ホテル(6,050円~)」一番人気です。下田湾を一望できるロケーションで、岩風呂の露天風呂から絶景温泉を楽しめます。2020年には楽天ゴールドアワードを受賞しています。

金目鯛、活サザエ、刺身、寿司、カニなど60種類の浜焼&焼肉バイキングが人気の下田聚楽ホテル(4,000円~)」や、眼下に大浦湾を一望するリゾートホテル「下田東急ホテル(6,900円~)」も評価が高いです。

そのほかは以下リンクをチェックしてみてください。

龍宮窟

龍宮窟は”海食洞”と呼ばれるもので、波の力で地表の弱い部分が削られてできた海の洞窟です。洞窟の天井が一部崩れ、直径40m~50mほどのぽっかりと開いた天窓は、伊豆随一の大きさ。ジブリ作品のモデルになったとの噂もあります。

龍宮窟を見下ろす遊歩道も整備されており、洞窟がハート型に見えることから、恋人たちの人気スポットにもなっています。

龍宮窟
所在地/静岡県下田市田牛
TEL/0558-22-1531
営業時間/見学自由
公式ホームページ

河津七滝

河津七滝は天城峠から流れ下る河津川にかかる滝で、上流から釜滝、エビ滝、蛇滝、初景滝、カニ滝、出合滝、大滝の7つを総称して七滝といいます。

全長850mの遊歩道が整備され、片道約1時間ほどのハイキングが楽しめます。

初景滝には文豪、川端康成の代表作『伊豆の踊子』のブロンズ像、落差22mの釜滝(かまだる)には滝のしぶきが当たるほど近い展望デッキがあります。

河津七滝
所在地/賀茂郡河津町浜159-1
TEL/0558-32-0290 (河津町観光協会)
見学散策自由・駐車場無料
公式ホームページ

浄蓮の滝

浄蓮の滝は、日本の滝100選にも選出された伊豆最大級の名瀑です。石川さゆりさんの代表曲「天城越え」に登場することで有名で、滝の手前には『天城越え』の歌碑が設置されています。

鉢窪山の噴火によって噴出した玄武岩によって形成され、落差25m、幅7mにわたります。お土産には天城の名産の「わさび」が人気です。

浄蓮の滝
所在地/静岡県伊豆市湯ケ島892-14
TEL/0558-85-1125
見学散策自由・駐車場無料
公式ホームページ

韮山反射炉

韮山反射炉は、江戸時代末期、欧米諸国の植民地化や開国要請に対抗して日本(江戸)を守るために築かれた大砲鋳造炉です。

反射炉とは、金属を溶かし大砲などを鋳造するための溶解炉のこと。韮山反射炉は実際に稼働した反射炉として最も保存状態が良く、国内で唯一現存する大変貴重なものです。

元治元年(1864)の使用中止まで、品川沖に作られたお台場(砲台)のものを含む大小の大砲数百門を鋳造。2015年には世界遺産に正式登録されました。

韮山反射炉
所在地/伊豆の国市中字鳴滝入268-1
TEL/055-949-3450
営業時間
3~9月 9:00~17:00
10~2月 9:00~16:30
料金/大人500円、小・中学生50円
定休日/毎月第3水曜日
公式ホームページ

三島・沼津エリアの観光名所・モデルコースは以下の記事でも解説しています。

伊豆の観光ガイドブック

伊豆については旅行情報誌まっぷる 伊豆’23” や”るるぶ静岡 清水・伊豆’22でも紹介されています。

Kindle Unlimited会員なら、このタイトルを¥0で読み放題です。新規登録者は初月無料トライアルを利用できます。詳細は以下リンクをチェックしてみてください。

【伊豆半島観光モデルコース】まとめ

今回は、伊豆半島を2泊3日で巡る観光モデルコースについて解説してきました。

伊豆半島は、新幹線や特急電車、車でもアクセスしやすい観光地で行き先を限定すれば1泊2日でも充分楽しめます。

このほかに伊豆近郊には、箱根や富士山などの人気観光地があるので、合わせて巡ってみてください。今回は以上です。伊豆観光の参考になれば幸いです。

【関連記事】観光モデルコース

楽天トラベルスーパーSALE開催中!全国旅行支援と併用が可能!!12/15(木)23:59まで!
お得な限定クーポンをGET!
楽天トラベルスーパーSALE開催中!全国旅行支援と併用が可能!!12/15(木)23:59まで!
お得な限定クーポンをGET!
タイトルとURLをコピーしました