【徳島観光モデルコース】1泊2日のドライブで巡る10の観光名所

スポンサーリンク
四国地方
スポンサーリンク

四国の東側に位置する徳島県は、那賀川や吉野川、紀伊水道など四国の中でも特に豊富な自然資源を有する県で、周囲は瀬戸内海、太平洋に面し、鳴門の渦潮祖谷渓といった観光スポットが有名です。

そのほか、遊覧船で川下りができる「大歩危・小歩危」や、日本百名山の「剣山」などがあり、「徳島ラーメン」「徳島たらいうどん」などのご当地グルメも楽しめるなど見どころは満載。

今回はそんな徳島を1泊2日で巡る観光モデルコースについて解説していきます。

この記事を読むと、徳島で行くべき観光スポットと大歩危・祖谷温泉の人気の宿泊施設が理解できるので是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

徳島1泊2日観光モデルコース

ではまず、徳島を1泊2日で巡る観光モデルコースをご紹介します。

徳島1泊2日観光モデルコースは以下の通り。

✅徳島1泊2日観光モデルコース

徳島1泊2日観光モデルコースは、距離にしておよそ190㎞、4時間半ほどの道のりです。

徳島空港から出発して、鳴門海峡のうずしおを見学。徳島市内へ移動して徳島城跡などの観光名所を巡った後、徳島西部の祖谷渓を観光していきます。

徳島を観光するときは車が必須で徳島空港や徳島駅などでレンタカーを借りることができます。

楽天トラベルなら、宿と合わせてレンタカーを借りる割引になるので活用してみてください。

\定期割引クーポンでさらにお得!/
スポンサーリンク

徳島の観光の見どころ

徳島の主要観光スポットは以下の通りです。

✅徳島の主要観光スポット

  • 徳島中央公園(徳島城跡)
  • 眉山公園
  • 鳴門海峡の渦潮
  • 脇町うだつの町並み
  • 祖谷渓の小便小僧像
  • 祖谷 (いや) のかずら橋
  • 大歩危小歩危
  • 剣山
  • 奥祖谷観光周遊モノレール

徳島の観光の見どころは、世界最大級といわれる「鳴門海峡の渦潮」日本三大秘境のひとつとして知られる「祖谷渓」などです。

祖谷渓には、大歩危小歩危や小便小僧像、祖谷のかずら橋などの観光スポットがあり、祖谷温泉に宿泊して旅の疲れを癒せます。

また、四国には徳島県のほかにも香川県や高知県などに見どころの多い観光地がたくさんあるので、2泊3日以上の日数をかけて巡ってみてください。観光モデルコースは以下の記事で解説しています。

スポンサーリンク

徳島県への行き方と交通アクセス

徳島県への行き方は、大阪からは”高速バス(所要時間2~3時間)”の利用が一般的で、鉄道なら岡山県を経由する必要があり、所要時間は3時間ほどかかります。車なら高速道路を利用して2時間30分ほど。

飛行機では、徳島空港が玄関口で東京・羽田と福岡、夏季のみ札幌を結んでいます。所要時間は1時間~1時間半ほどでアクセスできます。

航空券の料金は、さくらトラベルのサイトで簡単に検索できます。全18社の航空会社を一括比較しており、最大90%安いお得な航空券が見つかります。

\いちばん安い航空券がスグ見つかる!!/
スポンサーリンク

徳島駅周辺で人気の宿泊施設

徳島駅周辺の宿泊施設で人気があるのは、2015年に開業したダイワロイネットホテル徳島駅前と県内最大規模のシティホテルJRホテルクレメント徳島です。

そのほか、ホテルサンルート徳島は天然温泉大浴場付き。ハイパーイン メイアップ徳島は低価格が魅力で朝食バイキングが楽しめます。

↓詳細・予約は以下リンクから。合わせてチェックしてみてください。

宿詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

徳島観光モデルコースで行ける10の名所

では、ここからは上記モデルコースで行ける徳島の観光名所をそれぞれ解説していきます。

徳島中央公園(徳島城跡)

「徳島城」は、旧徳島藩主蜂須賀公の居城跡で、明治維新後に廃城となり現在は城跡が残っています。

明治43年(1910年)より徳島中央公園として整備され、中心市街地に山、原生林、川といった自然環境が整っており、その美観と位置・広さから総合公園として多くの人々に利用されています。

園内には徳島藩や蜂須賀家などに関する資料を展示している徳島城博物館があるほか、復元された鷲の門や木橋に架け替えられた数奇屋橋を見学できます。

徳島中央公園(徳島城跡)
所在地/徳島県徳島市徳島町城内1番外
TEL/088-621-5295(徳島市公園緑地課)
開園時間/入園自由
交通アクセス/JR徳島駅から徒歩10分
公式ホームページ

眉山公園

眉山は標高280m前後の東西になだらかな丘陵地です。

眉山ロープウェイで山頂まで行くと徳島市の市街地をはじめ、遠くは阿讃山脈、瀬戸内海、紀州の山々などの眺望が広がります。

園内には展望休憩施設やレストラン、花のカスケード、花と鳥の展望広場、野鳥観察園路、西洋風あずまやのガゼボなどを備えているほか、約1500本のソメイヨシノが植栽され、日本さくら名所100選にも選出されています。

眉山公園
所在地/徳島県徳島市眉山町
TEL/088-621-5295
営業時間/入場自由
(眉山ロープウェイ:9~21時、11~3月は~17時30分、※8月12~15日は~22時)
料金/眉山ロープウェイは片道620円、往復1030円
交通アクセス/JR徳島駅より徒歩10分、眉山山麓駅から眉山ロープウェイで6分
公式ホームページ

鳴門海峡の渦潮

徳島県鳴門市と淡路島の間にある「鳴門海峡」では、潮の満ち引きの差による激しい潮流と、変化に富んだ地形によって”渦潮”が発生します。

1日2回ずつある”満潮時””干潮時”の前後約1時間半が渦潮の見頃。特に、春と秋の大潮時に最大となり、直径約30mに及ぶ渦潮は世界最大級です。

観光では鳴門海峡の上の「渦の道」という海上遊歩道や、渦潮クルーズ遊覧船に乗って、渦潮を間近で見ることができます。「満潮・干潮」の時刻ホームページで事前に確認してから訪れましょう。

渦潮クルーズと渦の道については以下の記事で詳しく解説しています。

鳴門海峡の宿泊施設

鳴門海峡のある瀬戸内海国立公園内には、オーシャンビューのリゾートホテルが立ち並んでいます。

中でも人気があるのがアオアヲナルトリゾート。鳴門海峡にかかる大鳴門橋を一望できる徳島を代表する南欧風リゾートホテルです。

楽天トラベルブロンズアワード&日本の宿アワード2020をW受賞するなど評価も高いです。最安料金は7,000円(税込)から宿泊できます。

そのほか、鳴門の渦潮に一番近いベイリゾートホテル鳴門海月(最安4,250円から)」や、鳴門海峡を目の前に望むオーシャンビューの宿「鳴門海月別亭 シーサイドホテル鯛丸海月(最安3,300円から)」も人気があります。

↓詳細・予約は以下リンクをチェックしてみてください。

脇町うだつの町並み

吉野川の河畔に広がる「脇町」は藩政時代、阿波藍作りが奨励され、藍商を中心とする商人の町として発展。現在は明治時代頃のものを中心として江戸中期~昭和初期の85棟の伝統的建造物が建ち並んでいます。

町家の両端に本瓦葺きで漆喰塗りの「うだつが多くみられ、江戸から明治、大正と時代を経るにつれ、しだいに装飾性を増したうだつを見ることができます。

「うだつ」とは隣家との境界に取り付けられた土造りの防火壁のことで、裕福な家しか設けることができませんでした。「うだつが上がる」ということは富の象徴であり、「うだつの町並み」は当時の繁栄を物語っています。

うだつの町並み
所在地/徳島県美馬市脇町南町
TEL/0883-52-5610
営業時間/散策自由
交通アクセス/徳島線「穴吹駅」から車約5分

吉野川ハイウェイオアシス SA/PA

吉野川ハイウェイオアシスは、レストランや温泉施設などの設備が充実したサービスエリアです。

徳島県の名勝・天然記念物に指定されている『美濃田の淵』をのぞむ観光拠点で、入浴施設『美濃田の湯』も人気。近くには「美濃田の渕キャンプ村」があり、無料で宿泊できます。

また、ハイウェイオアシス内には、小規模な素泊まりの宿「ファミリーロッジ旅籠屋 吉野川SA店」があります。予約・詳細は以下リンクをどうぞ。

また、30分ほど北に位置する香川県の人気温泉地「こんぴら温泉郷」での宿泊もオススメです。観光モデルコースと人気のホテルは以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

祖谷渓の小便小僧像

祖谷渓の小便小僧像は、高低差約200メートルの断崖絶壁に立つ銅像です。

「昔、子供たちが崖の上から渓谷に放尿することで度胸試しをしたという逸話から作られた」といわれています。

よっち
よっち

道が狭いので車で行くときは注意が必要です。

祖谷 (いや) のかずら橋

日本三大秘境のひとつとして知られる「祖谷渓」は、数10m〜数100mある深いV字谷の続く渓谷です。全長は10kmにも及び、新緑や紅葉の時期には、自然美溢れる景色が広がります。

その祖谷渓にある「祖谷のかずら橋」は、20mほどの木製のつり橋で、重さ約5トンにもなるシラクチカズラで作られおり、3年毎に架け替えが行なわれます。

日本三奇橋のひとつで、かつては断崖を通らなければ辿り着けない「秘境」でしたが、現在は周辺が整備され、大型バスや車でも訪れることのできるスポットになっています。

国の重要有形民俗文化財に指定されており、一歩踏み出すたびに軋んでユラユラと揺れる橋はスリル満点。祖谷渓大橋から「かずら橋」の全体像が見られます。

祖谷のかずら橋
所在地/徳島県三好市西祖谷山村善徳162-2
TEL/0120-404-344
営業時間
4月~7月20日:7時~18時30分
7月21日~8月:6時30分~19時
9月:7時~18時30分
10月~11月:7時~17時30分
12月~2月12日:8時~17時
2月13日~3月:8時~18時
料金/大人(中学生以上)550円、小人(小学生)350円
公式ホームページ

祖谷温泉郷の宿泊施設

祖谷渓では日本三大秘湯のひとつ「祖谷温泉郷」での宿泊が人気があります。

中でも評価が高いのは峡谷の湯宿 大歩危峡まんなかです。

楽天トラベルアワードを8年連続受賞、日本の宿TOP47に4年連続で受賞しており、露天風呂からは、眼下に広がる四季折々の大歩危峡の景観美を眺めることが出来ます。最安料金は6,650円(税込)から。

そのほか、ケーブルカーで登る絶景天空露天風呂が自慢のホテルかずら橋(最安14,300円から)」や祖谷の渓谷を臨む旅館祖谷美人(最安17,005円から)」も人気があります。

↓詳細・予約は以下リンクをチェックしてみてください。

大歩危小歩危

「大歩危小歩危(おおぼけこぼけ)」は、2億年の時を経て四国山地を横切る吉野川の激流によって創られた約8㎞にわたる渓谷す。

大理石の彫刻がそそりたっているかのような美しい景観を誇り、平成26年には国の天然記念物に指定されています。

春は桜、秋は紅葉が一帯に広がり、道の駅 大歩危や国道沿いのレストランなどからの見学できるほか、人気の観光遊覧船では、船頭の軽快な説明を受けながら、大歩危の奇岩・怪岩を鑑賞できます。

また高知県は、大歩危峡から車で1時間の距離にあり、徳島市内へ戻るよりも近いです。見どころも多いので合わせて巡ってみてください。観光モデルコースは以下の記事で解説しています。

剣山

徳島県のほぼ中央部に位置する『剣山』は、標高1955m。石鎚山に次ぐ西日本第2の高峰です。

原始林が姿を残し、高山植物の群生地もあって四季折々の変化が楽しめるほか、古くから山岳信仰の霊峰としても知られ、周辺には1800m級の山々が並んでいます。

昭和45年に剣山登山リフトが開設されてからは、急激に登山者の数が増加。険しい道はなく、山頂は広くゆるやかで石鎚山や土佐湾まで見渡せる絶景が広がります。

※「剣山観光登山リフト」は冬季休業で、剣山・祖谷渓方面のルートも通行止めになるので注意が必要です。剣山についての詳細はこちらの記事をどうぞ。

剣山
所在地/徳島県三好市東祖谷見ノ越
TEL/0883-62-2772 剣山観光登山リフト(株)
営業時間/9時00分~16時30分
リフト料金
【往復】大人:1,900円、小人:900円
【片道】大人:1,050円、小人:520円
定休日/無休 ※登山リフトは12月1日~4月中旬(冬季休業)
公式ホームページ

また、つるぎ山では登山口から一番近いペンション「ラ・フォーレつるぎ山」での宿泊が人気です。四国で一番標高の高い大浴場や自慢の豚しゃぶ鍋を堪能できます。

奥祖谷観光周遊モノレール

奥祖谷観光周遊モノレールは、山間の温泉施設に隣接した観光モノレールです。かつて林業などで運搬用に使われていたものを転用して作られました。

4分おきに発車する2人乗りのモノレールで、全長4600mの道のりを約65分かけて進みます

奥祖谷観光周遊モノレール
所在地/徳島県三好市東祖谷字菅生28
TEL/090-7781-5828
営業時間/4月-9月 08:30-16:00、10月-11月 08:30-15:30
定休日/毎週水曜、水曜が祝祭日の場合は運行、12月~3月冬期休業
料金/中学生以上 1500円、小学生 700円、小学生未満無料
公式ホームページ

スポンサーリンク

徳島の観光ガイドブック ※30日間0円

徳島の観光ガイドブックは、”るるぶ・まっぷる”よりそれぞれ販売されています。

これらはKindle Unlimited初月無料トライアルを利用すれば、1ヶ月無料で購読できます。また、期間内に解約すれば利用料金は一切かかりません

通常でも月額980円るるぶ1冊分より安い料金で読み放題です。是非旅行前にKindle Unlimitedを活用してみてください。

Kindle Unlimitedで読める旅行雑誌は以下の記事で詳しく解説しています。

✅格安レンタカー予約は「楽天トラベル
全国約5000店舗の中からレンタカーを比較・検索
レンタカーは宿と一緒に予約でさらにお得に!

\定期割引クーポンでさらにお得!/
乗り捨て可能!楽天ポイントが使える&貯まる!
スポンサーリンク

【徳島1泊2日観光モデルコース】まとめ

今回は、徳島観光モデルコースについて解説してきました。

徳島観光は1泊2日から楽しめます。そのほかにも、北部には香川県や淡路島、南部には高知県があり、数多くの見どころがあるので2泊3日以上の日数で巡ってみてください。

観光モデルコースは以下の記事でまとめているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。徳島観光の参考になれば幸いです。

【関連記事】観光モデルコース

四国地方
スポンサーリンク
ジャパンワンダラー

コメント

タイトルとURLをコピーしました