【松山城】行き方と観光所要時間・無料駐車場・徒歩で登る方法

四国地方

松山城は本丸を勝山山頂に構える平山城です。

日本三大平山城にも数えられ、天守は日本の12箇所に現存する天守の一つです。

近隣の松山空港を利用すれば他県からのアクセスも良く、愛媛県を代表する人気観光スポットです。

今回は、そんな松山城への行き方と観光所要時間、無料駐車場、徒歩で登る方法などについて解説していきます。

【関連記事】松山・道後温泉1泊2日観光モデルコース

【松山城】路面電車や車での行き方と無料駐車場

まずは、松山城へ路面電車や車での行き方と無料駐車場についてご紹介します。

道後温泉・松山駅から松山城への行き方

道後温泉や松山駅から松山城への行き方は「路面電車」を利用します。

最寄り駅の「大街道駅」から松山城ロープウェイ・リフトのりばまで徒歩5分ほどです。

大街道駅から松山城への通りは、松山や今治名物やお土産が販売されている人気食べ歩きスポットです。

松山城に行く前に食事を済ませておきましょう。

松山市の路面電車

松山市の路面電車は、JR松山駅・伊予鉄道松山市駅・道後温泉などの主要スポットを繋いでいて、市内の移動にとても便利です。

路面電車の料金は一律大人160円、小人80円です。
後ろの扉から乗車し、乗務員横の料金箱にお金を入れて下車します。(両替機もあります)

松山空港から松山城への行き方

松山空港からは「大街道」へ空港発のリムジンバス(470円)が運行しています。

リムジンバスは、JR松山駅や松山市駅、道後温泉、大街道などに停車します。

※リムジンバスについては松山空港公式HPをご覧ください。

【松山城へ車での行き方】駐車場とその料金

松山城ロープウェイ・リフトのりば付近にはいくつかコインパーキングがあります。

どれもさほど値段は変わりませんが、最安値は2時間400円と覚えておきましょう

安いコインパーキングは以下の2か所です。

喜与町パーキング(➡地図
松山城HPにも載っている公式駐車場で2時間410円、その後30分ごとに100円です。

フラワーパーキング(➡地図
▶立体式になっており、15分50円です。実質2時間400円です。

また、3時間以上利用する方は、タイムズの昼間最大料金がお得です。

タイムズ松山東雲町第2(➡地図)08:00-18:00 最大料金550円

【松山城】二の丸庭園の無料駐車場

松山城の二の丸庭園駐車場は、無料で駐車できますが、人気があるので満車の確率が高いです。

また、駐車場から松山城へは黒門口登山道を徒歩で登る必要があります。(後述)

関連図書

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小学館 名城をゆく 8 伊予松山城・今治城
価格:660円(税別、送料別)(2020/9/4時点)

楽天で購入

四国には数多くの日本100名城が点在しています。2泊3日あれば巡ることができるので挑戦してみてください。

詳しくは四国100名城巡り一周モデルコースで解説しています。

【松山城】徒歩で登る回り方と観光所要時間【リフト・ロープウェイ】

では、続いて松山城天守まで徒歩での行き方とリフト・ロープウェイでの行き方、そして観光所要時間について解説していきます。

黒門口登城道から徒歩で登る松山城の回り方

二の丸庭園駐車場に車を停めた方は「黒門口登山道」から徒歩で松山城へ向かいます。

実はこれが松山城の本丸へ行く正式なルートです。

難攻不落と言われた松山城。攻め落とすには、当時この登山道を通らなくてはいけませんでした。

昔の情景を思い浮かべながら登ってみるといいですね。途中の「二の丸史跡庭園」にも立ち寄ってみましょう。

【松山城東雲口登城道】ロープウェイ乗り場から徒歩で登る方法

ロープウェイを使わずに東雲口から松山城へ徒歩で行くには、東雲口登城道(しののめぐち)を歩いていきましょう。

舗装された坂道で登りやすいです。所要時間は15分から20分ほど

途中でロープウェイ降り場と合流します。天守閣まではそこから15分ほどです。

【松山城】ロープウェイ・リフトと天守閣入場料金

松山城ロープウェイ・リフト料金

区分 天守観覧券 往復券 片道券 総合券
(天守観覧券+往復券)
大人
(中学生以上)
520円 520円 270円 1,040円
小人

160円 260円 140円 420円

松山城天守閣の入場券もまとめて購入しておきましょう。

松山城天守閣内部の見どころはこちらの記事で解説しています。

【松山城ロープウェイ東雲口】スーツケースはロッカーへ

松山は、夏目漱石の「坊っちゃん」の舞台で知られています。

ロープウェイ乗り場の前には登場人物の顔パネルが並んでいました。

チケットは自動券売機で購入します。1階は混雑していますが2階のロープウェイ乗り場前でも購入できます。

大きなお荷物は、ロープウェイ乗り場に設置されたコインロッカーに預けましょう。

料金は大きなロッカーが200円、小さなロッカーが100円です。

【松山城本丸への行き方】ロープウェイ派かリフト派か?

松山城までは写真左のロープウェイか右のリフトを選択できます。

ロープウェイは乗車定員47名で10分ごとに運航しています。所要時間は3分ほどです。

リフトは1人掛けで順次運航しています。所要時間は6分ほど。

ロープウェイの待ち時間を考えるとさほど時間は変わりません。天気が良ければリフトに乗る方と気持ちがいいですね。

※小学校に上がる前の子供さんは、リフトを利用できないので注意してください。

降りる側の景色ですが、天気が良くて見晴らしがとてもよかったです。リフトは交通手段というよりもアトラクションとして楽しめます。

【松山城の回り方】観光所要時間は?

松山城の回り方は、ロープウェイ東雲口から本丸を通り天守閣を観光するのが一般的です。

観光には1時間半が推奨されています。天守閣が30分ほどとロープウェイ移動を含めた城内観光が1時間ほどです。

黒門口登山道や二の丸庭園へ行く方はもう少し時間が必要ですね。

ボランティアガイドさんを付けてじっくり巡りたい方は、3時間ほど見積もっておくことをオススメします。時間には余裕を持って松山城で半日観光を楽しみましょう。

松山城の見どころをまとめた観光ルートはこちらの記事をご覧ください。

松山城近郊の観光地にも行ってみよう!

松山には、松山城のほかに同じく百名城の「湯築城」や、日本最古の名湯「道後温泉」、四国八十八箇所第51番札所である「石手寺(いしてじ)」など観光名所があります。

1日かけて松山観光を楽しみましょう。

松山・道後温泉を巡る1泊2日観光モデルコースはこちらの記事をご覧ください。

また、道後温泉には歴史ある老舗旅館の数多く残っています。松山滞在は是非道後温泉に宿泊してみてください。

道後温泉のオススメの旅館・ホテルはこちらの記事をご覧ください。

松山周辺には、今治やしまなみ海道、宇和島など有名な観光スポットが点在しており、レンタカーを借りて日帰り旅行を楽しむことができます。

では、松山城周辺のオススメ観光スポットを簡単に紹介していきます。

①今治城

松山城から車で1時間、電車で1時間半ほどの距離にある今治城は水上交通の拠点として栄え、藤堂高虎設計で建築された100名城です。

今治城の詳しい行き方や観光の見どころはこちら

②大洲城・宇和島城

松山城から南下して車で1時間ほどで大洲城、さらに車で1時間で宇和島城があります。どちらも100名城に選定され、宇和島城は現存12天守の貴重な建築物です。

宇和島城への詳しい行き方や観光の見どころはこちら

③しまなみ海道

瀬戸内海の尾道と今治をつなぐ「しまなみ海道」。かつて村上水軍が瀬戸内海の水先案内人の派遣や海上警護請負として活動しており、近年、日本遺産にも認定されました。

▼絶景スポットやグルメも人気です。見どころも多いのでレンタカーで巡りましょう。

④3日間で巡る四国一周100名城巡り

最短で3日間あれば四国の100名城を制覇することができます。

松山城周辺観光はレンタカー移動がオススメ!

松山城周辺の観光地を巡るならレンタカーを借りましょう。1日レンタルでも6000円程度です。

✅Go to割引でレンタカー予約

日本旅行公式サイトからレンタカー+ホテルを予約すると実質50%OFFのGo to割引が適用されます。

※レンタカー割引対象商品は、国内宿泊(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山へ)のご旅行です。

楽天トラベルでは定期的に割引クーポンが配布されていてお得です。自分は楽天派レンタカー最安値検索がとてもわかりやすいのも魅力です。

HISでは、「航空券+ホテル+レンタカー」の取り扱いもあります。すべてまとめてGo to割引が適用されるのはHISだけです。

【関連記事】四国観光ドライブコース

コメント

  1. […] ✔ 松山城への行き方・徒歩で登る方法・観光所要時間 […]

  2. […] ▼松山城への行き方についてはこちらの記事で詳しくまとめています。 […]

  3. […] ▼松山城への行き方と観光所要時間などについてはこちらの記事をご覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました