【渦潮クルーズと渦の道を比較】うずしお見学はどっちがオススメ?

スポンサーリンク
四国地方
スポンサーリンク

徳島県鳴門市と兵庫県南あわじ市をつなぐ鳴門海峡では、激しい潮流が発生することによってできる「渦潮」が見られます。

渦の大きさは世界最大級で、春と秋の大潮時には最大で30mに達するといわれています。

「鳴門の渦潮(なるとのうずしお)」と呼ばれ、年間100万人の観光客が訪れる人気の観光スポットです。

よっち
よっち

世界三大潮流のひとつで、世界遺産にも現在申請中です。

徳島方面からの楽しみ方は、「渦潮クルーズ」と「遊歩道渦の道」の2種類。どちらも違った魅力があり、迫力ある渦潮を鑑賞できます。

今回は、そんな渦潮クルーズと渦の道への行き方と見どころの比較、所要時間などを解説していきます。

スポンサーリンク

鳴門の渦潮への行き方

鳴門の渦潮は、大阪市内から車で1時間半から2時間ほど。鳴門北ICを降りて約4分ほどの距離です。

神戸、大阪、高松からは高速バスがあり、徳島駅と鳴門駅からは路線バスで行くこともできます。

スポンサーリンク

【渦の道・渦潮クルーズ】比較解説

鳴門の渦潮を見学できるスポットは以下の2か所です。

  • 渦潮クルーズ
  • 渦の道

渦潮クルーズと渦の道は、2㎞ほど離れた位置にあります。

どちらも駐車場が完備されており、渦の道は駐車料金500円です。

鳴門の渦潮はバスでも行くことができますが、現地での細かな移動には車が必要です。

主要な駅でレンタカーを借りるなどして観光に出かけましょう。

おすすめのレンタカー比較予約サイト

おすすめのレンタカー比較予約サイトは、日本最大の宿泊予約サイト「楽天トラベルです。

全国約5000店舗の中からレンタカーを予約でき、通常でも安い金額からさらにクーポンを使って割引できます。

国内宿泊とレンタカーを組合せると個別手配よりもはるかに安くレンタカーが借りられます。乗り捨ても可能で、楽天ポイントが使える&貯まるのもありがたいメリットです。

>>楽天トラベルでレンタカーを予約

渦潮クルーズの料金と所要時間

渦潮クルーズには、大型船と小型船の2種類の船があります。

渦潮クルーズ船の乗船料金は以下の通り。

✅渦潮クルーズ船の乗船料金

大人子供(小学生)
大型船 「わんだーなると」 1,800円900円
小型船「アクアエディ」 ※要事前予約2,400円1,200円

大型船 「わんだーなると」 は、追加料金おとな+1,000円、こども(小学生)+500円で2階に上がることができます。

どちらも30分ごとに運航しており、所要時間30分ほどです。

満潮と干潮時で渦の流れが大きく変わるので、当日公式ホームページで確認してください。

渦潮クルーズの見どころ

渦潮クルーズでは早めに乗船して良い場所を確保しましょう。 見頃の時間帯はとても混みあいます。

渦潮クルーズ船のベストポジションは進行方向の右側で、帰りは逆側です。タイミングは途中で添乗員さんが声をかけてくれます。

渦潮クルーズでは、上着を一枚余分に持っていきましょう。風を受けてとても寒いです。

だんだん渦潮に近づいてきました。

橋の下まで来ると波の様子が変わり、水の色も変化しています。

鳴門の渦潮。渦潮クルーズでは間近でこのような渦巻きを見ることが出来ます。

船が吸い込まれるような臨場感もありました。

渦の道の料金と所要時間

続いて「渦の道」を比較解説していきます。

渦の道の入場料金は以下の通りです。

渦の道の入場料金

大鳴門橋遊歩道「渦の道」入場料金 大人510円 中高生410円 小学生250円

渦の道の所要時間は、遊歩道を移動する時間も含めて30分ほどで観光できます。

渦の道の見どころ

渦の道は、500mほどの大鳴門橋の遊歩道です。

渦の道展望室までは休憩所が4か所設けられており、うずしおに関する展示が見られます。

渦の道展望室の案内図にて、ビューポイントが紹介されています。

展望室からの景色です。鉄の柱が邪魔で綺麗な写真は撮れないですが、場所が良ければ渦潮をはっきりと見ることができます。

透明な床からも渦潮が見れます。

日によって見ごろの時間帯が変わるので、必ず公式ホームページで確認してから向かいましょう。

国内格安航空券予約は「さくらトラベル

国内格安航空券を予約するなら「さくらトラベル」がお得です。

最安値をカンタンに検索でき、最短1分で予約できます。まずは、以下から目的地までの料金をチェックしてみてください。

>>さくらトラベルで国内格安航空券を予約・検索

スポンサーリンク

【渦の道と渦潮クルーズ比較】どっちがオススメ?

渦の道と渦潮クルーズはどちらも違った魅力があり、2か所回れば鳴門の渦潮を十分に満喫できます。

目的別に選ぶなら以下の通りです。

渦潮の様子を上からはっきりと眺めたい方▶「渦の道」
渦潮に近づく臨場感を楽しみたい方▶「うずしおクルーズ」

また、料金の面で比較すると、渦の道は510円なのに対し、渦潮クルーズは1,800円です。

よっち
よっち

何度も行く機会があるなら渦の道。一生に一回きりなら両方行きましょう。

✅旅行ガイドブックを無料で読む方法

Kindle unlimitedの30日間無料体験を利用すれば旅行ガイドブックを無料で読むことができます。

期間内にキャンセルすればお金は一切かかりませんスマホにダウンロードすれば持ち運びも便利です。

よっち
よっち

ガイドブックがあると旅行の計画が立てやすいです。自分は月額で利用しています。

旅行前に準備して、ぜひ活用してみてください。お試し体験ができるので安心です。詳細は以下サイトをどうぞ。

» Kindle unlimited公式サイト

【関連記事】
» Kindle Unlimitedでお得に旅行ガイド本を購読する方法

スポンサーリンク

【渦の道と渦潮クルーズ比較】まとめ

今回は、渦の道と渦潮クルーズについて比較解説してきました。

鳴門の渦潮は2時間ほどあれば観光できるので、淡路島や徳島、香川観光と合わせて1日旅行を楽しみましょう。

よっち
よっち

淡路島の温泉地に宿泊して1泊2日の旅行もオススメです。

観光モデルコースは以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。渦潮クルーズ比較が参考になれば幸いです

✅航空券最安値検索はさくらトラベル
※国内線すべての空席情報や価格を一覧で比較

✅レンタカー最安値検索は「楽天トラベル
※定期割引クーポンでさらにお得

【関連記事】観光モデルコース

四国地方
スポンサーリンク
ジャパンワンダラー

コメント

タイトルとURLをコピーしました