【しまなみ海道】原付バイクでツーリング!レンタル料金と観光ルート

スポンサーリンク
中国地方
スポンサーリンク

瀬戸内海の尾道と今治を繋ぐ「しまなみ海道」は、サイクリングルートとして高い人気があり、「サイクリストの聖地」としてもその名は全国に知られています。

ですが、アップダウンの激しいしまなみ海道は、サイクリング初心者には難易度が高めなので、気軽に観光を楽しみたい方はドライブやバイクツーリングがおすすめです。

原付バイクなら自転車に近い扱いなので、しまなみ海道の道路や坂道でもラクに移動ができます。しまなみ海道周辺には、バイクをレンタルできるお店がいくつかあるので利用してみましょう。

今回は、しまなみ海道付近で原付バイクをレンタルできるお店とその料金、観光ルートなどを解説していきます。

スポンサーリンク

【しまなみ海道】原付バイクレンタル料金

しまなみ海道周辺では、尾道か今治・松山で原付バイクがレンタルできます。

しまなみ海道のバイクレンタル会社と料金

今治・尾道では、バイクレンタル会社モーターサイクルユニットが利用できます。

よっち
よっち

加盟店を募りバイクレンタルサービスを展開しています。

加盟店によってバイクの種類は変わりますが料金は同じです。

しまなみ海道の原付バイクレンタル料金

▼50㏄未満の原付レンタル料金

▼51~125㏄の原付レンタル料金

しまなみ海道でバイクの乗り捨ては可能?

モトユニ加盟店ならバイクの乗り捨てをすることができますが、追加料金が必要です。

追加料金は以下の通りです。

モーターサイクルユニット公式HP

松山空港付近のバイクレンタル会社と料金

松山空港から原付バイクをレンタルしたい方は、「東温レンタカー」が格安で利用できます。

よっち
よっち

松山市に店舗を構える地元のレンタカー会社です。

事前に連絡しておけば松山空港から最寄りの店舗まで送迎してくれます。

東温レンタカーの原付バイクレンタル料金

原付250CC400CC
3時間800円4,000円5,000円
6時間1,600円6,500円8,400円
12時間2800円8,900円11,500円
1日(24時間)3,500円9,500円12,900円
以後1日2,600円8,500円11,000円

フルフェイスヘルメットの貸し出しは、1日1000円です。以後1日500円。

保険は以下の料金です。

【あんしん保障】
加入で車両保障免責5万円

3時間:500円
6時間:500円
12時間:1,100円
以後1日 1,100円

バイクは最短で3時間からレンタルでき、松山市内にある東温レンタカーの支店で乗り捨てできます。

また東温レンタカーでは、運転免許があれば同額で100㏄の原付バイクを借りることが出来ます。

詳細は東温レンタカー公式サイトで確認してみてください。
東温レンタカー公式サイト

しまなみ海道は原付二種125㏄がオススメ

しまなみ海道でバイクツーリングするなら125ccの原付バイクがオススメです。

原付の制限速度である30km/hを超えて走ると、張り込んでいた警察に捕まる可能性があります。

よっち
よっち

警察は結構狙ってるみたいです。

一方、125ccのバイクは、時速100kmで走行可能なのでスピード違反の心配はないです。

さらには、原付と同じ扱いなので駐輪スペースにも融通が利いて便利です。

しまなみ海道はドライブ旅行も人気

しまなみ海道での観光はレンタカーを借りてのドライブ旅行も人気があります。

車なら無理せずに長距離移動できますし、現地で1~2時間ほどレンタサイクルを借りてサイクリングを楽しむこともできます。

レンタカー予約は楽天トラベルがお得で、宿と合わせてレンタカーを借りる割引になるので活用してみてください。

また松山空港をご利用の方は、さくらトラベルのサイトで簡単にお得な航空券を検索できます。全18社の航空会社を一括比較しており、最大90%安いお得な航空券が見つかります。

スポンサーリンク

【しまなみ海道原付バイク】観光ルートと所要時間

では、ここからしまなみ海道をバイクで巡る観光ルートを紹介していきます。

【しまなみ海道】1泊2日バイクツーリングコース

しまなみ海道1泊2日のバイクツーリングコースは、松山空港で原付バイクをレンタルして尾道へと向かいます。片道およそ100㎞で、尾道に宿泊すれば1泊2日での旅行が楽しめます。

実際に、原付バイクでしまなみ海道を観光した経験からいうと、1日の走行距離の限界は100㎞弱です。観光しながら巡ると長い距離が走れなくなります。

余裕を持ってしまなみ海道でのバイクツーリングを楽しみたい方は、大三島までの往復がおすすめです。大三島には宿泊施設が揃っていますし、観光の見どころもたくさんあります。

しまなみ海道周辺で人気のホテル・旅館は以下の記事で解説しているのでチェックしてみてください。

スポンサーリンク

しまなみ海道の旅行ガイドブック ※30日間0円

しまなみ海道の旅行ガイドブックは、広島版るるぶ”と”まっぷる”よりそれぞれ販売されています。

これらはKindle Unlimitedに登録すれば初月30日間は無料で購読でき、期間内に解約すれば利用料金は一切かかりません

通常でも月額980円るるぶ1冊分より安い料金で読み放題です。さらには120万冊以上の小説や雑誌、漫画、ビジネス書なども読み放題。是非旅行前にKindle Unlimitedを活用してみてください。

スポンサーリンク

【しまなみ海道で原付バイクツーリング】まとめ

しまなみ海道は、サイクリストの聖地といわれていますが、アップダウンが激しいので自転車初心者がいきなり縦断に挑戦するのは想像以上に大変です。

アップダウンが多い理由は、しまなみ海道の島々を繋ぐ橋が高所にあることと、見どころである展望台が高所にあるためです。

島を移動するたびに坂道を登り、、、という繰り返し。装備や経験のない初心者にはオススメできません。

よっち
よっち

実際、旅行中にすれ違ったサイクリストさんもみなさん大変そうな表情をしていました。

その点、バイクなら坂道も楽に登ることができ、体力を温存しながらしまなみ海道の観光を楽しむことができます。

しまなみ海道は見どころが多いので、効率よく観光して充実した旅行にしてください。

【関連記事】しまなみ海道周辺観光

コメント

タイトルとURLをコピーしました