【いわき観光モデルコース】1泊2日で巡る9つの観光名所

東北地方

福島県の東南に位置するいわき市は、東北地方では最も集客力のあるリゾート施設「スパリゾートハワイアンズ」を筆頭に、アクアマリンふくしま、白水阿弥陀堂など多彩な観光資源を持ち、あんこう、ウニ、トマト、地酒などのグルメも充実しています。

”美人の湯”として愛される「いわき湯本温泉」も魅力で世界屈指の湯量を誇り、1泊2日での旅行に最適です。

今回は、そんないわきを巡る観光モデルコースと見どころ、いわきで行くべき観光スポットについて解説していきます。

CHECK!観光庁は9月26日、全国旅行支援(全国旅行割)を”10月11日から12月下旬まで実施する”と発表しました。
全国旅行支援とは?割引の仕組み【楽天トラベル】

いわき観光モデルコース

ではまず、いわきを巡る観光モデルコースを解説していきます。

いわき観光モデルコースは以下の通りです。

✅いわき観光モデルコース

いわきの観光モデルコースは飯野八幡宮から出発して、白水阿弥陀堂や石炭・化石館 ほるるを観光。そのあと、スパリゾートハワイアンズや海外沿いのいわきマリンタワーなどを巡っていきます。

さらに、時間があればいわき南部の「勿来関跡」も訪れてみましょう。

移動方法は車・レンタカーが便利です。レンタカーはいわき駅にて借りられます。

楽天トラベルなら、宿と合わせてレンタカーを借りる割引になるので活用してみてください。今ならレンタカー秋冬旅特集お得なクーポンを配布しています。

\割引クーポンでさらにお得!/

CHECK!【楽天トラベル 秋&冬旅セール開催中】お得なクーポンをGET!2022年12月1日まで!!
ポイント10~20倍&国内宿泊・ツアーの限定プランや、航空券+宿泊を対象に高額クーポンを配布中!

いわきの観光の見どころ

いわきの主要観光スポットは以下の通りです。

  • 飯野八幡宮
  • 白水阿弥陀堂
  • いわき市石炭・化石館 ほるる
  • いわき湯本温泉
  • スパリゾートハワイアンズ
  • アクアマリンふくしま
  • いわき・ら・ら・ミュウ
  • いわきマリンタワー
  • 勿来関跡

いわきの観光の見どころは、常夏の南国ムード満点な「スパリゾートハワイアンズ」と、福島県唯一の国宝「白水阿弥陀堂」、東北最大級の楽しく学べる体験型水族館「アクアマリンふくしま」などです。

いわき・ら・ら・ミュウは、いわき市の観光物産館でお土産の購入などに最適です。

宿泊はいわき駅周辺のリーズナブルな価格のシティホテルや、いわき湯本温泉郷の旅館がおすすめです。歴史あるお宿で新鮮な海の幸や肌にいい”名湯”を堪能できます。

そのほか、福島の観光モデルコースは以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

いわきで必ず行きたい9つの観光名所

では、ここからは上記モデルコースで行けるいわきの観光名所をそれぞれ解説していきます。

飯野八幡宮

飯野八幡宮は、平安時代の康平6年(1063年)、源頼義が奥州討伐の際、源家が崇敬している石清水八幡を磐城の地に勧請し、戦勝を祈願したのが始まりと伝えられています。

浜通り南部でも最大級の神社であり、岩城氏や磐城平藩主など当地を本拠地にした権力者たちから崇敬を受けてきました。

毎年9月14・15日には貞和2年(1346)以来連綿と続けられている流鏑馬がおこなわれます。

飯野八幡宮
所在地/いわき市平字八幡小路84
TEL/0246-21-2444
交通アクセス/JR常磐線いわき駅から車で約5分
公式ホームページ

白水阿弥陀堂

永暦元年(西暦1160年)に奥州藤原氏の娘・徳姫が夫・則道の菩提を弔うために「願成寺」を建立。その一角に白水阿弥陀堂が建立されたと伝わっています。

建造物として福島県で唯一国宝に指定され、その堂内には阿弥陀三尊(国重文)、持国・多聞天王(国重文)も安置されています。

平安時代後期の代表的な阿弥陀堂建築で、美しい曲線を描く屋根と浄土式庭園が調和した、優美な姿を見せてくれます。

白水阿弥陀堂
所在地/いわき市内郷白水町広畑221
TEL/0246-26-7008
営業時間/<4月〜10月>8:30〜16:00
<11月〜3月>8:30〜15:30 ※最終入場閉門15分前
定休日/第4水曜、宗教行事、12月20日~31日
料金/大人:500円、小人(小学生のみ):300円、未就学児:無料
交通アクセス/JR内郷駅からバス約5分
公式ホームページ

いわき市石炭・化石館 ほるる

いわき市石炭・化石館 ほるるは、常磐炭田が繁栄した当時から現代までの採炭の歴史や、いわき市内で発掘された化石群、フタバスズキリュウなどの大型骨格標本、諸外国の化石資料を展示している施設です。

化石展示室では全長22mの巨大草食恐竜「マメンチサウルス」など、恐竜たちの骨格標本を楽しむことができ、模擬坑道では採炭・坑内の風景をリアルに再現し、炭鉱の生活や歴史を学ぶことができます。

他にもコハクを使ったアクセサリーや、アンモナイトの標本作製体験ができるのも珍しく、ファミリーに人気の観光スポットです。

いわき市石炭・化石館 ほるる
所在地/いわき市常磐湯本町向田3-1
TEL/0246-42-3155
営業時間/9:00〜17:00 ※最終入場閉館30分前
定休日/第3火曜日(但し祝日の場合翌日)・1月1日
観覧料/一般:660円、大高中:440円、小学生:330円
交通アクセス/JR湯本駅から徒歩約15分
公式ホームページ

いわき湯本温泉

いわき湯本温泉は1600年以上の歴史を持ち、有馬温泉、道後温泉と並んで日本三古泉にも選ばれている温泉郷です。

世界でも屈指の毎分5トンもの湯量を誇り、泉質は珍しい硫黄泉で「美人の湯」。お肌に良い成分をたっぷり含んでおり、婦人病や皮膚病に効能があります。

湯本駅前から温泉街が広がり、名湯と絶品料理を堪能できます。

いわき湯本温泉旅館協同組合
所在地/いわき市常磐湯本町
TEL/0246-43-3017
営業時間/10時00分~17時30分
交通アクセス/JR湯本駅から徒歩約5分
公式ホームページ

スパリゾートハワイアンズ

スパリゾートハワイアンズは、いわき湯本温泉の豊富な湯量を活用した、6つのテーマパークからなる温泉レジャー施設です。

1年中28度に設定された館内では、常夏ムード満点のプール世界最大級の大露天風呂「江戸情話与市」など一日中温泉を満喫できます。

フラガールやファイヤーナイフダンサーによる音と光に満ち溢れるポリネシアンショーは必見。新感覚のアクアリウムプールや、高低差、滑走距離ともに日本一のボディスライダーも人気です。

スパリゾートハワイアンズ
所在地/〒972-8326 福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
TEL/0570-550-550(ナビダイヤル)
営業時間/平日:10:00〜22:15
土曜日・日曜日・祝日:9:00〜22:15 ※最終入館閉館1時間前
定休日/無休
料金/中学生以上3,570円、小学生2,250円、3歳以上1,640円(3歳未満無料)
※各体験により別途料金がかかります。
交通アクセス/JR湯本駅から徒歩約15分
公式ホームページ

また、連絡通路でアクセスできるモノリスタワーは、スパリゾートハワイアンズに誕生した新ホテルでコンセプトは「ハワイアン&スパ」。館内の3つの大浴場で新鮮で豊富な温泉を堪能できます。

2020年には楽天トラベルブロンズアワードを受賞。宿泊料金は15,500円から利用できます。

アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしまは、福島の海の大きな特徴である親潮と黒潮が出あう潮目の海がテーマの水族館です。

近海で見られる魚はもちろんの事、カラフルな熱帯魚やアザラシやトドなど約800種類もの生き物を展示しています。

そのほか魚釣り体験や、水族館の裏側を知ることができるバックヤードツアー、裸足になって生き物に触れ合える世界最大級のタッチプール蛇の目ビーチなどがあり、見るだけではなく五感を使って学べる体験型水族館です。

アクアマリンふくしま
所在地/いわき市小名浜字辰巳町50
TEL/0246-73-2525
営業時間/通常期 3月21日~11月30日 9:00~17:30
冬期 12月1日~3月20日 9:00~17:00 ※最終入館閉館1時間前
定休日/無休
料金/一般 1,850円、小学生〜高校生 900円
交通アクセス/JR常磐線泉駅から車で約15分
公式ホームページ

いわき・ら・ら・ミュウ

アクアマリンパークの中にある「いわき・ら・ら・ミュウ」は、景色の良い海を眺めながら新鮮な魚介を堪能することができる物産センターです。

旬の魚を使った名物の海鮮丼が人気で、干物や名物メヒカリなどいわきならではのお土産を買うこともできると人気の観光スポットになっています。

いわき・ら・ら・ミュウ
所在地/いわき市小名浜辰巳町43-1
TEL/0246-92-3701
営業時間/9:00〜18:00
レストラン 10:00〜18:00
交通アクセス/JR泉駅からバス約20分
公式ホームページ

いわきマリンタワー

いわきマリンタワーは、三崎公園内に立つ高さ59.99mの展望台で、海抜106mの展望室は総ガラス張り。屋上の「スカイデッキ」からは360度の大パノラマが広がります。

太平洋といわき一円が見渡せる絶好のビューポイントで、潮風をうけながら非常にエキサイティングな体験が楽しめます。

いわきマリンタワー
所在地/いわき市小名浜下神白大作111
TEL/0246-54-5707
営業時間/7月20日〜8月31日 9:00〜19:00
9月1日〜7月19日 9:00〜17:00 ※最終入館閉館30分前
定休日/毎月第3火曜日(但し祝日の場合翌日)、1月1日
料金/一般:330円、中高大生:220円、小学生:170円
交通アクセス/JR泉駅からバス約25分
公式ホームページ

勿来関跡

勿来関(なこそのせき)は、白河の関(福島県白河市)・念珠ヶ関(山形県鶴岡市)と共に奥州三関のひとつに数えられている、勿来関の跡地です。

「来る勿れ」(くることなかれ)という枕歌で紀貫之や小野小町などの歌人が和歌に詠んだ文学上の関として知られています。

太平洋を見下ろす丘陵には、歌碑をはじめ文学碑が10数基あり、周辺一帯は県立自然公園に指定されています。

勿来関跡
所在地/いわき市勿来町関田地内
TEL/0246-22-7480(いわき市観光事業課)
料金/見学自由
交通アクセス/JR常磐線勿来駅から車で約5分
公式ホームページ

いわきの観光ガイドブック

いわきについては旅行情報誌”るるぶ福島 会津 磐梯’23” や”まっぷる 福島 会津・磐梯’23” のなかでも紹介されています。

Kindle Unlimited会員なら、このタイトルを¥0で読み放題です。新規登録者は初月無料トライアルを利用できます。
CHECK!今なら「3ヶ月199円キャンペーン」が開催されています。通常、3ヶ月間で2,940円掛かるところが199円で利用できるお得なキャンペーンです【10/25まで】
詳細は以下リンクをチェックしてみてください。

【いわき観光モデルコース】まとめ

今回は、いわき観光モデルコースについて解説してきました。

このほか、いわきのある福島県には会津若松や磐梯山などの観光名所があり1泊2日、もしくは2泊3日での旅行も楽しめます。また南部には茨城、北部には仙台があり、海沿いドライブもおすすめです。

それぞれの都市の観光モデルコースは以下の記事で解説しているので合わせてチェックしてみてください。

今回は以上です。いわき観光の参考になれば幸いです。

【関連記事】観光モデルコース

【楽天 秋&冬旅セール開催中!】国内宿泊・ツアーのSALE限定プランを多数ご用意!! 12月1日まで!!
お得なSALE限定クーポンをGET!
【楽天 秋&冬旅セール開催中!】国内宿泊・ツアーのSALE限定プランを多数ご用意!! 12月1日まで!!
お得なSALE限定クーポンをGET!
タイトルとURLをコピーしました