【茨城観光モデルコース】1泊2日で巡る12の観光名所

スポンサーリンク
関東地方
スポンサーリンク

関東地方の北東部に位置する茨城は、県庁所在地の水戸市を中心として「筑波山」や、190kmもの海岸線、全国で2番目に大きな湖「霞ヶ浦」などがある自然豊かな県です。

江戸時代には、徳川家が水戸に藩を構え、東京~水戸間は水戸街道として栄えました。

観光では、そのような歴史関連スポットのほか、由緒ある神社、海沿いでは、海水浴などのアクティビティや太平洋の海の幸を堪能できます。

今回はそんな茨城を1泊2日で巡る観光モデルコースについて解説していきます。

この記事を読むと、茨城で行くべき観光スポットと人気の宿泊施設が理解できるので是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

茨城1泊2日観光モデルコース

ではまず、茨城を1泊2日で巡る観光モデルコースをご紹介します。

茨城1泊2日観光モデルコースは以下の通りです。

✅茨城1泊2日観光モデルコース

茨城1泊2日観光モデルコースは、東京から出発して牛久大仏や筑波山などを観光し、茨城の県庁所在地である「水戸」や人気の観光地「大洗」へと移動していきます。

東京からは片道200km、車で4時間ほどの道のりです。東京~水戸間なら2時間で移動できます。

移動は電車も利用できますが、短期間で茨城を名所を巡るなら車が必須です。

楽天トラベルなら、宿と合わせてレンタカーを借りる割引になるので活用してみてください。

\定期割引クーポンでさらにお得!/

スポンサーリンク

茨城の観光の見どころ

茨城の主要観光スポットは以下の通りです。

✅茨城の主要観光スポット

  • 牛久大仏
  • 筑波宇宙センター
  • 筑波山
  • 常陸国出雲大社
  • 笠間稲荷神社
  • 偕楽園
  • アクアワールド 大洗水族館
  • 那珂湊おさかな市場
  • 国営ひたち海浜公園
  • 常陸國一之宮 鹿島神宮
  • 竜神大吊橋
  • 袋田の滝

茨城の観光の見どころは、世界最大120mの青銅製大仏である「牛久大仏」や水戸にある「偕楽園」、大洗の水族館、茨城北部の「袋田の滝」などです。

そのほか、茨城南部にある神武天皇元年創建の由緒ある神社「鹿島神宮」も人気の観光地です。

茨城近郊の観光モデルコースは以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

茨城で必ず行きたい12の観光名所

では、ここからは上記モデルコースで行ける茨城の観光名所をそれぞれ解説していきます。

牛久大仏

牛久大仏は、ギネス世界記録にも認定されている世界最大120mの高さの青銅製仏像です。

高さ85mの大仏胸部までエレベーターで上がることができ、晴れた日には展望窓からスカイツリーや富士山を望むことができます。

また、園内は仏教・浄土真宗の宗教施設となっており、うさぎやヤギと触れ合える小動物公園、約2万平方メートルのお花畑、仲見世、食事処などがあります。

牛久大仏
所在地/茨城県牛久市久野町2083
TEL/029-889-2931
営業時間/9:30~16:30(季節により変動あり)
料金/大人800円、小人400円(大仏体内含むすべての拝観)
交通アクセス/JR常磐線「牛久駅」よりバスで20~30分
公式ホームページ

筑波宇宙センター

筑波宇宙センターは、1972(昭和47)年に開設した日本の宇宙開発事業の総合的な事業所です。

館内には展示館スペースドームがあり、ロケットや人工衛星、宇宙環境利用などの展示を通して、JAXAが行っている宇宙開発・研究の現場を紹介しています。

施設の一部をガイドさんが紹介してくれる「見学ツアー」もあります。※要予約・有料

筑波宇宙センター
所在地/茨城県つくば市千現2-1-1
TEL/029-868-2023
営業時間/【スペースドーム】10:00~17:00 ※予約不要
【見学ツアー】1日4回実施、所要約70分 ※要予約・有料
定休日/月曜日(不定期)・施設点検日・年末年始(12/29~1/3)
料金/一般:500円、高校生以下:無料
交通アクセス/つくば駅より関東鉄道バスで10分
公式ホームページ

筑波山

筑波山は、筑波山神社の境内地で西側の男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)からなる茨城のシンボル的な山です。「西の富士、東の筑波」の愛称で親しまれ、古くから信仰の山として栄えてきました。

男体山・女体山山頂には筑波山神社の本殿、山腹には拝殿があり、山そのものが「神域として崇められています。

筑波山頂までは、ケーブルカー、ロープウェイで気軽に行くことができ、自然研究路のハイキングも楽しめます。

登山をするなら所要時間は3時間半ほど。いくつかモデルコースが用意されているので以下のサイトをチェックしてみてください。

>> 筑波山登山モデルコース

常陸国出雲大社

常陸国出雲大社は、島根県出雲大社ご分霊を鎮座する神社です。主祭神の「大国主大神」様は、広くだいこくさまとして慕われています。

“だいこくさま”は縁結びの神様として知られ、商売繁盛、厄除け、病気平癒などにもご利益があります。

常陸国出雲大社
所在地/茨城県笠間市福原2001番地
TEL/0296-74-3000
交通アクセス/JR水戸線「福原駅」から徒歩10分
公式ホームページ

笠間稲荷神社

笠間稲荷神社」は、五穀豊穣、商売繁盛の神として古くから厚く信仰される神社です。日本三大稲荷の一つで、御創建は651年1360余年の歴史を誇ります。

関東はもとより日本各地から年間350万人を超える参拝客が訪れます。

笠間稲荷神社
所在地/茨城県笠間市笠間1
TEL/0296-73-0001
交通アクセス/JR水戸線「笠間駅」よりバス約5分
公式ホームページ

偕楽園

偕楽園」は、1842年に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園された日本庭園です。日本三名園の一つで梅の名所として有名です。

園内散策には通常で1時間ほど。ツツジや萩などが咲き、四季折々の花を楽しめます。梅のシーズンには2~3時間以上を確保しておきましょう。

偕楽園
所在地/〒310-0033 茨城県水戸市常磐町1丁目
TEL/029-244-5454(偕楽園公園センター)
開園時間
2月中旬~9月30日 / 6:00~19:00
10月1日~2月中旬 / 7:00~18:00
※偕楽園本園を除く区域は常時開放
入園料/一般大人300円、小人150円
交通アクセス/JR水戸駅から偕楽園行きバス15分
公式ホームページ

水戸市内にはそのほか水戸城や水戸東照宮などがあり、半日ほどの観光が楽しめます。

水戸の観光モデルコースは以下の記事にまとめたので合わせてご覧ください。

アクアワールド茨城県大洗水族館

「大洗水族館」は、日本一のサメの飼育数を誇り、日本一の大きさの専用水槽でのんびり泳ぐマンボウなど約580種68,000点の世界の海の生物が見られる水族館です。

日本でもトップクラスの大型水族館で、人気は毎日開催されるイルカ・アシカオーシャンライブです。バックに大洗の海を望めるホールで、ユーモラスなアシカやダイナミックなイルカの演技が見られます。

その他、水族館探検ツアーお魚のお食事タイムも見どころです。

アクアワールド茨城県大洗水族館
所在地/〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
TEL/029-267-5151
開館時間/9~17時(最終入館は閉館の1時間前)
入館料/大人2000円、小・中学生900円、3歳以上300円
交通アクセス/東水戸道路水戸大洗ICから約15分
公式ホームページ

那珂湊おさかな市場

茨城の海沿いに位置する「那珂湊おさかな市場」は、那珂湊漁港に隣接する魚市場で、毎年およそ100万人が訪れる茨城の人気観光地です。

市場にはその日の朝に水揚げされた新鮮な魚介類をリーズナブルな価格で販売する専門店街が立ち並び、旬の海鮮料理や回転すしなど、港町ならではのお食事処も多数軒を連ねています。

那珂湊おさかな市場
所在地/〒311-1221 茨城県ひたちなか市湊本町19-8
TEL/029-212-8900(那珂湊おさかな市場事務局)
駐車場/普通車:100円(4時間まで)
交通アクセス/北関東自動車道(東水戸道路)ひたちなかICから約10分
公式ホームページ

国営ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園は、開園面積約215万平方メートルの広大な都市公園です。

園内にはスイセンやチューリップ、バラ、コスモスなどの四季折々の草花や、総延長11kmのサイクリングコースバーベキュー広場などがあり、1日中遊べる公園として幅広い世代に人気があります。

そのほか、海抜100mからの眺望を楽しめる大観覧車や、25種類以上のアトラクションが揃う遊園地林間アスレチック広場なども見どころです。

国営ひたち海浜公園
所在地/茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
TEL/029-265-9001
営業時間/9時30分~17時※季節により異なる
定休日/火曜(祝日の場合は翌平日)
料金/入園大人(高校生以上)450円、中学生以下無料、65歳以上210円
プレジャーガーデン料金/のりもの券:100円分から販売
のりもの1日フリーパス:1名様 3,600円(3才以上同一料金)
交通アクセス/JR常磐線「勝田駅」から茨城交通バス約15分「海浜公園西口」下車
公式ホームページ

鹿島神宮~東国三社~

茨城の南部には、東国三社(鹿島神宮・息栖神社・香取神宮)と呼ばれる3つの神社があり、この三社を結んだ直角三角形のエリアは強力なパワースポットといわれています。

江戸時代には関東のお伊勢参り」とも言われ、多くの参拝客でにぎわいました。

鹿島神宮は、神武天皇元年創建の由緒ある神社で、日本建国・武道の神様である武甕槌大神を御祭神としています。

「御来光の道(レイライン)」の入口に位置することから、人生を転換するターニングポイントにご利益があるとされています。

▶御来光の道(レイライン)について

また、「香取神宮」は千葉県北部に位置し、千葉・北総四都市として日本遺産に認定されています。

観光モデルコースは以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

竜神大吊橋

茨城北部に位置する「竜神大吊橋」は、竜神峡に架かる観光用の歩行者専用有料橋です。

歩行者用の吊橋としては国内最大級で、バンジージャンプも楽しめることから、テレビ番組の撮影でも度々利用されています。

渓谷沿いの遊歩道では美しい渓谷の自然が見られます。紅葉の名所としても有名です。

竜神大吊橋
所在地/茨城県常陸太田市天下野2133-6
TEL/0294-87-0375
営業時間/8:30~17:00 (受付 16:40まで)
料金/大人320円 小人210円
交通アクセス/JR水郡線「常陸太田駅」よりバスで45分、竜神大吊橋下車、徒歩20分
公式ホームページ

袋田の滝

袋田の滝は、茨城県久慈郡大子町袋田にある滝です。日本三名瀑の一つ。

高さ120m、幅73mを4段に流れ落ちることから四度の滝ともいわれ、四季折々にさまざまな姿を見せてくれます。

袋田の滝
所在地/茨城県久慈郡大子町袋田3-19
TEL/0295-72-4036
営業時間/8:00~18:00 (11~4月は9:00~17:00)
料金/観瀑施設(袋田の滝トンネル)利用料
大人300円 子供150円
交通アクセス/JR水郡線「袋田駅」よりバスで10分
公式ホームページ

スポンサーリンク

茨城の観光ガイドブック ※30日間0円

茨城の観光ガイドブックは、るるぶより販売されています。

これらはKindle Unlimited初月無料トライアルを利用すれば、1ヶ月無料で購読できます。また、期間内に解約すれば利用料金は一切かかりません

通常でも月額980円るるぶ1冊分より安い料金で読み放題です。是非旅行前にKindle Unlimitedを活用してみてください。

Kindle Unlimitedで読める旅行雑誌は以下の記事で詳しく解説しています。

✅格安レンタカー予約は「楽天トラベル
全国約5000店舗の中からレンタカーを比較・検索
レンタカーは宿と一緒に予約でさらにお得に!

\定期割引クーポンでさらにお得!/
乗り捨て可能!楽天ポイントが使える&貯まる!
スポンサーリンク

茨城観光で人気の2つのホテル

茨城観光では、大洗にあるオーシャンビューのリゾートホテルでの宿泊が人気があります。

ここからは、口コミ評価が高い2つのホテルをご紹介します。

【茨城】大洗ホテル

大洗ホテルは、茨城東部の太平洋に面した海岸沿いのホテルです。

地上25mの展望浴場からは太平洋を一望でき、時間毎に変化する海景色を眺めることができます。

2年連続で楽天トラベル日本の宿アワードを受賞しています。

【茨城】大洗ホテルの口コミ評価

料金は、朝・夕食事付で13,300円から朝食付きで10,000円から宿泊できます。(2名利用時)

↓大洗ホテルの予約は以下のサイトからどうぞ。

【茨城】いそざき温泉 ホテルニュー白亜紀

ホテルニュー白亜紀は、自家源泉の天然温泉太平洋・鹿島灘の眺望が自慢のホテルです。

白亜紀の温泉は、ナトリウム塩化物泉で俗に食塩泉と呼ばれます。入浴するとその塩分が肌に付着し保温効果があります。

開放感たっぷりの露天風呂は忙しい日々の疲れを癒やし、心も体もリラックスすることができます。

4年連続で楽天トラベルアワード日本の宿アワードW受賞しています。

【茨城】ホテルニュー白亜紀の口コミ評価

料金は、朝・夕食事付で9,600円から朝食付きで6,100円から宿泊できます。(2名利用時)

↓ホテルニュー白亜紀の予約は以下のサイトからどうぞ。

スポンサーリンク

【茨城1泊2日観光モデルコース】まとめ

今回は、茨城1泊2日観光モデルコースについて解説してきました。

茨城は関東近郊からでも行きやすく、太平洋の海の幸や海水浴、レジャーも楽しめる観光地です。大洗や水戸に宿泊して1泊2日の旅行計画を立ててみてください。

時間があれば、鹿島神宮や北部の袋田の滝までドライブしてみるのもオススメです。

そのほか、関東近郊には伊豆や三浦半島、房総半島など日帰り・1泊2日で行ける観光地があります。観光モデルコースは以下の記事にまとめているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。茨城観光の参考になれば幸いです。

【関連記事】観光モデルコース

関東地方
スポンサーリンク
ジャパンワンダラー

コメント

タイトルとURLをコピーしました