山口でおすすめの観光名所30選!穴場までエリア別に徹底解説

中国地方

本州南西部に位置する山口には、岩国の錦帯橋や岩国城をはじめ、巌流島の決闘や壇之浦の合戦など、数々の歴史の舞台となってきた「下関」、毛利氏の城下町で、明治維新には多くの志士を輩出した「萩」、日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」など魅力的な観光スポットがたくさんあります。

山陽新幹線や山口宇部空港を利用すれば地方からのアクセスも便利で、東京からでも飛行機で90分ほどで行くことができます。

今回は、そんな魅力満載の山口で必ず行きたい観光名所から穴場までたっぷり解説していきます。

CHECK!全国旅行支援の期間延長について【最新情報】
楽天トラベルでは一部の県について、期間延長分の予約を開始しています。
【全国旅行支援特集ページ一覧】
じゃらん楽天トラベルYahoo! JTBるるぶANAJALHIS日本旅行

山口観光|山口県内でおすすめの観光名所

山口県内でおすすめの観光名所は以下の通りです。

錦帯橋

錦帯橋は国指定の名勝であり、日本を代表する木造橋です。延宝元年(1673)第三代岩国藩主吉川広嘉により創建されたもので、現在の橋は四代目にあたります。

錦川の清流に架かる五連のアーチを描いた木橋で、長さ193.3m幅5m。木と木の組合せによって支えられ、巻きガネとカスガイを使った「木組みの技法で造られています。

反り橋の構造は精巧かつ独創的で、現代の橋梁工学からみても非の打ちどころがないと言われています。

春は桜、夏は鵜飼いや花火の夜景、秋は城山の自然林の紅葉、冬は雪化粧と、「錦」の名の通り、四季折々の色彩豊かな景観が楽しめます。

錦帯橋
所在地/〒741-0062 山口県岩国市岩国1丁目
TEL/0827-29-5116
営業時間/8:00~17:00(観光シーズン18:00まで 夏期19:00まで)
※24時間入橋は可能ですが、22:00からは消灯しています。
※料金所に人がいない時間は、夜間料金箱に料金を入れてお渡りください。
渡橋料/大人310円 小人150円
交通アクセス/JR山陽本線岩国駅からバスで20分
公式ホームページ

岩国城

「岩国城」は、初代藩主吉川広家によって1608年に作られた三層四階の桃山風南蛮造りの山城です。眼下を流れる錦川を天然の外堀にし、標高約200mの城山山頂に位置していました。

築城後8年で一国一城制により取り壊され、現在の天守は昭和三十七年に再建されたもの。天守内には、錦帯橋の精密模型、写真、刀剣や書画類などを展示しており、4階の展望台からは市内の眺望を楽しむことができます。

岩国城
所在地/〒741-0081 山口県岩国市横山3丁目
TEL/0827-41-1477
営業時間/9:00~16:45(入館16:30まで)
岩国城(天守閣)入城料金
大人(中学生以上)270円、小学生 120円
交通アクセス/JR山陽本線岩国駅からバスで20分
公式ホームページ

下関・門司港

下関は、港湾都市として栄えた山口最大の都市です。

幕末前後から明治・大正時代にかけての歴史遺産や、宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘したと伝えられる巌流島が見どころです。

一方、門司港は九州の玄関口にあり、外国航路の拠点および貿易港として発展した町です。

海沿いの倉庫群や歴史的建造物、ホテル・商業施設などが大正レトロ調に整備された観光スポットがあります。

観光ガイド
観光ガイド

下関観光では、関門海峡で繋がるこの2つの町を1日かけての周遊観光が人気です。

さらに詳しくはこちらをどうぞ。
山口観光|下関でおすすめの観光名所
山口観光|門司港でおすすめの観光名所

福徳稲荷神社

山口西部に位置する「福徳稲荷神社」は、地元の人々から犬鳴のお稲荷さんとして親しまれている由緒ある神社です。

「開運」「商売繁盛」「航海安全」「学業成就」「交通安全」「豊漁」の御利益があるといわれています。

素晴らしい景観を持つ神社として知られ、朱色の大鳥居越しに響灘の碧い海が広がります。

観光ガイド
観光ガイド

境内の『開運鳥居』とも呼ばれる千本鳥居も見事です。

福徳稲荷神社
所在地: 〒759-6303 山口県下関市豊浦町大字宇賀2960−1
電話: 083-776-0125

角島大橋

角島と本州を結ぶ「角島大橋」は、2000年に開通し、2003年に「土木学会デザイン賞2003」の優秀賞を受賞した橋です。

景観の美しさから山口の新たな観光名所となり、自動車などのテレビCMのロケ地として多く採用されています。

角島では、角島大橋のドライブと共に、島散策を楽しみましょう。

観光ガイド
観光ガイド

御影石造りの角島灯台や、県内随一の透き通った美しいビーチである「コバルトブルービーチが見どころです。

また、角島では温泉が楽しめるホテル西長門リゾートでの宿泊が人気です。

絶景のオーシャンビューと展望露天風呂が特徴で、料金は素泊まりで7,800円からととてもリーズナブルです。

↓詳細は以下のサイトをチェックしてみてください。

元乃隅神社

山口北部に位置する「元乃隅神社」は、1955年に、地域の網元であった岡村斉さんの枕元に白狐が現れ吾をこの地に鎮祭せよ。」というお告げがあったことで建立された神社です。

商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神として地域の人々の信仰を集めています。

昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が100メートル以上に渡り並んでおり、そこから見る鳥居の“朱”と、海の“青”のコントラストは絶景です。

観光ガイド
観光ガイド

また、高さ約6mの大鳥居の上部の賽銭箱に見事、賽銭を投げ入れることができたら願い事が叶うと言われています。

アメリカのテレビ局「CNN」の調査で日本で最も美しい場所31」のひとつに選出されたことがきっかけで、外国人を含む観光客の参拝が急増しました。

元乃隅神社
所在地: 〒759-4712 山口県長門市油谷津黄498
時間:5時30分~17時30分
電話: 0837-26-0708

長門湯本温泉

長門湯本温泉は「美肌の湯」として知られ、山口ではもっとも古い歴史をもつ温泉です。

開湯は室町時代の1427年であるとされ、音信川(おとずれがわ)沿いに温泉街が広がっています。

長門湯本温泉では、明治14年創業の「大谷山荘が口コミ評価の高い人気の温泉旅館です。

長州藩主も湯治に訪れた長門湯本温泉で、日帰り入浴だけでも楽しみましょう。

↓大谷山荘詳細は以下のリンクをチェックしてみてください。

萩は、江戸時代に毛利氏が治める長州藩の本拠地となった町です。幕末から戦前にかけては政財界に関係する人物を多く輩出し、明治の時代に大きな影響を与えました。

2015年には「明治日本の産業革命遺産」のひとつとして萩城下町」が世界遺産に登録されています。

観光の見どころは、吉田松陰の私塾である「松下村塾や藩校であった萩・明倫学舎、日本に現存する貴重な反射炉で世界遺産にも登録されている萩反射炉などです。

さらに詳しくはこちらをどうぞ。
山口観光|萩でおすすめの観光名所

秋芳洞・秋吉台

秋芳洞は、秋吉台の地下100-200mにある鍾乳洞です。鍾乳洞としては日本最大規模。特別天然記念物。

洞内の観光コースは約1kmです。温度は四季を通じて17℃で一定し、夏涼しく冬は温かく、快適に観光できます。

観光ガイド
観光ガイド

観光所要時間の目安は約60分(往復約90分)です。

そして、隣接する「秋吉台」は、日本最大級のカルスト台地です。

1955年に国定公園(秋吉台国定公園)に、1964年に特別天然記念物に指定されています。

この秋吉台の雄大な景観を作っている石灰石は、およそ3億5千万年前に南方の海でサンゴ礁として誕生し、それから長い年月を経て現在のようなカルスト台地を形成しました。

秋吉台の歴史ある大地での自然散策を楽しみましょう。

秋芳洞(入場料1,300円)
所在地: 〒754-0511 山口県美祢市秋芳町秋吉秋吉台
時間:8時30分~17時30分
電話: 0837-62-0305

瑠璃光寺五重塔

瑠璃光寺(るりこうじ)は、山口市香山町にある曹洞宗の寺院です。境内は香山公園と呼ばれ、桜や梅の名所にもなっています。

国宝である瑠璃光寺五重塔は、応永6年(1399)の応永の乱で命を落とした大内義弘の菩提を弔うために、弟の盛見が建立を計画。嘉吉2年(1442)に完成したといわれています。

日本三名塔の一つで、大内文化の最高傑作と称される建築物です。

観光ガイド
観光ガイド

夜間は日没から22:00までライトアップされています。夜の瑠璃光寺も

人気です。

瑠璃光寺五重塔
所在地: 〒753-0095 山口県山口市木町1−28
電話: 083-934-6630

山口観光|萩でおすすめの観光名所

山口の人気観光地”萩”でおすすめの観光名所は以下の8か所です。

萩城跡・萩城跡指月公園

萩城は、毛利輝元が広島城に代わる新たな居城として慶長9年(1604)に築城した平山城です。別名は指月城

明治7年(1874)前年に発布された廃城令によりに天守閣、矢倉などの建物は全て解体され、現在は石垣と堀の一部が昔の姿をとどめています。

城跡は指月公園として整備され、国の史跡に指定されています。春にはおよそ600本のソメイヨシノが咲き誇る桜の名所です。

萩城跡指月公園
所在地/〒758-0057 山口県萩市堀内1-1
TEL/0838-25-1826(指月公園料金所)
営業時間
8:00~18:30(4月~10月)
8:30~16:30(11月~2月)
8:30~18:00(3月)
料金/大人220円、中学生以下100円
交通アクセス/JR東萩駅から徒歩で30分
関連サイト

高杉晋作誕生地

高杉晋作誕生地では、高杉晋作が生まれ育った家の南側半分が公開されています。

旧宅内には晋作の写真や書などの展示、邸内には自作の句碑「西へいく 人をしたひて 東行く 心の底そ 神や知るらん」や産湯の井戸があります。

高杉晋作誕生地
所在地/〒758-0077 山口県萩市南古萩町23
TEL/0838-22-3078
営業時間/9:00~17:00
料金/大人・大学生 100円、高校・中学生 50円、小学生無料
交通アクセス/萩循環まぁーるバス(西回り)「萩博物館前」バス停より徒歩5分
公式ホームページ

菊屋横町・菊屋横丁

菊屋横町は、菊屋家住宅の脇を通る全長0.5kmの通りの通称で、国指定史跡・日本の道100選に選定されています。

江戸時代当時の景観を良く残しており、萩市を象徴する道として、旅番組、ドラマ、映画に頻繁に登場しています。

木戸孝允旧宅

木戸孝允旧宅は、幕末維新の三傑の一人で、桂小五郎の名でも知られる「木戸孝允」が生まれてから江戸に出るまでの約20年間を過ごした木造瓦葺の2階建ての家です。

中では、誕生の間や幼少時代の手習いの書を表装した掛け軸、写真などが展示され、当時のままの姿をよく残しています。

木戸孝允旧宅
所在地/〒758-0072 山口県萩市呉服町二丁目37
TEL/0838-25-3139 (萩市観光課)
営業時間/9:00~17:00
料金/ 100円(小学生未満は無料)
交通アクセス/東萩駅から徒歩で25分
関連HP萩市観光協会公式ホームページ

萩・明倫学舎

萩藩の教育や人材育成の中枢を担った「藩校明倫館」。その跡地に建築され、国の登録有形文化財に登録された本館を含む旧明倫小学校の日本最大の木造校舎群を改修整備したのが「萩・明倫学舎」です。

展示・飲食・物販・観光インフォメーションなどを備えた萩の観光拠点として、昭和30年頃のなつかしい学び舎を復元。「世界遺産ビジターセンター」や「幕末ミュージアム」などがあり、藩校明倫館の展示や、旧明倫小学校の歴史を紹介しています。

明倫学舎
所在地/山口県萩市江向602(旧明倫小学校)
TEL/0838-21-0304
営業時間/9:00~17:00
レストランは11:00~15:00、18:00~21:00※ディナーは予約制のコース料理
カフェは11:00~17:00
料金/本館:無料、2号館/有料
大人・大学生 300円、高校生 200円、中学・小学生100円 
交通アクセス/萩循環まぁーるバス(西回り・東回り)「萩・明倫センター」バス停より徒歩1分
公式ホームページ

松下村塾

吉田松陰を祀る松陰神社境内に位置する「松下村塾」は、幕末期に吉田松陰が主宰した私塾です。

身分や階級にとらわれず塾生として受け入れ、わずか1年余りの間でしたが、明治維新の原動力となり、明治新政府に活躍した多くの逸材を育てました

建物は木造瓦葺き平屋建ての小舎で、当初からあった八畳と、十畳半の部分からなっています。そのほか、境内には松陰ゆかりの史跡なども点在しています。

松下村塾
所在地/〒758-0011 山口県萩市椿東松本市1537
TEL/0838-22-4643
営業時間/外観のみ見学自由
交通アクセス/萩循環まぁーるバス(東回り)「松陰神社前」バス停より徒歩1分
公式ホームページ

道の駅 萩しーまーと

「道の駅 萩しーまーと」は、萩沖の魚介類が水揚げされる漁港、魚市場に隣接している生鮮市場です。

新鮮な魚介や近郊でとれた農産物など、旬の食材をお手頃価格で販売しており、海産物・練り製品や、新鮮野菜・地元産品の販売、夏みかん製品、萩名物の「蒸気まんじゅう」なども販売しています。

また、館内では3つの海鮮レストランで海鮮丼や定食など旬の地魚を使った魚介料理を楽しむことができるほか、鮮魚売場で購入した魚介類を館内食堂に持ち込んで、お好みの調理方法で召し上がることもできます。

道の駅 萩しーまーと
所在地/山口県萩市椿東字4160-61
TEL/0838-24-4937
営業時間/9:30~18:00(金土日祝9:00~18:00)、レストラン/9:30~18:00
交通アクセス/山陰本線「東萩駅」から萩循環まぁーるバス「萩しーまーと」下車
公式ホームページ

萩反射炉

萩反射炉は、世界遺産に登録された反射炉の遺跡です。現存するのは、萩反射炉と韮山反射炉(静岡県伊豆)のみで、近世の反射炉として貴重な遺構とされています。

反射炉は、金属融解炉の一種で18世紀から19世紀にかけて鉄の精錬に使われました。日本では主に洋式の野砲の砲身を鋳造するために反射炉が作られています。

萩反射炉は、24時間自由に見学できます。

萩反射炉
所在地/山口県萩市椿東4897-7
TEL/0838-25-3380 (萩市世界文化遺産室)
営業時間/見学自由
交通アクセス/萩循環まぁーるバス(東回り)「萩しーまーと」バス停より徒歩約5分
公式ホームページ

山口観光|下関でおすすめの観光名所

山口の人気観光地”下関”でおすすめの観光名所は以下の8か所です。

関門トンネル人道

昭和33年3月9日に開通した「関門トンネル人道」は、関門海峡を繋ぐ、全長780mの歩行者用海底トンネルです。

海底に伸びるトンネルは上下に区切られ、上は車道、下は徒歩で通行できるようになっています。所要時間は約15分ほど。

トンネルの中ほどには福岡県と山口県の県境の標識があり、珍しい海底の県境として有名です。

関門トンネル
所在地/下関市みもすそ川町
TEL/083-222-3738
通行可能時間/6:00~22:00
料金/歩行者:無料、自転車・原付:20円
※軽車両の場合は押して歩きます
交通アクセス/JR下関駅からバス12分「御裳川」下車、すぐ
公式ホームページ

火の山展望台

瀬戸内海・日本海・関門海峡を一望できる火の山展望台。はるか昔、山頂に敵の襲来を都に知らせるための狼煙台が設けられていたことが名前の由来です。

1890年(明治23年)には山頂に砲台が置かれ、重要な軍事拠点として使用されました。また第2次世界大戦後まで入山が禁じられていた場所でもあります。

夜景は日本夜景遺産に認定。展望台までは車とロープウェイ、徒歩(トレッキング)で上がることが出来ます。

火の山展望台
所在地/〒751-0813 山口県下関市みもすそ川町7-14
TEL/083-231-4138

火の山パークウェイ
料金
/無料
通行時間/8:00~22:00(11月~2月は21:00まで)

火の山ロープウェイ利用料金
大人片道310円(往復520円)
小人片道150円(往復260円)
火の山ロープウェイ営業時間
10:00~17:00(00分、20分、40分)
※変更になる場合があります
定休日/火曜・水曜日※8月13日、8月14日は除く
TEL/083-231-1351
公式ホームページ

壇ノ浦古戦場跡

壇之浦古戦場は、寿永4年(1185)源氏と平家の最後の戦いとなった源平の合戦場跡です。

二位尼に抱かれた安徳天皇はわずか8歳にして壇ノ浦の海へ入水し、平家は滅亡。この後、源氏は鎌倉幕府を開き、江戸時代まで続く武家社会が始まりました。

みもすそ川公園内には「源義経・平知盛両雄の像」が建てられているほか、像の除幕式に参加された滝沢秀明さん(NHK大河ドラマ義経役)中越典子さん(同 建礼門院役)の“手形”や、下関戦争で活用されたとされる長州藩の砲台のレプリカなどが置かれています。

壇ノ浦古戦場跡
所在地/〒751-0813 山口県下関市みもすそ川町21−1番
TEL/083-231-1350
交通アクセス/JR下関駅からバスで12分、「御裳川」バス停下車

赤間神宮

「赤間神宮」は、平安時代末期(1185年)に起きた壇ノ浦の戦いにおいて、二位の尼に抱かれて入水された幼帝「安徳天皇」を祀った神社です。

白壁に朱塗の「水天門」は、”竜宮造”という珍しい様式の門で、1957年(昭和32年)に竜宮城をイメージして建立されました。

境内には平家一門の墓や、歴史資料を所蔵する宝物殿などがあるほか、「耳なし芳一物語」の舞台となった地でもあることから、耳なし芳一を祀る「芳一堂」もあります。

赤間神宮
所在地/〒750-0003 山口県下関市阿弥陀寺町4−1
TEL/083-231-4138
【宝物殿】
見学料金/100円
時間/9:00~17:00
交通アクセス/JR下関駅からバス10分「赤間神宮前」下車すぐ
公式ホームページ

唐戸市場・活きいき馬関街

唐戸市場は、フクをはじめ、タイやハマチの水揚げでも有名な下関市の市場です。一般の方も実際のセリの様子を見学できたり、新鮮な魚を安く手に入れることができます。

また、毎週末(金曜、土曜、日曜)と祝日には、唐戸市場の1階で海鮮屋台街「活きいき馬関街」を開催。新鮮な食材を使った握り寿司や”だし”たっぷりの味噌汁ふく刺から揚げなどを屋台感覚で購入できます。

唐戸市場・活きいき馬関街
所在地/〒750-0005 山口県下関市唐戸町5-50
TEL/083-231-0001
営業時間
活きいき馬関街:金曜・土曜 10:00~15:00 / 日曜・祝日 8:00~15:00
唐戸市場:平日・土曜 5:00~15:00 / 日曜・祝日 8:00~15:00
休業日/水曜日(不定休)、お盆、年始
交通アクセス/JR下関駅からバスで7分、「唐戸」バス停から徒歩で3分
公式ホームページ

市立しものせき水族館 海響館

「下関市立しものせき水族館 海響館」は、総水量2,400トン、65の水槽に魚など500種20,000点の水族たちが展示されている中国地方最大級の水族館です。

日本唯一のシロナガスクジラ全身骨格標本や、トラフグなどの世界中のフグが100種類以上展示されているほか、関門海峡を再現した瀬戸内海水槽ではトンネル状で海底散策気分が味わえます。

さらに、躍動感あふれるペンギンたちが見られる「ペンギン村」や、イルカとアシカの共演ステージがあるなど見どころ満載です。

下関市立しものせき水族館・海響館
所在地/〒750-0036 山口県下関市あるかぽーと6番1号
TEL/083-228-1100
開館時間/9:30~17:30※繁忙期は時間を変更有
入館料/大人2,090円 小・中学生940円 幼児410円
交通アクセス/JR下関駅からバスで7分、「唐戸」バス停から徒歩で3分
公式ホームページ

巌流島

巖流島は、関門海峡に浮かぶ面積約10.3万㎡の無人島です。慶長17年(1612)4月13日、剣豪宮本武蔵と秘剣「燕返し」の佐々木小次郎が決闘したといわれています。

正式名称は船島ですが、敗れた小次郎の流派名をとり「巌流島」と呼ばれています。

周囲1.6kmの小島には、宮本武蔵と佐々木小次郎の像をはじめ、浮桟橋や人工海浜、散策道などを整備。1日10便ほど運行している唐戸桟橋からの直行便で気軽に渡ることができます。

巌流島
所在地/〒750-0075 山口県下関市大字彦島字船島
TEL/083-222-1488(関門汽船株式会社)
料金/ 直行便往復大人900円、小人450円
交通アクセス/唐戸桟橋から船で10分
巌流島連絡船公式ホームページ

海峡ゆめタワー

平成8年(1996年)7月に関門海峡のランドマークとして誕生した「海峡ゆめタワー」は、下関市内を360°美しく見渡せる展望台です。

高さは西日本でも有数の153m。世界初の球形総ガラス張りの展望室からは、瀬戸内海、関門海峡、巌流島、九州の連山そして響灘(日本海)と360度の雄大なパノラマが一望に広がります。

夜になると宝石のような関門海峡の夜景が眼下に広がり、季節・曜日によって変化するライトアップも必見。また、29階には眺望抜群のカフェレストランが入り、28階には恋人の聖地・縁結び神社などを備えています。

海峡ゆめタワー
所在地/〒750-0018 山口県下関市豊前田町3丁目3-1
TEL/083-231-5877
開館時間/9:30~21:00(閉館21:30)
入場料/大人600円、小人(小・中学生)/300円、高校生/300円
交通アクセス/JR山陽本線下関駅から徒歩7分
公式ホームページ

また、下関での宿泊は、駅周辺にリーズナブルな価格で泊まれるビジネスホテルが点在しています。

なかでも人気があるのが下関駅西ワシントンホテルプラザです。清潔で機能的なお部屋にふかふかの羽毛布団とVODシステム、加湿空気清浄機を完備しています。

最安料金は3,450円(税込)から宿泊できます。

そのほか、最上階のサウナ付・天然温泉大浴場が自慢のドーミーインPREMIUM下関(最安3,500円から)」や、JR下関駅東口より徒歩3分のヴィアイン下関(最安3,000円から)」も人気があります。

↓詳細・予約は以下リンクから。合わせてチェックしてみてください

山口観光|門司港でおすすめの観光名所

山口の下関に隣接する人気観光地”門司港”でおすすめの観光名所は以下の6か所です。

門司港レトロ地区

門司港レトロは、JR門司港駅周辺に残る外国貿易で栄えた時代の建造物を中心に、ホテル・商業施設などを大正レトロ調に整備した観光スポットです。

シンボル的存在の「門司港駅」をはじめ、アインシュタインが宿泊した迎賓館「旧門司三井倶楽部」、「旧九州鉄道本社(現九州鉄道記念館)」などを保存、公開。ノスタルジックな雰囲気を味わいながら、グルメ、ショッピングと散策が楽しめます。

門司港レトロ地区
所在地/〒801-0852 福岡県北九州市門司区9
TEL/093-321-4151
交通アクセス/JR門司港駅徒歩すぐ
公式ホームページ

門司港駅

JR門司港駅は、1914年(大正三年)に建てられた九州で二番目に古い木造駅です。1988年(昭和63年)には鉄道駅舎として初めて国の重要文化財に指定されました。

木造二階建ての駅舎は、ネオ・ルネッサンス様式といい、左右対称の造りが特徴的で「門」を表現している、または、ローマのテルミニ駅をモデルにしたともいわれています。

駅舎構内には九州鉄道の起点を表す「0哩(ゼロマイル)標」、門司港に帰り着いた引揚者や復員兵が安堵の思いで喉を潤した「帰り水」、戦時中の金属供出から逃れた「幸運の手水鉢」等、歴史のエピソードに飾られた見所が満載です。

また駅舎の横には、関門連絡船就航当時に駅から桟橋までの約100mを結んでいた「関門連絡船通路跡」が残されています。

門司港駅
所在地/北九州市門司区西海岸1-5-31
TEL/093-321-6110
公式ホームページ

海峡プラザ

1999年に誕生した「海峡プラザ」は、門司港レトロの中心にある複合商業施設です。

門司港ならではのお土産、海産物、雑貨、お菓子類などのお店がずらっと立ち並ぶほか、レストランでは焼カレー瓦そばなどのご当地グルメが楽しめます。

海峡プラザ
所在地/〒801-0852 福岡県北九州市門司区港町5−1
TEL/093-332-3121
営業時間/物販 10:00〜20:00
飲食 11:00〜22:00
交通アクセス/JR門司港駅より徒歩約2分
公式ホームページ

旧門司三井倶楽部

旧門司三井倶楽部は、大正10(1921)年に三井物産の宿泊施設・社交倶楽部として建設された建物です。JR門司港駅と同様に国の重要文化財に指定されています。

建物はハーフティンバー様式と呼ばれるヨーロッパ伝統の木造建築工法で作られたもの。内装には各部屋にマントルピース(暖炉)が配置されドア枠、窓枠、大階段の親柱などには幾何学模様のアールデコ調の飾りがあしらわれています。

大正11年に講演旅行で来日したアインシュタイン博士も三井倶楽部に宿泊しており、実際に泊まった部屋は当時のまま再現されています。

旧門司三井倶楽部
所在地/〒801-0852 福岡県北九州市門司区港町7-1
TEL/093-321-4151
営業時間/9:00〜17:00(入館は16:30まで)
料金/2階のみ有料、大人150円、小中学生70円
交通アクセス/JR門司港駅より徒歩約2分
公式ホームページ

九州鉄道記念館

九州鉄道記念館は、明治24年に建てられた旧九州鉄道本社の赤煉瓦ビルを修復して造られた博物館です。

館内には九州を舞台としたパノラマ鉄道模型や、かつて活躍していた車両や備品、列車にまつわる昔の制服、駅弁など様々なアイテムを展示。

屋外にはSLをはじめ、ブルートレインの寝台車、懐かしい特急電車などの実物展示があるほか、ミニ鉄道公園では、複線や信号機など本格的な設備で、本物の列車と同じような運転体験ができます。

九州鉄道記念館
所在地/北九州市門司区清滝2丁目3-29
TEL/093-322-1006
営業時間/9:00〜17:00※入館は16:30まで
定休日/第2水曜日(但し、8月は除く)
※祝日の場合翌日休み ※7月は第2水曜日・木曜日
料金/大人300円、4歳〜中学生150円、4歳未満は無料
※ミニ列車は1台1回300円
交通アクセス/JR門司港駅より徒歩約3分
公式ホームページ

旧門司税関

旧門司税関は、明治42年(1909)に門司税関が発足したのをきっかけに、明治45(1912)年に税関庁舎として建設された建物です。

1階は天井吹き抜けの広々としたエントランスホール、休憩室、喫茶店「モーン・デ・レトロ」のほか、常設の門司税関広報展示室があり、密輸の手口などを紹介。3階は関門海峡を行き交う船やはね橋を一望できる展望室となっています。

旧門司税関
所在地/北九州市門司区東港町1-24
TEL/093-321-4151
営業時間/9:00〜17:00
料金/無料
交通アクセス/JR門司港駅より徒歩約8分
公式ホームページ

また、門司港エリアでの宿泊は、プレミアホテル門司港が人気があります。

関門海峡の絶景を望むデザイナーズホテルで、門司港駅から徒歩2分九州の味覚が堪能できる朝食バイキングが付いています。最安料金は3,800円(税込)からです。

【山口でおすすめの観光名所一覧】まとめ

今回は、山口でおすすめの観光名所について詳しく解説してきました。

山口県までは山陽新幹線や山口宇部空港を活用して、現地ではレンタカーを借りると短期間でも充実した旅行になるはずです。宿泊は各地の温泉地で旅の疲れを癒しましょう。

今回は以上です。山口観光の参考になれば幸いです。

楽天トラベルスーパーSALE開催中!全国旅行支援と併用が可能!!12/15(木)23:59まで!
お得な限定クーポンをGET!
楽天トラベルスーパーSALE開催中!全国旅行支援と併用が可能!!12/15(木)23:59まで!
お得な限定クーポンをGET!
タイトルとURLをコピーしました