【宮島観光モデルコース】日帰りで巡る厳島神社と8つの観光名所

スポンサーリンク
中国地方
スポンサーリンク

西日本の広島湾に浮かぶ「宮島」は、神宿る島として古くから島そのものが信仰の対象になっていたという周囲約30kmの小さな島です。

海に浮かぶ大きな赤い鳥居が印象的な「厳島神社」が有名で、宮島の最高峰の「弥山」や、紅葉が美しい「紅葉谷公園」などの観光名所があり、表参道商店街では宮島名物の牡蠣や穴子、もみじ饅頭などのご当地グルメが楽しめます。

今回は、そんな宮島を日帰りで巡る観光モデルコースについて解説していきます。

この記事を読むと、宮島で行きたい観光名所と人気の宿泊施設が理解できるので是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

宮島日帰り観光モデルコース

ではまず、宮島を日帰りで巡る観光モデルコースをご紹介します。

宮島日帰り観光モデルコースは以下の通りです。

宮島日帰り観光モデルコース

宮島日帰り観光モデルコースは、宮島桟橋から出発して、宮島表参道商店街、御笠浜石鳥居を通って嚴島神社を観光していきます。

そのあとは、宮島水族館や大聖院を巡り、弥山展望台までロープウェイで向かいましょう。所要時間は3~4時間ほど。宮島は半日観光が楽しめるので時間には余裕を持って訪れてください。

スポンサーリンク

宮島の観光の見どころ

宮島の主要観光スポットは以下の通りです。

宮島の主要観光スポット

  • 宮島表参道商店街
  • 豊国神社(千畳閣)・五重塔
  • 嚴島神社
  • 宮島歴史民俗資料館
  • みやじマリン 宮島水族館
  • 大聖院
  • 紅葉谷公園
  • 弥山展望台

宮島の観光の見どころは、国宝である「嚴島神社」のほか、豊臣秀吉が建立を命じた「豊国神社」、宮島表参道商店街での食べ歩き、パワースポットとしても注目されている「弥山」でのハイキングです。

嚴島神社の鳥居は、干潮時には徒歩で近くまで参拝でき、満潮時は海に浮かぶ幻想的な姿を眺めることができます。※夏には満潮になりやすく、冬には干潮になりやすい。

満潮・干潮の時間帯は宮島観光案内サイトやフェリー乗り場の入り口で告知されているので、宮島・厳島神社を訪れる際はチェックしておいてください。

そのほか、宮島近郊には広島や山口などの魅力的な観光地が隣接しています。人気のホテルや観光モデルコースは以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

宮島観光|行き方・交通アクセス

宮島へは宮島口よりフェリーで約10分。宮島口~宮島桟橋は、約15分間隔でJR西日本宮島フェリーと宮島松大汽船が運行しています。運賃は片道 大人180円、小人90円です。

JR広島駅からは山陽本線で宮島口駅まで約25分です。車でお越しの方は、宮島口地区の駐車場が利用できますが、観光シーズンにはたいへん混雑するので注意が必要です。→宮島口地区駐車場情報

✅格安レンタカー予約は「楽天トラベル
全国約5000店舗の中からレンタカーを比較・検索
レンタカーは宿と一緒に予約でさらにお得に!

\定期割引クーポンでさらにお得!/
乗り捨て可能!楽天ポイントが使える&貯まる!
スポンサーリンク

宮島モデルコースで訪れたい観光名所

では、ここからは上記モデルコースで行ける宮島の観光名所をそれぞれ解説していきます。

宮島表参道商店街

宮島表参道商店街は、別名「清盛通り」とも呼ばれる、宮島の中で最も賑やかな通りです。

宮島桟橋から厳島神社へ約300m続く通りには、宮島杓子やもみじ饅頭などの特産品を取り扱う土産物屋や、焼き牡蠣やあなごを食べられるお店が立ち並び、食べ歩きや買い物を楽しめます。

また、商店街の一角には世界一の大きさを誇る大杓子が展示してあります。

宮島表参道商店街
所在地/〒739-0588 広島県廿日市市宮島町
TEL/0829-44-2011(一般社団法人宮島観光協会)
交通アクセス/宮島桟橋から徒歩約5分
公式ホームページ

豊国神社(千畳閣)・五重塔

豊国神社は、豊臣秀吉が毎月一度千部経を読経するため建立を命じた大経堂です。島内では最も大きな木造建築物で、畳857枚分の広さがあることから「千畳閣」と呼ばれてきました。

工事の途中で秀吉が死去したため、天井の板張り、正面入口などが未完成のまま現在に至っています。

また、千畳閣の隣に建つ五重塔は、和様と唐様を巧みに調和させた建築様式で、桧皮葺の屋根と朱塗りの柱や垂木のコントラストが美しい塔です。

毛利元就と陶晴賢が戦った厳島合戦では、陶軍が陣を構えた場所としても知られています。

豊国神社(千畳閣)
所在地/廿日市市宮島町1−1
TEL/0829-44-2020(嚴島神社)
開門時間/8時30分~16時30分(年中無休)
料金/100円(中・小学生50円)
交通アクセス/宮島桟橋から徒歩約10分

嚴島神社

厳島神社は瀬戸内海の島を背後にして、その入江の海のなかに木造建物が建ち並ぶ日本でも珍しい神社です。

推古天皇元(593)年に佐伯鞍職により創建され、仁安3(1168)年に平清盛によって、現在の姿に改められました。

厳島神社の建造物は本社本殿、回廊東廻廊、廻廊西廻廊など6棟が国宝に、豊国神社本殿、大鳥居、多宝塔、五重塔など11棟3基が国の重要文化財に指定。1996年には世界遺産に認定されました。

干潮の時には16mの高さを持つ大鳥居を通り抜けることができ、満潮の時は海に浮かぶ社殿を眺めることができます。

嚴島神社
所在地/広島県廿日市市宮島町1-1
TEL/0829-44-2020
営業時間/6:30~18:00(閉門、時期により異なる)
料金/拝観大人300円(宝物館との共通券500円)
交通アクセス/宮島桟橋から徒歩約10分
公式ホームページ

宮島歴史民俗資料館

宮島歴史民俗資料館は、嚴島神社や平清盛の魅力、独特の文化を育んできた宮島の歩みを分かりやすく伝える歴史館です。

江戸時代後期から明治期にかけて醤油の醸造を営み、豪商といわれた旧江上家の主屋と土蔵を展示施設の一部に利用しており、その一部は国の登録有形文化財となっています。

宮島歴史民俗資料館
所在地/〒739-0533 広島県廿日市市宮島町57
TEL/0829-44-2019
営業時間/9:00~17:00(入館は16:30)
定休日/月曜日(祝日・振り替え休日の場合は翌日)、12月26日~31日
料金/一般 300円、高校生 170円、小・中学生 無料、高齢者(65歳以上) 150円
交通アクセス/宮島桟橋から徒歩約20分
公式ホームページ

みやじマリン 宮島水族館

宮島水族館は、海の生きものをより身近に感じられる参加・体験型の水族館で、瀬戸内海の生き物を中心に約350種13000点以上の魚や海獣などを展示しています。

希少なスナメリやペンギン、トド、カワウソなど愛らしい動物たちの展示が人気で、ライブプールでは毎日アシカのショーも行われています。

宮島水族館
所在地/広島県廿日市市宮島町10-3
TEL/0829-44-2010
営業時間/9~17時(16時最終入館)
料金/一般(高校生を含む)1400円、小・中学生700円、幼児400円、4歳児未満無料
交通アクセス/宮島桟橋から徒歩約23分
公式ホームページ

大聖院

宮島にある寺院で最も歴史が深いのが、真言宗御室派(総本山仁和寺)の大本山大聖院です。

空海が唐より帰朝後宮島に渡り弥山にて修行なされ、西暦806年(大同元年)開基。島内仏教信仰の中心となり、弥山の弘法大師が求聞持の秘法を修めた遺跡を管轄しています。

大聖院
所在地/〒739-0592 広島県廿日市市宮島町210
TEL/0829-44-0111
開門時間/8:00~17:00
交通アクセス/宮島桟橋から徒歩約30分
公式ホームページ

紅葉谷公園

紅葉谷公園は、江戸時代からあったいくつかの寺院跡地を公園化したもので、昔はこの辺りは「寺谷」と呼ばれ、多くの寺院が集まっていました。

天然記念物に指定されている弥山原始林の麓にあり、紅葉の頃はもちろん、新緑のモミジもとても美しく、清々しい空気を体中に取り込みながらゆっくりと散策を楽しめます。

紅葉谷公園
所在地/〒739-0541 広島県廿日市市宮島町紅葉谷
交通アクセス/宮島桟橋から徒歩約20分

弥山展望台

弥山(みせん)は、宮島の最高峰で、標高は535m。島全体が神聖視されていた宮島では弥山も信仰の対象であり、806年に弘法大師が開基したとされています。

展望台からは瀬戸内海や四国連山などの景観を一望でき、国の天然記念物である弥山原始林という特異な植生も見ることができます。

また近年はパワースポットとしても人気で、奇岩怪石や、弥山本堂など由緒ある史跡など見どころも多いです。

宮島ロープウエー
所在地/〒739-0522 広島県廿日市市宮島町紅葉谷公園
TEL/0829-44-0316(広島観光開発株式会社)
営業時間
12月~2月 9:00~16:30 下り最終時間17:00
3月~10月 9:00~17:00 下り最終時間17:30 ※11月は8:00~
料金
往復 大人1,840円、小人920円
片道 大人1,010円、小人510円
交通アクセス/宮島桟橋から徒歩約25分
公式ホームページ

スポンサーリンク

宮島の観光ガイドブック ※30日間0円

宮島の観光ガイドブックは、広島版るるぶ”と”まっぷる”よりそれぞれ販売されています。

これらはKindle Unlimited初月無料トライアルを利用すれば、1ヶ月無料で購読できます。また、期間内に解約すれば利用料金は一切かかりません

通常でも月額980円るるぶ1冊分より安い料金で読み放題です。是非旅行前にKindle Unlimitedを活用してみてください。

Kindle Unlimitedで読める旅行雑誌は以下の記事で詳しく解説しています。

✅格安レンタカー予約は「楽天トラベル
全国約5000店舗の中からレンタカーを比較・検索
レンタカーは宿と一緒に予約でさらにお得に!

\定期割引クーポンでさらにお得!/
乗り捨て可能!楽天ポイントが使える&貯まる!
スポンサーリンク

宮島観光で人気の宿泊施設

宮島観光では、以下の3つのホテルが評価が高く人気があります。

宮島 ホテル菊乃家

宮島 ホテル菊乃家は、宮島の山側の高台にあり、海側の部屋からは厳島神社大鳥居が臨める絶景のロケーション。早朝には美しい朝焼け、夜にはライトアップされた大鳥居の眺望が楽しめます。

3年連続で楽天トラベルアワードを受賞している評価の高い宿で、日本の宿アワードW受賞もしています。最安料金は7,040円(税込)から宿泊できます。

宮島潮湯温泉 錦水館

宮島潮湯温泉 錦水館は、創業100年を越える宮島の老舗旅館で、宮島桟橋より徒歩5分。目の前には穏やかな瀬戸内海と、宮島のシンボルである大鳥居を望む絶景が広がります。

自家源泉100%の天然温泉は「放射能ナトリウム塩化物鉱泉」。海水成分の溶け込んだ潮陽で、神経痛や冷え性などに幅広い効能が得られます。

最安料金は11,000円(税込)から。楽天トラベル日本の宿アワードでは各都道府県1位の「TOP47」に輝いています。

ホテル宮島別荘

宮島浅橋から徒歩1分の「ホテル宮島別荘」は、2017年9月に宮島にグランドオープンした新しいホテルです。

お部屋と5階の畳敷き展望大浴場からは、眼下に海の景色を一望。夕食は、地元食材をふんだんに使ったブッフェ形式でアルコールを含めた飲み放題付き。朝食ブッフェには毎朝焼き上げたパンを使ったフレンチトーストを提供しています。

最安料金は9,900円(税込)から。地産地消ビュッフェ&朝ごはんフェスティバル2019中国エリア1位にも輝いています。

また、広島市内の人気のホテルは以下の記事で解説しています。

スポンサーリンク

【宮島観光モデルコース】まとめ

今回は、宮島観光モデルコースについて詳しく解説してきました。

宮島のある広島県の近郊には山口県や岡山県、四国エリアなど見どころ満載の観光地がたくさんあるので、1泊2日や2泊3日での観光も充分に楽しめます。

観光モデルコースは以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。宮島観光の参考になれば幸いです。

【関連記事】観光モデルコース

中国地方
スポンサーリンク
ジャパンワンダラー

コメント

タイトルとURLをコピーしました