【釧路観光モデルコース】1泊2日で巡る9つの観光名所

スポンサーリンク
北海道地方
スポンサーリンク

北海道東部に位置する釧路は、道東の政治の中心都市で日本最大の湿原「釧路湿原国立公園」や阿寒国立公園があり、雄大な自然を感じられる人気の観光地です。

国の特別天然記念物である「丹頂鶴」や、阿寒湖の「マリモ」などの生物が見られ、北海道最大で全国でも指折りの水揚げ高を誇る釧路では秋刀魚や鮭、蟹などの新鮮な魚介類が豊富にあります。

今回は、そんな釧路を1泊2日で巡る観光モデルコースについて解説していきます。

この記事を読むと、釧路の観光スポット人気の宿泊施設が理解できるので是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

釧路1泊2日観光モデルコース

ではまず、釧路を1泊2日で巡る観光モデルコースをご紹介します。

釧路1泊2日観光モデルコースは以下の通りです。

釧路1泊2日観光モデルコース

釧路1泊2日観光モデルコースは、釧路空港を出発して周辺の自然公園と動物園、釧路湿原展望台へを観光したあと、釧路市内へ移動して1泊。

翌日は釧路湿原東側の細岡展望台と釧路北部にある北海道の道東三湖「阿寒湖・屈斜路湖・摩周湖」を巡っていきます。

釧路の観光名所は一部電車やバスで移動できますが、基本的には車が必須です。釧路空港や釧路駅前でレンタカーを借りて観光に出かけましょう。

レンタカーを予約するなら【楽天トラベル

  • 全国約5000店舗からレンタカーの料金を比較して即時予約
  • トヨタレンタカー、日産レンタカー、ニッポンレンタカーなど人気レンタカー会社多数
  • 格安乗り捨て可直前予約も、豊富な車種から比較・予約ができる!
  • 国内宿泊とレンタカーの組合せで個別手配よりもはるかにお得
  • 沖縄や北海道など、人気エリア対象のクーポンを使えばさらにお得
\楽天ポイントが使える&貯まる
スポンサーリンク

釧路の観光の見どころ

釧路の主要観光スポットは以下の通りです。

釧路の主要観光スポット

  • 釧路市丹頂鶴自然公園
  • 釧路市動物園
  • 釧路市湿原展望台
  • 釧路和商市場
  • 幣舞橋
  • 釧路フィッシャーマンズワーフMOO
  • 細岡展望台
  • 阿寒湖
  • 摩周湖
  • 屈斜路湖
  • 根室

釧路の観光の見どころは、日本最大の湿原である釧路湿原の眺望と、釧路湿原に数多く生息する国の特別天然記念物”タンチョウ”の見学です。

釧路市内ではセルフ海鮮丼「勝手丼」や「炉端焼き」などの釧路グルメを堪能できます。

そのほか、阿寒湖では国の特別天然記念物である”マリモ”や、北海道で最大のアイヌコタンの見学、摩周湖では「摩周湖ブルー」と呼ばれる絶景が見られます。

さらに、道東三湖のエリアには温泉が豊富に湧き出ており、阿寒湖畔温泉や川湯温泉などの有名な温泉地で宿泊、もしくは日帰り温泉が楽しめます。

宿泊は釧路市内、もしくは釧路北部の温泉地を利用しましょう。初日は釧路の中心地を観光して市内に1泊。2日目は北部の道東三湖のエリアを観光して温泉地に1泊する2泊3日の観光プランもおすすめです。

時間があれば本土最東端にある「根室」や世界自然遺産に登録された「知床」方面も合わせて観光してみてください。観光モデルコースは以下の記事にまとめています。

スポンサーリンク

釧路で必ず行きたい9つの観光名所

では、ここからは上記モデルコースで訪れたい釧路の観光名所をそれぞれ解説していきます。

釧路市丹頂鶴自然公園

釧路市丹頂鶴自然公園は、国の特別天然記念物の「タンチョウ」が自然に近い環境で常時10羽ほど飼育され、年中いつでも観察できる世界的にも希少な丹頂鶴の自然公園です。

絶滅の危機にあった「タンチョウ」を保護するために1958年に開園。1970年には世界で初めてタンチョウの人工ふ化に成功しました。

4~6月はヒナに会える可能性もあり、なかなか見ることのできないタンチョウの子育ての様子を見られるかもしれません。

開園時間
4月10日~10月14日 9:00~18:00
10月15日~4月9日 9:00~16:00
入園料
高校生以上 480円 小・中学生 110円 ※以下は無料

釧路市動物園

1975年に開園した釧路市動物園は、総敷地面積47.8haの広大な敷地内に50種類以上の動物が飼育されている北海道最大の動物園です。

遊園地やバーベキューができる広場なども併設しており、家族連れに人気があります。

動物園の見どころである「北海道ゾーン」ではもともとあった湿原を利用し、天然記念物のシマフクロウやエゾヒグマ、タンチョウ、モモンガ、エゾリス、オオワシなど北海道ならではの動物が身近に観察できます。

積雪期は園内に歩くスキーコースとそり山が開設され、用具貸出しも行われます。

開園時間
4月10日~10月14日 9:00~16:30(入園は16時まで)
10月15日~4月9日 10:00~15:30(入園は15時まで)
休園日
12月の毎週水曜日、12月29日~1月2日(年末年始)
1月・2月の毎週水曜日(祝日にあたる日を除く)

釧路市湿原展望台

釧路市湿原展望台は、釧路湿原に群生するユニークな植物「ヤチボウズ」をモチーフとしながら、中世ヨーロッパの古城を思わせる建物で、昭和59年1月にオープンした施設です。

館内には、グラフィックパネルによる釧路湿原の生い立ちや動植物、遺跡、地形、地質などについて展示されており、3階展望室と屋上からは湿原や釧路の街、阿寒の山々などパノラマの風景を望めます。

施設の周囲2.5kmを約1時間で周る遊歩道は、7ヶ所の広場とサテライト展望台からなっており、温根内ビジターセンターと北斗遺跡へ通じています。

釧路市湿原展望台【営業時間】
4月~9月 8:30~18:00
10月~3月 9:00~17:00
【料金】
大人480円、高校生250円、小・中学生120円

釧路和商市場

「函館の朝市」「札幌の二条市場」と共に北海道三大市場のひとつに数えられる「釧路和商市場」。釧路で最も歴史ある市場で、魚介類や水産加工物は抜群の品揃えを誇ります。

約60店舗が入る和商市場の名物は、自分好みの海鮮丼を作る「勝手丼」です。

市場内で購入したご飯に鮮魚店などでお気に入りの魚介類を買ってトッピングしてオリジナルの海鮮丼を作ることができます。

JR釧路駅から徒歩5分。観光客のお土産購入場所として全国的に知られており、何度もテレビ番組で取り上げられています。

釧路和商市場公式ホームページ

幣舞橋

幣舞橋(ぬさまいばし)は、釧路川の最も下流に架かるヨーロッパスタイルの橋です。

札幌の豊平橋、旭川の旭橋と並ぶ北海道三大名橋のひとつで、橋脚上には橋脚上には4人の彫刻家による作品「道東四季の像」があり、春夏秋冬を表現しています。

夕日の景観や夜のライトアップが美しい釧路の名所で、夏は霧に浮かぶ橋影や街路灯の幻想的な光景が見られます。

釧路フィッシャーマンズワーフMOO

幣舞橋に隣接して建つ「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」は、1989(平成元)年のオープン以来、地元の方や観光客で賑わう複合商業施設です。

館内には、地元の海産物が揃う釧路MOO市場やお土産屋、飲食店などがあり、2階の「観光交流コーナー」では、展示やディスプレイで釧路の観光情報を発信しています。

細岡展望台

釧路湿原の東側に位置する「細岡展望台」は、別名「大観望」と呼ばれるほど眺望の良い展望台です。

展望台からは釧路川の大きな蛇行を前景に釧路湿原が広がり、その果てには阿寒山系の雄阿寒岳と雌阿寒岳、宮島岬、キラコタン岬を望むことができます。

ここから夕陽の景観も美しく、川面に反射する夕陽や、赤や薄紫などに色調が少しずつ変化する空の様子を楽しめます。

細岡展望台は「釧路湿原駅」を利用すれば電車でも移動できます。1日6本で夏季の週末には観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」も運行しています。

この釧網線は釧路湿原の中を通るので、車窓の風景が楽しめます。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

阿寒湖畔温泉・阿寒湖アイヌコタン

阿寒湖(あかんこ)は北海道で5番目に大きい淡水・カルデラ湖で、日本で数少ないマリモが生息する湖です。釧路からは車で1時間20分ほど。

マリモとは、淡水性で糸状の緑藻(モ)が、湖底で波にもまれて集まり球状集合体となったもので、日本の特別天然記念物に指定されています。

阿寒湖をクルージングする遊覧船や高速船に乗れば、チュウルイ島へ渡ることができ、そこにある「マリモ展示観察センター」では、”マリモ”の生態を見学することができます。

そのほか北海道最大級のアイヌの集落「阿寒湖アイヌコタン」には、30軒もの店が軒を連ね、個性的な民芸品店でのお買い物やアイヌ文化を体験、民族衣装を着ての記念撮影などが楽しめます。

宿泊は、阿寒湖温泉を利用しましょう。北海道でも有数の温泉地で、湖畔に佇むホテルの多くは露天風呂を備えており、湯に浸りながら眼前に阿寒湖と山々の雄大な景色が望めます。

摩周湖・屈斜路湖

摩周湖は、周囲約20kmのカルデラ湖で、日本で1番、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖です。静かに限りなく透明なブルーに輝く湖水の色は「摩周ブルー」と言われています。

3カ所の展望台から摩周湖を眺めることができますが、「霧の摩周湖」とも呼ばれ、1年のうち100日以上も霧に包まれているといわれています。

屈斜路湖は、約13~10万年前に起こった大噴火によって原型ができた屈斜路カルデラの中に位置する、我が国最大のカルデラ湖です。

湖岸を掘ると湯が湧き出す砂湯や和琴半島のオヤコツ地獄など、今も火山活動が続いています。冬は全面凍結しますが、地熱で氷が解けるので、毎年400~500羽の白鳥が訪れます。

宿泊は屈斜路湖と硫黄山の間に広がる、北海道有数の温泉「川湯温泉」が利用できます。湯治場として古くから親しまれてきた温泉地で、湯量が豊富なために温泉街のなかを高温の温泉川が流れています。

根室市・納沙布岬

北海道本島の最東端に位置する根室市は、日本の主要都市の中で最も北方領土に近い町です。さんま水揚げ日本一で豊かな自然に恵まれた野鳥の宝庫でもあります。

日本の本土最東端に位置する「納沙布岬」が有名で、毎年元旦には北海道で一番早い初日の出を見るために多くの人が訪れます。

釧路からは車で2時間ほどなので、日帰り、もしくは1泊2日での旅行が楽しめます。観光モデルコースは以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

釧路で口コミ評価が高い3つのホテル

釧路の宿泊施設は釧路駅から徒歩圏内にホテルが点在しており、旅館・ホテルがリーズナブルな価格で利用できます。

なかでも人気があるのが以下の3つのホテル。口コミ評価が高く、釧路での観光利用に最適です。

天然温泉ホテルパコ釧路

  • 2020年6月リニューアルオープン
  • 楽天トラベルアワード2年連続受賞
  • 天然温泉大浴場・屋上露天風呂が自慢
  • JR釧路駅より徒歩12分
  • 釧路の繁華街近く
  • [最安料金] 2,800円〜(税込)

天然温泉 幣舞の湯 ラビスタ釧路川

  • 楽天トラベルゴールドアワード受賞
  • 最上階に露天風呂・天然温泉大浴場を完備
  • 朝食は自慢の海鮮丼
  • 全室シモンズ社製ベッド
  • JR釧路駅より徒歩9分
  • [最安料金] 4,000円〜(税込)

釧路センチュリーキャッスルホテル

  • 釧路川幣舞橋のたもと
  • 幻の船をイメージした外観のシティホテル
  • 釧路駅より徒歩15分
  • 全館Wi-Fi接続無料
  • [最安料金] 5,000円〜(税込)
スポンサーリンク

【釧路1泊2日観光モデルコース】まとめ

今回は、釧路1泊2日観光モデルコースについて解説してきました。

釧路のある北海道の道東地方には世界自然遺産へ登録された”知床半島”があり、釧路空港と網走の女満別空港をうまく活用すれば2泊3日、もしくは3泊4日での旅行が楽しめます。

是非時間をかけて北海道の観光地をじっくりと巡ってみてください。観光モデルコースは以下の記事にまとめています。

今回は以上です。釧路観光の参考になれば幸いです。

【関連記事】観光モデルコース

格安航空券予約はさくらトラベル
全18社の航空会社を一括比較・最大90%OFF

最安値をカンタンに検索!最短1分で予約!/
24時間365日いつでも予約申込OK

✅格安レンタカー予約は「楽天トラベル
全国約5000店舗の中からレンタカーを比較・検索

定期割引クーポンでさらにお得!/
乗り捨て可能!楽天ポイントが使える&貯まる!
北海道地方
スポンサーリンク
ジャパンワンダラー

コメント

タイトルとURLをコピーしました