【伊東温泉観光モデルコース】1泊2日のドライブで巡る9の観光名所

スポンサーリンク
中部地方
スポンサーリンク

伊豆半島の東海岸に位置する静岡県の伊東温泉は、温泉街中の至るところに源泉が湧き出る「温泉リゾート地」です。別府温泉や湯布院温泉と並び日本三大温泉の一つといわれ、日本でも有数の湧出量を誇っています。

伊東のシンボル「大室山」城ケ崎海岸などの大自然、伊東各地の博物館テーマパークなど観光の見どころも満載。

今回は、そんな伊東を巡る1泊2日観光モデルコースについて解説していきます。

この記事を読むと、伊東で行くべき観光スポット伊東温泉で人気の宿泊施設が理解できるので是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

伊東1泊2日観光モデルコース

ではまず、伊東を1泊2日で巡る観光モデルコースを解説していきます。

伊東1泊2日観光モデルコースは以下の通りです。

✅伊東観光モデルコース

伊東観光モデルコースは、伊豆半島の玄関口である道の駅「伊東マリンタウン」から伊東駅周辺の「湯の花通り商店街」や「東海館」を観光。そのあと、南部の「城ケ崎海岸」や、「伊豆ぐらんぱる公園」「大室山」を巡っていきます。

1日目に伊東北部を観光して伊東温泉に宿泊。2日目に伊東南部の観光名所を巡る観光プランがおすすめです。

スポンサーリンク

伊東の観光の見どころ

伊東の主要観光スポットは以下の通りです。

✅伊東の主要観光スポット

  • 道の駅 伊東マリンタウン
  • 東海館
  • 大室山
  • 伊豆シャボテン動物公園
  • 伊豆ぐらんぱる公園
  • 城ヶ崎海岸
  • 伊豆テディベア・ミュージアム

伊東の観光の見どころは、伊豆半島のランドマークである「大室山」や約4000年前、大室山が噴火した際にできた「城ケ崎海岸」、伊東の2大テーマパークである「伊豆シャボテン動物公園」と「伊豆ぐらんぱる公園」などです。

そのほか、伊東エリアには「伊豆テディベア・ミュージアム」などの数多くの個性的な美術館や博物館が点在しています。

さらに伊東温泉近郊には、熱海や下田などの伊豆半島の人気温泉地があり、2泊3日以上の旅行が楽しめます。以下の記事で観光モデルコースを解説しているので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

伊東温泉への行き方・交通アクセス

https://www.atamispa.com/access/

東京から伊東駅への行き方は、JR特急「踊り子号」で1時間45分ほどで行くことができます。車なら2時間半ほどです。

JR熱海駅は東海道新幹線の停車駅で、各地方からでも短時間でアクセスできます。

また車を利用すれば、伊東温泉近郊の観光名所も短時間で観光できるのでおすすめです。楽天トラベルなら、宿と合わせてレンタカーを借りる割引になるので活用してみてください。

スポンサーリンク

伊東温泉で人気の宿泊施設

伊東温泉で人気の宿泊施設は、伊東駅周辺に点在しています。

人気があるのがホテル ラヴィエ川良。伊東駅より徒歩7分、湯舟から溢れる天然100%の温泉と、海の幸が網焼きできる60種類のバイキングを堪能できる宿です。最安料金は4,480円(税込)から。

大江戸温泉物語 伊東ホテルニュー岡部」は、伊東温泉で伊豆を代表する金目鯛や地魚のお刺身が食べ放題の宿です。最安料金は6,018円(税込)から宿泊できます。

そのほか、7つの源泉からなる豊かな美人の湯と60種100品目の海鮮ディナーバイキングが魅力の伊東ホテルジュラク(最安8,260円から)」や、全室25〜30畳のリビングで家族で楽しむリゾートホテルウェルネスの森 伊東(最安3,300円から)」も人気があります。

↓詳細・予約は以下リンクから。合わせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

伊東で必ず行きたい9の観光名所

では、ここからは上記モデルコースで行ける伊東の観光名所をそれぞれ解説していきます。

道の駅 伊東マリンタウン

伊東温泉の入口に位置し、カラフルな建物が特徴の道の駅「伊東マリンタウン」は、おみやげ、レストランなど21店舗が並び、伊豆旅行の休憩スポットに最適な複合施設です。

施設内には、地魚や地ビールが楽しめるレストランや、伊豆のお土産が豊富に揃うショップ、自家源泉の立ち寄り温泉、最大入浴人数は70名の関東最大級の屋外足湯などがあり、伊豆の魅力を満喫できます。

また、マリーナが併設されているため、ボートやヨットが係留されていて、まるで外国に来たような雰囲気。半潜水式海中展望船も運航しており、爽やかな海風を感じながら海上散歩が楽しめます。

道の駅伊東マリンタウン
所在地/〒414-0002 静岡県伊東市湯川571-19
TEL/0557-38-3811
営業時間/ショップ 9:00~18:00
レストラン 11:00~19:30(L.O.)
※店舗により閉店時間が異なります
交通アクセス/JR伊東駅から徒歩13分
公式ホームページ

東海館

稲葉安太郎氏によって1928年に創業された「東海館」は、伊東では数少ない、昭和初期の建築様式を残す建物です。

伊東温泉を流れる松川畔に木造3階建の温泉旅館として創業し、平成9年に旅館業を廃業。伊東市に寄付され、平成13年7月に伊東温泉観光・文化施設東海館として開館しました。

書院の欄間や客室の飾り窓など、当時の職人が腕を競った美しい彫刻が見られ、彫師森田東光の唐獅子のあるタイル風呂は、昭和初期の温泉旅館の建築様式をそのままに残されています。

立ち寄り入浴が可能なのは毎週土・日曜・祝日の11~19時です。

東海館
所在地/静岡県伊東市東松原町12-10
TEL/0557-36-2004
開館時間/09:00~21:00
[和風喫茶] 10:00~17:00(ラストオーダー 16:30)
[入浴] 11:00~19:00 ※土日祝のみ
入館料/大人 200円、小人 100円
入浴(入館料込み) 大人 500円、小人 300円
休館日/毎月第3火曜日(祝日の場合は翌日)
交通アクセス/JR伊東駅から徒歩10分
公式ホームページ

大室山

大室山(おおむろやま)は、約4000年前の噴火でできた直径250~300mほどのすり鉢状の噴火口を持つ火山です。

伊豆東部火山群の中でも最大のスコリア丘(きゅう)であり、古くからおこなわれてきた「山焼き」の伝統行事によって、椀を伏せたような山体・地形が見事に保たれています。

山頂へは爽快な空中散歩が楽しめるリフトで向かい、およそ1kmの噴火口を散策するお鉢めぐりでは富士山、伊豆七島、相模灘や、大室山の溶岩が作り出した城ヶ崎海岸の景観を楽しむことができます。

※山体全体が国天然記念物の指定を受け、山体の保護のため現在は徒歩での登山は禁止されています。

大室山
所在地/〒413-0231 静岡県伊東市池672ー2
TEL/0557-51-0258
営業時間
10月1日~3月5日 9:00~16:15
3月6日〜3月15日 9:00~16:45
3月16日~9月30日 9:00~17:15
料金/登山リフト(往復)
大人(中学生以上)700円、小人(4才以上)350円
公式ホームページ

伊豆シャボテン動物公園

伊豆シャボテン公園は、1500種類のサボテンやカピバラをはじめ、140種類の動物たちとふれあえる動植物園です。

園内にはクジャクやリスザルが放し飼いにされていて、各所でエサやり体験ができるほか、カピバラをはじめカンガルーなど多くの動物たちとごく間近で見たり接したりすることができます。

また、今や全国的に有名になった「元祖カピバラの露天風呂」は、ここが発祥の地。寒い時期になるとカピバラが気持ち良さそうに入浴している姿が見られます。

伊豆シャボテン動物公園
所在地/静岡県伊東市富戸1317-13
TEL/0557-51-1111
営業時間/9:00~17:00
入園料/大人(中学生以上)2,400円、小学生1,200円、幼児(4歳以上)400円
交通アクセス/伊豆高原駅よりバスで約15分
公式ホームページ

伊豆ぐらんぱる公園

1965年に開園した「伊豆ぐらんぱる公園」は、東京ドーム5個分・約22万㎡の園内で大人も子供も様々なアトラクションで遊べるレジャー施設です。

国内初の「船型立体迷路~KAiZOKU~」をはじめ、ワイヤーを使って滑空する往復400mの「ジップライン~風KAZE~」、ユニークな乗り物が揃う「モーターランドnorinori」など多彩なアトラクションが充実。

そのほか、ユニークな乗り物が揃う「モーターランドnorinori」、幼児も楽しめる無料遊具エリア、家族やグループで挑戦する「パークゴルフ」「おもしろ自転車」など世代を超えて楽しむことできます。

伊豆ぐらんぱる公園
所在地/〒413-0231 静岡県伊東市富戸1090
TEL/0557-51-1122
営業時間/9:30~17:00
入園料/中学生以上1,200円、小学生600円、幼児(4歳以上)400円
公式ホームページ

城ヶ崎海岸

城ヶ崎海岸は、大室山が約4,000年前に噴火したとき溶岩が海に流れ出し、海の侵食作用で削られてできた、約9kmにわたる雄大な出入りの激しい溶岩岩石海岸です。

全長約9kmのピクニカルコースと自然研究路があり、サスペンスドラマのロケ地としても有名

全長48m×高さ約23mの「門脇つり橋」はスリル満点の絶景スポットで、360度のパノラマ風景が楽しめる「門脇埼灯台」の展望台からは伊豆七島や天城連山を望むことができます。

城ヶ崎海岸
所在地/伊東市富戸842-242(門脇駐車場)
TEL/0557-37-6105
交通アクセス/電車で伊豆急行線 城ヶ崎海岸駅下車、徒歩35分
公式ホームページ

伊豆テディベア・ミュージアム

伊豆テディベア・ミュージアムは、テディベアの歴史と文化を紹介するクマのぬいぐるみの美術館です。

ギネスブックにも載っている“テディガール”をはじめ、テディベアの歴史を語るアンティークベアや、世界のテディベア作家たちの作品であるアーティストベアなど、1,000体のテディベアを常時展示しています。

ミュージアムを見学した後は、愛らしいベアの置物や装飾品が置かれた中庭の散策も楽しめます。

伊豆テディベア・ミュージアム
所在地/〒4130232 静岡県伊東市八幡野1064-2
TEL/0557-54-5001
営業時間/9:30~17:00(最終入場は~16:30)
休館日/2・3・6・12月第2火曜日(休館日が祝日にあたる時は開館)
6月は第2火曜、水曜日が連休、年末年始、GWは開館
入館料/大人:1500円、中高生:1000円、小学生:800円
公式ホームページ

怪しい少年少女博物館

「怪しい少年少女博物館」は、昭和の香りが漂う思い出の玩具や、昭和の風俗ファッションなど、昔懐かしいコレクションが展示されている博物館です。

日本人形・戦闘機のフィギュア・妖怪フィギュア、懐かしいデビルマンなどリアルフィギュア約100体があるほか、昔のお化けや生首、骸骨、吸血鬼、瓶詰めの奇形やら医療標本など、グロテスクな物もあります。

別館には”不気味な夜の小学校を探検する”お化け屋敷「あやしい夜の小学校」があり、独特の雰囲気の一風変わったお化け屋敷を体験できます。

怪しい少年少女博物館
所在地/静岡県伊東市字街道下1029-64
TEL/0557-51-8800
営業時間/9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)
入館料金/大人 1000円 小・中学生 600円
交通アクセス/伊豆急行「伊豆高原駅」から東海バスぐらんぱる公園方面行きで7分
公式ホームページ

芸術の森 伊豆ろう人形美術館

伊豆ろう人形美術館は、マリリンモンローや石原裕次郎、イチロー選手、ビートルズなど、有名人100名以上のろう人形を鑑賞できる施設です。

手足、指紋に至までリアルに表現され、特に制作日数13年もかけて作られたレオナルド・ダビンチの「最後の晩餐」は世界最高の評価とされています。

館内には世界から集めた約600点の人形を展示した「人形の世界ミュージアム」も併設されています。

伊豆ろう人形美術館
所在地/静岡県伊東市池674-1
TEL/0557-54-5555
営業時間/10:00~17:00(最終受付16時30分)
定休日/木曜、但しシーズン中無休
料金/一般1000円、中高生800円、小学生600円
交通アクセス/伊豆急行伊豆高原駅から東海バスシャボテン公園行きで20分
公式ホームページ

スポンサーリンク

伊東エリアの旅行ガイドブック ※30日間0円

伊東エリアの旅行ガイドブックは、まっぷる伊豆版にて販売されています。

”まっぷる”はKindle Unlimitedに登録すれば初月30日間は無料で購読でき、期間内に解約すれば利用料金は一切かかりません

通常でも月額980円るるぶ1冊分より安い料金で読み放題です。さらには120万冊以上の小説や雑誌、漫画、ビジネス書なども読み放題。是非旅行前にKindle Unlimitedを活用してみてください。

スポンサーリンク

【伊東1泊2日観光モデルコース】まとめ

今回は、伊東を1泊2日で巡る観光モデルコースについて解説してきました。

伊東観光は、南部の下田や北部の熱海と合わせて2泊3日以上の観光もオススメです。

さらに日数があれば伊豆半島をドライブで一周しても良いですね。モデルコースは以下の記事で解説しています。

今回は以上です。伊東観光の参考になれば幸いです。

【関連記事】観光モデルコース

格安航空券予約はさくらトラベル
全18社の航空会社を一括比較・最大90%OFF

最安値をカンタンに検索!最短1分で予約!/
24時間365日いつでも予約申込OK

✅格安レンタカー予約は「楽天トラベル
全国約5000店舗の中からレンタカーを比較・検索

定期割引クーポンでさらにお得!/
乗り捨て可能!楽天ポイントが使える&貯まる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました