【燕三条観光モデルコース】日帰りで巡る10の観光名所

中部地方

新潟県のほぼ中心「県央地区」に位置する燕三条は、古くから作業工具、刃物といった金属製品や、洋食器の生産が盛んなエリアで、「金物の町」として知られています。

近くには霊峰弥彦山があり、古来から人々の信仰を集めてきた彌彦神社はパワースポットととして人気。さらには北陸街道の宿駅”寺泊町”では地元寺泊港や出雲崎港に揚がる新鮮な海産物が楽しめるなど見どころは満載です。

今回は、そんな燕三条を巡る観光モデルコースについて解説していきます。燕三条で行くべき観光スポットも理解できるので是非最後までご覧ください。

燕三条観光モデルコース

ではまず、燕三条を巡る観光モデルコースを解説していきます。

燕三条観光モデルコースは以下の通りです。

✅燕三条観光モデルコース

燕三条の観光モデルコースは、燕三条駅の近くにある「道の駅 燕三条地場産センター」や、「ストックバスターズ 燕店」などを巡ってから、彌彦神社や彌彦山を観光していきます。

そのあとは、寺泊エリアの「魚の市場通り」や「寺泊水族博物館」へ向かいましょう。移動方法は燕三条・彌彦エリアだけなら電車で行くことができますが、車・レンタカー移動がおすすめです。

楽天トラベルなら、宿と合わせてレンタカーを借りる割引になるので活用してみてください。

\定期割引クーポンでさらにお得!/

CHECK!限定クーポン配布中!春&夏旅SALE 【楽天トラベル】
カップル・夫婦におすすめのプランや、国内宿泊・国内ツアーのSALE限定プランを多数ご用意しています。

燕三条の観光の見どころ

燕三条の主要観光スポットは以下の通りです。

燕三条の主要観光スポット

  • 道の駅 燕三条地場産センター
  • 燕市産業史料館
  • ストックバスターズ 燕店
  • 彌彦神社
  • 弥彦山
  • 寺泊魚の市場通り
  • 長岡市寺泊水族博物館

「ものづくりのまち燕三条」では、洋食器・キッチン用品・鍋・工具などの特産品をアウトレット・産地価格で購入できるほか、背脂ラーメンや釜飯、とりにくのレモンあえなどのご当地グルメを楽しめます。

近郊の彌彦神社は、弥彦山をご神体とする新潟県内随一のパワースポット。さらに、寺泊の「魚の市場通り」は魚のアメ横とも呼ばれ、新鮮な海の幸の購入や浜焼きなどのグルメを堪能できます。

また、彌彦観光の際には「弥彦温泉 四季の宿 みのや」での宿泊もおすすめ。300年余りの歴史を持つ老舗旅館で、温泉は源泉100%掛け流し。料理が美味しいと評判で全国旅館100選料理部門に連続で入選しています。

弥彦温泉のホテル(楽天トラベル)
弥彦温泉の温泉旅館(じゃらん)

そのほか、燕三条近郊の観光名所・モデルコースは以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

燕三条で必ず行きたい10の観光名所

では、ここからは上記モデルコースで行ける燕三条の観光名所をそれぞれ解説していきます。

道の駅 燕三条地場産センター

道の駅 燕三条地場産センターは、燕三条ならではの特産品の展示や販売、観光発信の拠点となっている施設です。

館内には、「ものづくりのまち燕三条」が誇る洋食器、刃物、キッチン用品、鍋などが所狭しと並び、越後の鍛冶職人が作った包丁などの刃物類も豊富。観光情報コーナーや、レンタサイクルも備えています。

道の駅 燕三条地場産センター
所在地/三条市須頃1-17
TEL/0256-32-2311
営業時間/9:30~17:30
定休日/第1水曜日、12月29日~1月3日
交通アクセス/燕三条駅から徒歩5分
公式ホームページ

燕市産業史料館

燕市産業史料館は、モノづくりまち燕の金属加工産業の歴史を伝える史料館です。

江戸時代から400年続く燕の金属加工技術発展の歴史を最新映像で紹介するとともに、現在も活躍する金工作家や人間国宝の作品のほか、貴重なキセルコレクションや5,000本に及ぶ世界中のスプーンも展示しています。

さらに体験工房館では、日本でも珍しい金属加工体験として、金鎚を使って模様を入れる「鎚目入れ」や器を成型する「ぐい呑み製作」など気軽にモノづくり体験が楽しめます。

燕市産業史料館
所在地/燕市大曲4330-1
TEL/0256-32-2311
営業時間/9:00~16:30(体験は閉館の30分前まで)
定休日/月曜日(祝休日の場合は翌日)、年末年始
料金/大人400円、小・中・高校生100円
交通アクセス/燕三条駅より車で5分
公式ホームページ

ストックバスターズ 燕店

ストックバスターズ 燕店は、金属加工業が盛んな燕三条で近隣の卸、メーカー、工場などで出たデッドストックや、アウトレット商品を50~90%オフというお得な価格で販売しているお店です。

包丁や爪切りなど世界でも注目を集める製品をはじめ、産地である農業・園芸用品なども取り扱っており、近年は、観光名所としての注目度も高まっています。

ストックバスターズ 燕店
所在地/燕市物流センター2-16
TEL/0256-63-2511
営業時間/10:00~ 18:00
定休日/年中無休(年末年始除く
公式ホームページ

彌彦神社 大鳥居

彌彦神社 大鳥居は、昭和五十七年(1982)の上越新幹線開通を記念して奉建され、弥彦山を背に大きくそびえる大鳥居です。

高さ30.16m、柱間20m、笠木の長さ38.5mの特殊鋼製、社号額は12畳敷という大きさで、両部鳥居としては日本一の高さを誇ります。

彌彦神社 大鳥居
所在地/西蒲原郡弥彦村矢作7342-4
TEL/0256-94-3154

彌彦神社

彌彦神社は弥彦山を神体山とし、天照大神の曾孫にあたる天香山命を祀る越後一宮です。創建から2400年以上の歴史を有するとされ、日本最古の万葉集にも詠われています。

杉やケヤキの森と弥彦山を背景に建つ荘厳な社殿は、明治の大火で焼失した後、大正5年(1916)に再建されたもの。厳かな空気に満ちる新潟髄一のパワースポットで、初詣には毎年20万人以上の参拝者が訪れます。

また、彌彦神社境内にある宝物殿では、国の重要文化財に指定された大太刀「志田大太刀」や源義家・源義経・上杉謙信らゆかりの武具などが展示されています。

彌彦神社
所在地/西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2
TEL/0256-94-2001
公式ホームページ

弥彦公園

弥彦公園は弥彦山を借景に、自然美と人工美とを巧みに調和させた名園です。約4万坪にも及ぶ広さを誇り、四季を通じて多彩な表情を楽しむことができます。

中でも「もみじ谷」は紅葉の名所として知られ、朱色に塗られた観月橋と紅葉が美しく調和した景色が見られます。また夜は紅葉がライトアップされ、幻想的な世界に変わります。

弥彦公園
所在地/西蒲原郡弥彦村弥彦667-1
TEL/0256-94-3154

弥彦山ロープウェイ

弥彦山ロープウェイは、山麓駅から標高634mの弥彦山山頂駅まで約5分で結ぶロープウェイで、越後平野を一望しながら空中散歩を楽しめます。弥彦神社から山麓駅までは歩いて10分ほど。神社からの無料のシャトルバスも利用できます。

また、弥彦山山頂まではこのほかに、1時間30分ほどの登山や弥彦山スカイラインを利用して車で行くこともできます。

弥彦山ロープウェイ
所在地/西蒲原郡弥彦村弥彦2898
TEL/0256-94-4141
営業時間/4月~11月:8時40分~17時30分
冬期間 12月~3月上旬:9時~16時30分
料金/大人往復:1,500円、片道:800円
子供往復:750円、片道:400円
公式ホームページ

弥彦山

弥彦山は古くから彌彦神社の御神体として崇められてきた山で、標高は634m。山頂には彌彦神社の御神廟があり、パワースポットとして知られています。山頂駅から歩いて約15分です。

また、山頂駅付近にある弥彦山頂公園には、展望レストランや高さ100mの回転昇降展望塔「パノラマタワー」があり、越後平野、日本海や佐渡を一望できます。

夜には全国夜景100選、日本夜景遺産に選定されている、越後平野のきらめく夜景と満天の星空を楽しめます。

寺泊魚の市場通り

漁業が盛んで、古くは北陸街道の宿場町として知られる寺泊。魚の市場通りには、鮮魚店や土産物店など11店舗が軒を連ね、地元寺泊港や出雲崎港に揚がる新鮮な日本海の幸と旬な味がズラリと並んでいます。

イカやホタテ、旬の魚を串に差して焼き上げた名物「浜焼き」は、市場通りの定番グルメ。2階には食堂もあるので、ランチに立ち寄るのもおすすめです。

魚の市場通り
所在地/長岡市寺泊下荒町
TEL/0258-75-3363
営業時間/8時30分~17時
定休日/無休
公式ホームページ

長岡市寺泊水族博物館

寺泊水族博物館は、日本海はもとより、世界各地に生息する魚たちなど約400種10,000点を展示している施設です。

水温・水質の異なる80の水槽には、全長2mの南米の古代魚ピラルクやマゼランペンギンなどが遊泳。ダイバーによる餌付けショーや、テッポウウオの餌取り射撃ショーなども見学でき、季節によりヒトデなどの水生生物に触れるタッチプールも楽しめます。

長岡市寺泊水族博物館
所在地/長岡市寺泊花立9353-158
TEL/0258-75-4936
営業時間/9時00分~16時30分(入館受付:16時00分)
定休日/年中無休
料金/大人700円、中学生450円
小学生350円、幼児200円
公式ホームページ

【燕三条観光モデルコース】まとめ

今回は、燕三条観光モデルコースについて解説してきました。

燕三条は新潟市内から車で35分ほどの距離にあるので、日帰りでの観光に最適。長岡市までの中間地点でもあるので、1泊2日でドライブ周遊してみるのもおすすめです。

そのほか、燕三条のある新潟の観光モデルコースは以下の記事で解説しているのでチェックしてみてください。

今回は以上です。燕三条観光の参考になれば幸いです。

【関連記事】観光モデルコース

コメント

楽天トラベルで春&夏旅SALE開催中!限定クーポン配布&SALE限定プランを多数ご用意!
楽天で春&夏旅SALEをチェック
タイトルとURLをコピーしました