【甲府観光モデルコース】1泊2日で巡る9つの観光名所

関東地方

山梨県の甲府は、かつての甲斐国の政治的中心地とされ、江戸時代には甲州街道の宿場町として栄えました。

戦国武将「武田信玄」が本拠地としていた町としても有名で、甲府市内には「甲斐善光寺」や「武田神社」など武田信玄ゆかりの地が点在しており、近郊には景勝地「昇仙峡」があるなど観光の見どころは満載です。

今回は、そんな甲府を巡る観光モデルコースと見どころ、甲府で行くべき観光スポットについて解説していきます。

CHECK!観光庁は9月26日、全国旅行支援(全国旅行割)を”10月11日から12月下旬まで実施する”と発表しました。
全国旅行支援とは?割引の仕組み【楽天トラベル】

甲府観光モデルコース

ではまず、甲府を巡る観光モデルコースを解説していきます。

甲府観光モデルコースは以下の通りです。

甲府観光モデルコース

甲府の観光モデルコースは、甲府駅から出発して駅周辺にある「舞鶴城公園(甲府城跡)」「甲州夢小路」を観光し、「甲斐善光寺」「武田神社」など武田信玄ゆかりの地を巡っていきます。

そのあとは御岳昇仙峡へと移動。昇仙峡ロープウェイで山頂からの絶景を眺めたり、遊歩道散策を楽しみ、さらに北にある「金櫻神社」も併せて観光していきます。

移動方法は甲府の市内散策なら、徒歩やバスで移動できますが、御岳昇仙峡などの郊外の名所に行くなら車・レンタカーが便利です。

楽天トラベルなら、宿と合わせてレンタカーを借りる割引になるので活用してみてください。今ならレンタカー秋冬旅特集お得なクーポンを配布しています。

\割引クーポンでさらにお得!/

CHECK!【楽天トラベル 秋&冬旅セール開催中】お得なクーポンをGET!2022年12月1日まで!!
ポイント10~20倍&国内宿泊・ツアーの限定プランや、航空券+宿泊を対象に高額クーポンを配布中!

甲府の観光の見どころ

甲府の主要観光スポットは以下の通りです。

甲府の主要観光スポット

  • 武田信玄公之像
  • 甲府城跡
  • 甲州夢小路
  • 甲斐善光寺
  • 武田神社
  • 御岳昇仙峡
  • 昇仙峡ロープウェイ
  • 金櫻神社
  • 和田峠 みはらし広場

甲府の観光の見どころは、信玄公によって創建された甲斐の名刹「甲斐善光寺」や、武田信玄公をお祀りしている神社「武田神社」、日本百名城の一つ「甲府城跡」などです。

甲府市の北部に位置する「御岳昇仙峡」は、「日本一の渓谷美」といわれ、国の特別名勝にも指定されています。

宿泊は、甲府駅周辺のリーズナブルな価格のシティホテルが利用できます。人気があるのが甲府駅から徒歩1分の城のホテル甲府(8,075円〜)」です。

2020年6月にグランドオープン。甲府城城郭のほぼ中心に建つ珍しいホテルで、2021年には楽天ゴールドアワードを受賞しています。

甲斐路の湯 ドーミーイン甲府(3,250円〜)」は、甲府市街を一望できる最上階天然温泉大浴場が魅力です。

そのほか、車で10分の湯村温泉郷もおすすめです。弘法大師によって開かれたと伝えられる温泉で、「信玄公の隠し湯」としても知られています。

また、甲府近郊にある河口湖や山中湖の観光名所・モデルコースについては以下の記事で解説しています。

甲府への行き方

甲府駅まではJR新宿駅から中央線特急(あずさ/スーパーあずさ/かいじ)に乗って約1時間30分で行くことができます。JR松本駅からは同じく特急で約1時間15分です。

車なら中央自動車道を利用して1時間50分ほど。また、新幹線をご利用の方は静岡駅でJR身延線に乗り換えて約2時間20分かかります。

新幹線や飛行機のチケットは、「ホテル・旅館」と組み合わせたダイナミックパッケージでお得に購入できます。以下の旅行会社で取り扱いがあるので、チェックしてみてください。
【飛行機+ホテル】
【JTB】◀国内旅行で使える割引クーポン配布中
【HIS】
【じゃらん】
【近畿日本ツーリスト】
【楽天トラベル】◀秋&冬旅SALE 限定クーポン配布中
【国内旅行】

【新幹線+ホテル】
【JTB】
【HIS】
【じゃらん】
【近畿日本ツーリスト】
【楽天トラベル】

【国内旅行】

甲府で必ず行きたい9つの観光名所

では、ここからは上記モデルコースで行ける甲府の観光名所をそれぞれ解説していきます。

武田信玄公之像

JR甲府駅南口にある「武田信玄公銅像」は、”川中島の戦い”の陣中における姿を模したもので、甲府市・山梨県のシンボルです。銅像の高さは3.1m。右手に軍配、左手には数珠を持ち、腰掛にどっかりと座っています。

「武田信玄」は、風林火山の軍旗の下、戦国時代最強と名高い”武田軍”を率いて勢力を広めた戦国時代の代表的な武将の一人です。

甲斐国(現・山梨県)を本拠に領国の拡大。その戦略的な戦い方から「甲斐の虎」の異名で広く知られていました。

武田信玄公之像
所在地/甲府市丸の内1
TEL/055-237-5702(甲府市役所観光課)
交通アクセス/JR甲府駅南口から徒歩1分

舞鶴城公園(甲府城跡)

日本百名城の一つ「甲府城」は、武田氏滅亡後、豊臣秀吉の命によって16世紀末に築城されたお城です。

関東の徳川家康に対抗するための重要な戦略拠点として築かれたといわれ、徳川体制になってからは西側への備えとしての重要性を保ち続けたといわれています。

かつては20ヘクタールほどの広大な城郭でしたが、現在は城跡の一部が「舞鶴城公園」として開放。園内には150本を超える桜が咲き、のんびりと散歩しながら鑑賞が出来る憩いの場ともなっています。

甲府城跡
所在地/甲府市丸の内1-5-4
TEL/055-227-6179(舞鶴城公園管理事務所)
営業時間
舞鶴城公園 稲荷櫓/9:00〜16:30(入館は16:00まで)
鉄門/9:00〜16:30(入館は16:00まで)
休業日/月曜日(祝日は開館)、祝日の翌日、年末年始
※公園は常時開放しています
交通アクセス/甲府駅南口から徒歩約3分
公式ホームページ

甲州夢小路

甲府城下町を再現した「甲州夢小路」は、移築した古民家や蔵、倉庫など、昔の建築様式を取り入れた店舗が立ち並ぶ、レトロな雰囲気のショッピングエリアです。

敷地内には、ワインやアクセサリー、和紙など山梨の伝統工芸品を扱うショップや、県産食材を味わえるレストラン、美術館などがあり、山梨の技や味、文化を楽しめます。

石畳の路地や、明治初期に取り壊されるまで、200年以上にわたり時刻を知らせていた「甲府 時の鐘」も再現され、小江戸の情緒があふれる街並みを散策できます。

甲州夢小路
所在地/甲府市丸の内1-1-25
TEL/055-298-6300
交通アクセス/JR甲府駅から徒歩3分
公式ホームページ

甲斐善光寺

甲斐善光寺は、長野県にある信濃善光寺が川中島の戦いで戦火に遭うのを恐れ、1558年に武田信玄が創建した浄土宗のお寺です。

創建当時の建物は宝暦4年(1754)の火災によって焼失。現在の本堂は明和3年(1766)に再建に着手し、30年の歳月をかけて寛政8年(1796)に落慶したものです。

本堂を上空から見ると、屋根の形が東西棟と南北棟で「T字」を形成する特殊な構造をしています。「撞木造」(しゅもくづくり)と呼ばれ、東日本最大級の木造建築物。山門とともに国指定重要文化財となっています。

甲斐善光寺
所在地/甲府市善光寺3-36-1
営業時間/9:00〜16:30
料金/金堂・宝物殿:大人500円、小学生250円
TEL/055-233-7570(善光寺寺務所)
交通アクセス/甲府駅南口からバス約15分・善光寺入口下車、徒歩約5分
公式ホームページ

武田神社

大正8(1919)年創建の「武田神社」は、武田信玄公を御祭神としてお祀りしている神社です。

甲斐武田氏3代、信虎公・信玄公・勝頼公が60年余りにわたって国政を執った「躑躅ケ崎館(つつじがさきやかた)跡地」に建てられたもので、国の史跡に指定されています。

信玄公は数多くの合戦で連戦連勝を収めていたことから、勝負事をはじめとした「勝運」のご利益があるといわれています。

境内には当時からの濠、土塁、石垣、古井戸等が残り、宝物殿には国指定重要文化財の「太刀銘『一』」をはじめ、武田氏ゆかりの、また往事を偲ばせる鎧・甲冑・刀剣などが展示されています。

武田神社
所在地/甲府市古府中町2611
TEL/055-252-2609
営業時間/境内拝観自由(受付所 9:30〜16:00)
※宝物殿は毎週水曜日休館
料金/大人 300円、小人 150円
交通アクセス/JR中央本線甲府駅からバスで10分 武田神社停下車すぐ
公式ホームページ

湯村温泉郷

湯村温泉郷は湯村山の麓に広がる歴史の古い温泉で、戦国時代には武田信玄が負傷した兵を治療したと伝えられ、信玄の隠し湯としても知られています。

情緒溢れる旅館から、シティーリゾートホテルまで揃っており、宿では湯巡り手形を発行しているので、いろんな立ち寄り湯が楽しめます。

湯村温泉旅館協同組合
所在地/甲府市湯村3-10-5
TEL/055-252-2261
営業時間/10時00分~16時00分
定休日/日曜日、年末年始
公式ホームページ

また、湯村温泉での宿泊は常磐ホテル(24,750円~)」が人気があります。3000坪の日本庭園に囲まれた皇室にも愛され続ける憩いの湯宿です。政府登録国際観光旅館でもあり、将棋の竜王戦・王座戦も行われます。

甲府記念日ホテル(4,400円~)」湯村ホテルB&B(6,270円~)」はリーズナブルな価格で湯村温泉を堪能できる人気のホテルです。

そのほかは以下リンクをチェックしてみてください。

御岳昇仙峡

「御岳昇仙峡」は甲府市の北部に位置する渓谷です。国の特別名勝にも指定されており、「日本一の渓谷美」といわれています。

長い歳月をかけて削り取られた花崗岩の断崖や奇岩・奇石と清澄で豊富な水の流れをみることができ、渓谷沿いに整備された遊歩道では、四季折々で変化に富んだ渓谷美を間近で楽しめます。

甲府市街地から約30分とアクセスも便利で、バスや車で通る昇仙峡グリーンラインの車窓から見える景色も絶景です。

御岳昇仙峡
所在地/甲府市高成町
交通アクセス/甲府昭和ICから長潭橋まで約30分

昇仙峡ロープウェイ

山梨県甲府市にある昇仙峡ロープウェイは、山麓の仙娥滝駅から山頂のパノラマ台駅を片道5分でつなぐ、全長1,015mのロープウェイです。

昇仙峡の美しい自然美を間近で楽しむことができ、山頂の展望台からは、富士山や南アルプス連峰を一望できる360度のパノラマビューが広がります。

頂上の浮富士広場や弥三郎岳、和合権現はパワースポットとしても人気で、食事処もあり、絶景を眺めながら休憩することもできます。

昇仙峡ロープウェイ
所在地/甲府市猪狩町441
TEL/055-287-2111
営業時間/9:00〜17:30
※12月〜3月は16:30まで
料金/往復大人 1300円 、子供 650円 ※3才以下は無料
交通アクセス/JR中央線甲府駅から車約30分
公式ホームページ

金櫻神社

「金櫻神社(かなざくら)」は、甲府の名勝昇仙峡を登りつめた地に鎮座する”金峰山”を御神体とした神社です。

第十代崇神天皇の御代に疫病退散と万民息災の祈願のため、金峰山山頂に御祭神である少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀ったのが起源で、奥の宮は山頂にあり、金櫻神社は里宮にあたります。

御神宝はこの地で発掘され磨き出された水晶「火の玉・水の玉」。本殿には「昇・降龍」が奉納されており当社に縁の深い水晶を尾に絡ませています。

また、御神木の「鬱金の櫻」は古くから民謡に唄われている「金の成る木の金櫻」として崇められており、金運アップのご利益のある神社として知られています。

金櫻神社
所在地/甲府市御岳町2347
TEL/055-287-2011
営業時間/境内自由 礼所:9:00〜17:00
交通アクセス/甲府駅から車で約60分
公式ホームページ

和田峠 みはらし広場

甲府駅北口から千代田湖・昇仙峡へ向かう県道104号沿いにある「和田峠」は、標高3000m級の山々に囲まれた甲府盆地と富士山を一望できるビュースポットです。

「関東の富士見百景」にも選ばれ、夜には宝石を散りばめたような美しい夜景を楽しむことができます。駐車場は普通車2台ほどのスペースがあります。

和田峠 みはらし広場
所在地/甲府市和田町
TEL/055-224-1667

甲府の観光ガイドブック

甲府については旅行情報誌るるぶ山梨 甲府’23まっぷる 山梨・甲府’23 で紹介されています。

Kindle Unlimited会員なら、このタイトルを¥0で読み放題です。新規登録者は初月無料トライアルを利用できます。
CHECK!今なら「3ヶ月199円キャンペーン」が開催されています。通常、3ヶ月間で2,940円掛かるところが199円で利用できるお得なキャンペーンです【10/25まで】
詳細は以下リンクをチェックしてみてください。

【甲府観光モデルコース】まとめ

今回は、甲府を巡る観光モデルコースについて解説してきました。

甲府市内は半日あれば観光でき、周辺には諏訪湖や河口湖、富士山周辺の大自然などがあるので1泊2日でも充実した旅行になります。

上記モデルコースを参考に旅行計画を立ててみてください。

そのほか、甲府周辺の観光モデルコースは以下の記事にまとめているのでそちらもご覧ください。今回は以上です。甲府観光の参考になれば幸いです。

【関連記事】観光モデルコース

【楽天 秋&冬旅セール開催中!】国内宿泊・ツアーのSALE限定プランを多数ご用意!! 12月1日まで!!
お得なSALE限定クーポンをGET!
【楽天 秋&冬旅セール開催中!】国内宿泊・ツアーのSALE限定プランを多数ご用意!! 12月1日まで!!
お得なSALE限定クーポンをGET!
タイトルとURLをコピーしました