【天橋立観光モデルコース】半日で巡る10の観光名所

スポンサーリンク
近畿地方
スポンサーリンク

京都府北部、日本海の宮津湾にある『天橋立』は、陸奥の『松島』・安芸の『宮島』とともに、日本三景の一つと称された名勝地です。

龍が天に昇っているような景色が見られる「股のぞき」が有名で、天橋立の松並木を徒歩や自転車で散策したり、日本三文殊のひとつ「智恩寺」や、パワースポットで知られる「籠神社」など見どころは満載。

今回は、そんな天橋立を半日で巡る観光モデルコースについて解説していきます。

この記事を読むと、天橋立の観光スポット人気の宿泊施設が理解できるので是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

天橋立半日観光モデルコース

ではまず、天橋立を巡る観光モデルコースをご紹介します。

天橋立観光モデルコースは以下の通りです。

✅天橋立観光モデルコース

天橋立観光モデルコースは、天橋立駅から天橋立ビューランドへ向かい天橋立の眺望を堪能。そのあと、智恩寺を参拝してから天橋立松並木のサイクリングを楽しみます。

対岸の観光名所を巡ったら、帰りは天橋立観光船を利用して戻ってきます。

天橋立には二大展望所を周るのにおトクなチケット「日本三景天橋立 二大展望所めぐりチケット」もあるので、是非利用してみてください。

スポンサーリンク

天橋立の観光の見どころ

天橋立の主要観光スポットは以下の通りです。

✅天橋立の主要観光スポット

  • 天橋立ビューランド
  • 天橋立 智恩寺
  • 智恵の輪 灯籠
  • 天橋立観光船
  • 廻旋橋
  • 天橋立の松並木
  • 天橋立神社・磯清水
  • 丹後一宮元伊勢 籠神社
  • 眞名井神社(籠神社奥宮)
  • 天橋立傘松公園
  • 成相寺

天橋立の観光の見どころは、”股のぞき”のできる天橋立ビューランドと天橋立傘松公園からの眺望と、天橋立の松並木の散策。パワースポットととして人気の「丹後一宮元伊勢 籠神社」「眞名井神社」への参拝です。

半日から1日観光が楽しめ、夜は天橋立温泉に宿泊して旅の疲れを癒すことができます。人気の宿泊施設は以下リンクをご覧ください。

天橋立温泉で人気の宿泊施設(楽天トラベル)

そのほか、天橋立近郊の観光モデルコースは以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

天橋立観光|行き方・交通アクセス

『天橋立』までは京都駅から特急列車「はしだて」が運行しています。所要時間は約2時間10分。運賃は4,010円(自由席)です。

普通列車で行くなら、福知山駅か、綾部駅、西舞鶴駅での乗り換えが必要で、所要時間はおよそ3時間です。西舞鶴駅・福知山駅からは観光列車も運行しています。

車なら1時間30分~2時間ほど。1泊2日でのドライブ旅行もおすすめです。

楽天トラベルなら、宿と合わせてレンタカーを借りる割引になるので活用してみてください。

\定期割引クーポンでさらにお得!/
スポンサーリンク

天橋立で必ず行きたい12の観光名所

では、ここからは上記モデルコースで訪れたい天橋立の観光名所をそれぞれ解説していきます。

天橋立ビューランド

「天橋立ビューランド」は、文珠山山上にあり、天橋立を南側から一望できる展望所です。

展望台からの眺めは、海と空の青さ、松林の緑、白砂のコントラストが美しい天橋立の絶景で、「股のぞき」をすると天橋立が”天に舞う龍”のように見えることから「飛龍観」と呼ばれています。

また、天橋立を眺めながら食事ができる展望レストランや観覧車などのアトラクションがあるほか、”3枚とも知恵の輪に通すと願いが叶う”と言われている「かわら投げ(3枚300円)」や、龍をイメージして造られた長さ約250mの「飛龍観回廊」から360度のパノラマ風景を楽しめます。

天橋立ビューランド
所在地/〒626-0001 京都府宮津市文珠437
TEL/0772-22-1000
営業時間
2月21日~7月20日 9:00~17:00
7月21日~8月20日 8:30~18:00
8月21日~10月20日 9:00~17:00
10月21日~2月20日 9:00~16:30
利用料金/大人 850円(中学生以上)子供 1,200円(小学生)
交通アクセス/京都丹後鉄道 天橋立駅から徒歩で5分
公式ホームページ

天橋立 智恩寺

臨済宗妙心寺派の寺院「智恩寺」は、日本三文殊のひとつで通称”切戸(又は九世戸)の文殊堂”として知られている文殊菩薩の霊場です。

本尊の文殊菩薩は、「三人寄れば文殊の智恵」という言葉が有名な”智恵”を授かる菩薩様で、受験や試験の合格祈願に多くの参拝者が訪れます。

茶屋通りに面する山門は、禅宗様式・三間三戸二重門の丹後地方最大の山門です。黄金閣とも呼ばれる市の指定文化財で、楼上に釈迦如来を中央に両脇士・十六羅漢を安置しています。

天橋立 智恩寺
所在地/〒626-0001 京都府宮津市字文珠466
TEL/0772-22-2553
時間/自由参拝
交通アクセス/「天橋立」駅下車、徒歩3分
公式ホームページ

智恵の輪 灯籠

「智恵の輪 灯籠」は、智恩寺の横に建てられた変わった形の灯籠で、灯籠の輪を3回くぐれば文殊様の智恵を授かるという言い伝えがあります。

江戸時代には、輪の中に明かりが灯され、闇を照らし文珠水道(天橋立水路)を行き来する船の標になっていたと言われています。また、天橋立の伝説に出てくる龍神を呼び寄せるため、明かりを灯していたとも言われています。

天橋立観光船

天橋立観光船は松並木で繋がる両岸の智恩寺横の「天橋立桟橋」と、傘松公園下の「一の宮駅桟橋」を片道12分で結ぶ観光船です。

30分~1時間ごとに運航しており、海上からの「天橋立」の景観とカモメのエサやりが楽しめます。

また、船乗り場には”乗り捨て可能”なレンタサイクルがあり、それぞれ片道ずつ組み合わせた「船&チャリ」チケットも販売されています。

天橋立観光船
所在地/京都府宮津市字文珠466
TEL/0772-22-2164
営業時間/天橋立出航(8時30分~17時)、一の宮出航(8時15分~17時15分)
※季節・曜日により、始発、終発時刻変更あり
定休日/無休
料金
片道:大人700円、小児350円
往復:大人1200円、小児600円
交通アクセス/京都丹後鉄道天橋立駅から徒歩5分
公式ホームページ

廻旋橋

廻旋橋は、船が通るたびに90度旋回する橋で、天橋立と文殊堂のある陸地をつないでいます。

大正12年に手動でまわる廻旋橋ができましたが、橋の下を通る大型船舶が多くなり、昭和35年5月から電動式となりました。

多いときには日に50回ほど廻り、観光客の皆さんの目を楽しませると共に、絶好の撮影スポットとなっています。

廻旋橋(かいせんきょう)
所在地/京都府宮津市文珠
通行自由
橋が回る時間
大型船通行時(不定期)
観光船通行時(毎朝9時55分頃)
日曜日は11時~15時の間1時間に1回

天橋立の松並木

天橋立の松並木は、全長約3.6km、幅20~170mの砂嘴でできた砂浜です。大小8,000本もの黒松が生い茂っており、日本の名松百選にも選ばれています。

のんびりと歩いて1時間ほど、自転車なら20分ほどで通り抜けられます。

天橋立の松の中には、大正天皇お手植えの松や昭和天皇お手植えの松も植わっており、土地や様々な楽しい形状にちなんだ名前を持つ名松などもあります。

天橋立神社・磯清水

天橋立神社は、天橋立の中に古くからある神社で、龍の伝説が残るこの地で「八大龍王」が祀られています。

恋愛成就にご利益があるパワースポットの一つで、「天橋立神社」「元伊勢籠神社」「眞名井神社」の順に参拝(天橋立三社参り)をするとさらにご利益がアップすると伝えられています。

またすぐ横にある「磯清水」は、周りを海に囲まれているにもかかわらず塩分を一切含まない”真水”が湧いている不思議な井戸です。

日本名水100選の一つで、飲むことはできませんが参拝の際、手水として利用されています。

天橋立神社(橋立明神)
所在地/京都府宮津市文珠天橋立公園内
TEL/0772-22-8030(天橋立駅観光案内所)

丹後一宮元伊勢 籠神社

籠神社は、伊勢神宮の元宮とされ、伊勢神宮に奉られる天照大神、豊受大神がこの地から伊勢に移されたという故事から「元伊勢 籠神社」と呼ばれています。

奈良時代に丹後国の一宮となり、平安時代の「延喜式」には名神大社となりました。山陰道唯一の大社であり、最高の社格と由緒を誇っています。

社殿は、伊勢神宮と同じ唯一神明造りです。文化財も多く、本殿は弘化2年(1845年)の造替で京都府指定文化財建造物、宮司家の系図は国宝に指定されています。

本殿正面には伊勢神宮と籠神社にしか祀ることが許されていない五色の座玉(すえたま)が輝いており、境内には地下を流れる水の音を聞くことができる水琴屈があります。

主神は彦火明命。相殿に豊受大神・天照大神・海神・天水分神をお祭りしています。

丹後一宮元伊勢 籠神社
所在地/京都府宮津市字大垣 430
TEL/0772-27-0006
開門時間/午前7時30分~午後5時
交通アクセス/「天橋立」駅から観光船で「一の宮」下船、徒歩5分
公式ホームページ

眞名井神社(籠神社奥宮)

眞名井神社は、元伊勢籠神社の奥宮で、別名を久志濱宮(くしはまのみや)とも言います。「くし」とは霊妙なる不思議なパワーの源を意味し、現在はパワースポットとして注目を集めています。

社伝によれば、現在”伊勢神宮外宮”に祀られている「豊受大神」は、神代は「真名井原」の地(現在の奥宮真名井神社)に鎮座していました。

近くへ行くことはできませんが、神社の裏に約2500年前からそのままの形で祀られている古代の祭祀場「磐座(いわくら)」があり、豊受大神、天照大神、イザナギ・イザナミが祀られています。

また、境内には「天の眞名井の水」という御神水が滾々と湧き出ており、霊験あらたかな「眞名井の水」を汲みに、全国各地からたくさんの参拝客が訪れます。

眞名井神社
所在地/京都府宮津市大垣小字諸岡86
TEL/0772-27-0006
開門時間/自由参拝
公式ホームページ

天橋立傘松公園

天橋立傘松公園は標高120mの成相山中腹にある公園で、天橋立を北側から一望できる展望所です。ケーブルカーに乗って約4分、リフトで約6分で到着します。

「股のぞき」発祥の地として有名で、ここからの眺めは、天橋立が昇り龍のように見えることから「昇龍観」もしくは「斜め一文字」と呼ばれています。

公園には「天橋立パノラマハウス」があり、中には、レストランや軽食コーナー、売店などがあるほか、開運祈願にかわらを投げる「かわらけ投げ」やハート型の鍵に思いを込める「願いの鍵」などがあります。

傘松公園
所在地/〒629-2242 京都府宮津市字大垣75
TEL/0772-27-0032
営業時間/8時~17時30分(4月~10月)※季節によって時間変更あり
利用料金/ケーブルカー
大人往復680円(片道340円)
子供往復340円(片道170円)
公式ホームページ

成相寺

成相寺は、704(慶雲元)年に真応上人が開基した橋立真言宗の古刹です。西国霊場三十三所の第二十八番札所。元々は真言密教(山岳修験)の道場でした。

本尊は美人観音として知られる聖観世音菩薩で、「願い事が成りあう寺」として信仰を集めています。

天橋立を一望できる境内には江戸時代建立の本堂や、観音堂、鎌倉時代の形式で復元建築された五重塔などがあるほか、悲しい言い伝えの残る「撞かずの鐘」や、本堂内の左甚五郎の作とされる彫刻「真向の龍」などがあります。

成相寺までは、天橋立傘松公園より登山バスが運行しており、険しい山道を約7分かけて登ります。運賃は入山料込みで大人 1,120円、中・高校生 920円、小学生以下 360円です。

成相寺(なりあいじ)
所在地/京都府宮津市成相寺339
TEL/0772-27-0032
営業時間/8時~16時30分
入山料/大人500円、中高生200円、小学生以下無料
公式ホームページ

スポンサーリンク

天橋立の観光ガイドブック ※30日間0円

天橋立の観光ガイドブックは、”るるぶ・まっぷる”より販売されています。

✅格安レンタカー予約は「楽天トラベル
全国約5000店舗の中からレンタカーを比較・検索
レンタカーは宿と一緒に予約でさらにお得に!

\定期割引クーポンでさらにお得!/
乗り捨て可能!楽天ポイントが使える&貯まる!
スポンサーリンク

天橋立温泉で口コミ評価が高い4つのホテル

天橋立温泉は平成11年に湧出した温泉です。天橋立駅前に源泉があり、現在10軒の旅館・ホテルが引湯を行っています。

泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で、手を浸けただけでもその湯の柔らかさと湯上り後のしっとり感が体感できます。

人気があるのが以下の4つのホテルで口コミ評価が高く、天橋立での観光利用に最適です。

天橋立温泉 天橋立ホテル

  • 天橋立駅より徒歩1分
  • 神々の遊湯と名付けられた展望天然温泉
  • 客室は全52室中、48室がオーシャンビュー
  • [最安料金] 6,050円〜(税込)

天橋立 旅館 文珠荘

  • 吉村順三氏設計の純和風の宿
  • 源泉100%の天橋立温泉
  • 良質な泉源で肌触りのやさしい「美人の湯」
  • 全室から天橋立ビュー
  • [最安料金] 14,300円〜(税込)

天橋立温泉 対橋楼

  • 絶景と温泉に浸るノスタルジックな和の隠れ家
  • 与謝野晶子ゆかりの宿
  • 丹後の海でとれる魚介類を使った料理が自慢
  • [最安料金] 16,500円〜(税込)

天橋立温泉 ホテル北野屋

  • 全客室より天橋立ビュー
  • 旬の食材を生かした和食
  • 開放感あふれる庭園露天風呂と貸切露天風呂
  • [最安料金] 12,650円〜(税込)
スポンサーリンク

【天橋立半日観光モデルコース】まとめ

今回は、天橋立半日観光モデルコースについて解説してきました。

天橋立温泉は日帰り入浴もできますが、1泊2日でのんびりと滞在するのがおすすめです。宮津・舞鶴エリアにも見どころがあるので、合わせて巡ってみてください。

このほか、天橋立近郊の県の観光モデルコースは以下の記事で解説しているので合わせてチェックしてみてください。

今回は以上です。天橋立観光の参考になれば幸いです。

【関連記事】観光モデルコース

近畿地方
スポンサーリンク
ジャパンワンダラー

コメント

タイトルとURLをコピーしました