沖縄でおすすめの観光名所21選!穴場までエリア別に徹底解説

沖縄地方

日本最南端の県で年間を通して温暖な気候の沖縄は、海の神秘、森の豊かさ、風の爽やかさ体感できるアクティビティが魅力で、アジアを代表するリゾート地として知られています。

琉球王朝から続く沖縄の独特の文化や風習を体験できるほか、豊かな風土が育んだおいしい食材と伝統料理も見どころです。

今回は、そんな魅力満載の沖縄で必ず行きたいおすすめ観光名所から穴場までたっぷり解説していきます。

沖縄観光|那覇でおすすめの観光名所

沖縄・那覇でおすすめの観光名所は以下の通りです。

首里城公園

首里城は、琉球王国中山首里にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスクの城趾です。

中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式や石積み技術には、文化的にも歴史的にも高い価値があるとされ、世界文化遺産に登録されました。

国営沖縄記念公園の首里城地区として都市公園となっており、園内には守礼門や園比屋武御嶽石門、円覚寺跡などの文化財が点在。2019年10月の火災で正殿などが焼失しましたが、現在、復元作業を見ることができる仮設見学デッキが一般公開されています。

首里城公園
所在地/〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1-2
TEL/098-886 -2020
開園時間/(無料区域)8:30-18:00
(有料区域)9:00-17:30(入場券販売締切17:00)
定休日/7月第1水、その翌日(首里城公園施設の一部休場)
料金/大人400円、高校生300円、小・中学生160円
公式ホームページ

A&W 牧港店

アメリカ発祥の「A&W」は、日本では沖縄のみで展開しているハンバーガーショップで、「ルートビア」という独特の風味を持つドリンクが有名です。

そして、このA&W牧港店は、1963年に沖縄に初上陸した「A&W」の2号店。かつての趣が残る外観が特徴で、通常メニューのほか、限定メニューや販売グッズなどが販売されています。

A&W 牧港店
所在地/沖縄県浦添市牧港4-9-1
TEL/098-876-6081
営業時間/24時間
公式ホームページ

沖縄観光|糸満でおすすめの観光名所

沖縄・糸満でおすすめの観光名所は以下の通りです。

平和祈念公園

平和祈念公園は、第二次世界大戦最後の地上戦の舞台であり、沖縄戦最大の激戦地となった糸満市摩文仁にある美しい公園です。

約40haもの広大な園内には、「鎮魂、祈り、平和」をテーマに、墓苑や慰霊塔・碑をはじめ、沖縄戦の資料を展示する資料館や祈念堂、広場などが点在。

国内外の観光客をはじめ、慰霊団、修学旅行生等が多く訪れる聖地であり、観光の要所ともなっています。

平和祈念公園
所在地/〒901-0333 沖縄県糸満市字摩文仁444
TEL/098-997-2765
営業時間/8:00~22:00(閉園)
料金/平和祈念公園:無料
平和祈念資料館:大人300円・子供150円
公式ホームページ

ひめゆりの塔

ひめゆりの塔は、沖縄戦で看護要員として陸軍病院に動員され亡くなった、ひめゆり学徒隊の鎮魂のための慰霊碑です。米軍の攻撃によりたくさんの生徒が亡くなった伊原第三外科壕のそばに建てられました。

併設の「ひめゆり平和祈念資料館」では、生存者の手記や証言映像、壕の実物大模型などを通して、戦場の様子を知り、戦争や平和について学ぶことができます。

ひめゆりの塔
所在地/沖縄県糸満市伊原671-1
TEL/098-997-2100(ひめゆり平和祈念資料館)
営業時間/見学自由、資料館は9時~17時25分(入館は~17時)
資料館入館/大人450円
公式ホームページ

沖縄観光|南城でおすすめの観光名所

沖縄・南城でおすすめの観光名所は以下の通りです。

斎場御嶽(せーふぁうたき)

斎場御嶽は琉球の始祖「アマミキヨ」が造ったとされ、国始めの七御嶽の一つといわれる沖縄最高の聖地です。

琉球の最高神女であった聞得大君(きこえおおきみ)の就任の儀式が執り行わられ、現在でも聖地巡拝の行事を今に伝える「東御廻り」(アガリウマーイ)の参拝地として、多くの人々から崇拝されています。

人工的な建造物はなく、うっそうとした樹木とむきだしの岩山そのものが神の宿る存在として拝まれています。また、かつては男子禁制で、たとえ国王であっても女装に改める必要があったと伝えられています。

日本国内でも斎場御嶽は、パワースポットの強いエリアとして有名です。

斎場御嶽(せーふぁうたき)
所在地/〒901-1511 沖縄県南城市知念久手堅455
TEL/098-949-1899
営業時間
【3月~10月】9:00~18:00(最終入館:17:30)
【11月~2月】9:00~17:50(最終入館:17:00)
料金/大人(高校生以上):300円、小・中学生:150円
公式ホームページ

おきなわワールド

おきなわワールドは、沖縄の魅力のすべてが一堂にそろう沖縄屈指の観光スポットで、約30万年の年月をかけて造り上げた全長約5kmの鍾乳洞・玉泉洞をはじめ、ハブ博物公園、琉球王朝時代の赤瓦の古民家を再現した町並みを見ることができます。

その他にも伝統工芸の体験や、ハブ酒や沖縄の地ビールを製造販売する南都酒造所などもあり、勇壮な伝統芸能エイサー演舞「スーパーエイサー」も無料で見学できます。

おきなわワールド
所在地/〒901-0616 沖縄県南城市玉城前川1336
TEL/098-949-7421
営業時間/9:00~17:30(最終受付16:00)
入園料金/大人2,000円、小人1,000円
公式ホームページ

久高島

久高島は、琉球開びゃくの祖アマミキヨが天から降りて最初につくったとされている島で、五穀発祥の地、神の島と呼ばれています。

また、12年に1度、午年に行なわれる祭事・イザイホーに代表されるように神秘的な祭事がそのまま残っているため、民俗的に貴重な島として注目されています。

周囲約8kmと小さい島なので、レンタサイクルで回るのが便利。行き方は、安座真港から定期的に出港している船か、海上タクシー、知念海洋レジャーセンターからの船を利用することになります。
詳細は久高海運HPをご覧ください。

久高島フェリー(安座真港)
所在地/〒901-1400 沖縄県南城市知念安座真1062
TEL/098-948-2873
営業時間/8:00~17:00
料金/フェリー(所要時間 約25分)
大人:片道680円 往復1,300円
小人:片道340円 往復650円
公式ホームページ

奥武島・沖縄風てんぷら

奥武島は、沖縄本島と150mの橋で結ばれている、周囲1,600mの小さな離島で、沖縄を代表するローカルグルメ「沖縄天ぷら」の人気店が3つあることで有名です。

値段は1つ60円前後ととてもリーズナブル。漁業が盛んで沖縄特産のもずくが獲れることから「もずく天」が名物です。

奥武島
所在地/〒901-0614 沖縄県南城市玉城字奥武

沖縄観光|中部でおすすめの観光名所

沖縄・中部でおすすめの観光名所は以下の通りです。

美浜アメリカンビレッジ

「アメリカンビレッジ」は、美浜タウンリゾート地区に建設されたエンターテイメントエリアです。

アメリカの雰囲気が漂うこの施設では、大観覧車や映画館、大型スーパー、インポートマーケットやカジュアルショップ、レストランやカフェなどが並び、日本人観光客だけでなく、米軍関係者も多く訪れます。

また、夜になると観覧車が大きなイルミネーションとなって輝き、夜景スポットとしても人気です。

美浜アメリカンビレッジ
所在地/沖縄県中頭郡北谷町美浜9-1
TEL/098-926-4455
営業時間/10時00分~22時00分
公式ホームページ

残波岬

残波岬は高さ30mの断崖絶壁が約2kmにわたって続き、万座毛と並ぶ沖縄の代表的な景勝地です。

沖縄本島中部の読谷村にあり、岬の北側のエリアは海岸国定公園に指定。1974年に完成した残波岬灯台からは東シナ海を一望でき、晴れていれば、粟国島、渡名喜島、久米島などを望めます。

沖縄本島で夕日が最後に沈む場所として知られる絶景スポットです。

残波岬灯台
所在地/〒904-0328 沖縄県読谷村宇座
TEL/098-958-3041
灯台入場料/大人300円(中学生以上)
参観可能時間/9時30分~16時30分(土日等17時30分まで)※季節により異なる
公式ホームページ

また、残波岬では「ロイヤルホテル沖縄残波岬」への宿泊が人気です。

地上13階、客室445室を誇る大型リゾートホテルで、沖縄きってのサンセットビューと開放感ある露天風呂で旅の疲れが癒せます。最安料金は3,273円から宿泊できます。

海中道路

海中道路は与勝半島と平安座島を結ぶ全長4.75kmの道路です。ごく浅い海域に土手を築いて作られました。

エメラルドグリーンの海を眺めながらの絶景ドライブが楽しめる人気の観光スポットで、道路の中間地点にある海の駅ではお買い物や食事も楽しめます。

海の駅 あやはし館
所在地/〒904-2427 沖縄県うるま市与那城屋平4
TEL/098-978-8830
営業時間/9:00~18:00
公式ホームページ

中城城跡(なかぐすくじょうあと)

中城城は、中城湾に面した標高160mの高台にある、6つの郭から成る連郭式の山城です。1440年に護佐丸が座喜味城主から中城城に移り住み、周辺の城壁を増築したといわれています。

第二次大戦の戦禍をまぬがれ、県内でもっとも原型をとどめていることでも有名で、2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

城壁は、自然の岩石と地形をたくみに利用した美しい曲線を描いており、城壁に立つと東に中城湾(太平洋)、西に東シナ海を望み勝連半島、知念半島、さらに周辺の洋上の島々までも見渡すことができます。

中城城跡
所在地/〒901-2314 沖縄県北中城村大城503
TEL/098-935-5719
観覧時間/8:30~16:30
8:30~18:00(5~9月)
料金/大人400円、中高300円、小学生200円
公式ホームページ

沖縄観光|北部でおすすめの観光名所

沖縄・北部でおすすめの観光名所は以下の通りです。

真栄田岬

沖縄本島北部の恩納村にある真栄田岬(まえだみさき)は、ダイビングとシュノーケルで人気の海岸です。

真栄田岬の崖の下にある青の洞窟』が有名で、洞窟内部に差し込む太陽光線の反射によって海面が神秘的な青色に輝く美しい光景が見られます。

真栄田岬
所在地/〒904-0417 沖縄県恩納村真栄田469-1
TEL/098-982-5339
駐車場/1時間100円
公式ホームページ

万座毛

万座毛(まんざもう)は、沖縄本島北部の恩納村にある名勝地で、18世紀前半に琉球国王の尚敬王が「万人を座するに足る」と賞賛したことから”万座毛”と名付けられたと伝えられています。

琉球石灰岩からなる海岸の断崖と広大な芝生からできており、長い年月をかけてできた隆起サンゴの断崖絶壁は、像の鼻の形に見えることで知られています。

万座毛
所在地/〒904-0411 沖縄県恩納村恩納
TEL/098-966-1280
営業時間/24時間
公式ホームページ

恩納村

沖縄本島の中央部に位置する「恩納村(おんなそん)」は、日本屈指のリゾート地で、国道58号線沿いには多くの大型リゾートホテルが立ち並んでいます。

人気の宿泊施設は、「リザン シーパークホテル谷茶ベイ」800mもの白砂が続くビーチに面したリゾートホテルで、多彩な味わいのレストランやスパ、エステも楽しめます。最安料金は6,682円から。

そのほか、ハワイで育まれたラグジュアリーリゾート「ハレクラニ沖縄」や、「ハイアットリージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」口コミ評価が高いです。

↓予約・詳細は以下リンクから。合わせてチェックしてみてください。

キングタコス金武本店

沖縄の中部に位置する金武町は、面積の約60%が米軍用地(キャンプ・ハンセン)が占めており、町はアメリカの文化が根付いています。

その金武町の名物が「タコライス」です。なかでも「キングタコス金武本店」がその人気店でキングの名にふさわしいボリューム満点のタコライスを堪能できます。

キングタコス金武本店
所在地/沖縄県国頭郡金武町字金武4244-4
TEL/090-1947-1684
営業時間/10時30分~21時
公式ホームページ

沖縄観光|名護エリアでおすすめの観光名所

沖縄・名護エリアでおすすめの観光名所は以下の通りです。

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある海洋博公園内の水族館です。「チュらうみ」とは沖縄弁で「清[きよ]ら(しい)海」という意味。

見どころは、高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60㎝の巨大アクリルパネルによる世界最大級の大水槽で、その中では、全長8.7mものジンベイザメや世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタが観察できます。

さらに、800群体のサンゴを飼育展示している「サンゴの海」水槽や、謎に包まれた沖縄の深海を再現した「深層の海」水槽などがあり、神秘に満ちた沖縄の生き物たちの雄大な世界が広がります。

沖縄美ら海水族館
所在地/〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町字石川424
TEL/0980-48-3748
営業時間/8時30分~18時30分 ※夏期は20時まで
休園日/12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
料金/大人:1,880円、高校生:1,250円、小・中学生:620円、6歳未満:無料
16時~入館締切 大人:1,310円、高校生:870円、小・中学生430円、6歳未満:無料
公式ホームページ

また、沖縄美ら海水族館周辺にはオーシャンビューのビーチリゾートが点在しています。

人気があるのが「ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」です。2020オーシャンビュー人気全国1位に輝いたホテルで、口コミ評価も高いです。

最安料金は8,637円から宿泊できます。

そのほか、2019年4月にグランドオープンした「アラマハイナ コンドホテル」は、楽天トラベルゴールドアワード2020を受賞するなど評価の高いホテルです。

↓予約・詳細は以下リンクから。合わせてチェックしてみてください。

備瀬のフクギ並木

備瀬のフクギ並木は、備瀬崎までのおよそ1kmの並木道で、フクギが防風林として家を取り囲むように植えられています。もっとも古いものは推定樹齢300年といわれ、高いものは20m近くにもなります。

色々な雑誌やメディアで取り上げられることも多い観光スポットで、レンタサイクルや遊覧車などで散策できます。

時間帯は早朝がオススメ。差し込む日差しが幻想的な雰囲気を醸し出します。

備瀬のフクギ並木
所在地/〒905-0207 沖縄県国頭郡本部町字備瀬389
TEL/0980-47-3641(本部町観光協会)
公式ホームページ

今帰仁城跡

今帰仁城跡(なきじんじょうあと)は、14世紀の琉球王国成立以前に存在した北山の国王・北山王の居城で、世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつです。

外郭を含めると7つの郭からなり、その面積は首里城とほぼ同規模。城壁のディテールは美しく、沖縄屈指の名城です。

今帰仁城跡
所在地/〒905-0428 沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101
TEL/0980-56-4400
営業時間/8時30分~18時00分
料金/大人400円、小中高300円、小学生未満無料
公式ホームページ

古宇利島

古宇利島は、エメラルドグリーンの海に囲まれた名護北部に位置する島です。古くから恋の島と呼ばれ、ハート型の岩「ハートロックなどは女子に人気の観光スポットです。

古宇利大橋で繋がれており、CMやドラマのロケ地としても使用されました。島内にはおしゃれなカフェも多く、美しいビーチや古宇利オーシャンタワーからの絶景が楽しめます。

嘉津宇岳(かつうだけ)

嘉津宇岳(かつうだけ)は、名護の中心に位置する標高452mの山で、頂上からは名護の町や沖縄の大自然を一望できる絶景スポットです。

標高270m付近に駐車場を有する登山口があり、頂上までは片道30分~1時間ほどで登ることができます。

嘉津宇岳(かつうだけ)
所在地/沖縄県名護市勝山889

【沖縄でおすすめの観光名所】まとめ

今回は、沖縄でおすすめの観光名所について詳しく解説してきました。fu

沖縄観光には車・レンタカーが便利で効率よく移動すれば短期間でも多くの観光地を巡ることができます。宿泊はオーシャンビューのホテルで旅の疲れを癒してみてください。

今回は以上です。沖縄観光の参考になれば幸いです。

コメント

楽天トラベルで春&夏旅SALE開催中!限定クーポン配布&SALE限定プランを多数ご用意!
楽天で春&夏旅SALEをチェック
タイトルとURLをコピーしました